見出し画像

未経験からでもOK!3ヶ月でWEBディレクターとして月収30万円稼ぐ方法

SEO・WEB集客コンサルタントの黒瀬です。

今回は業界歴15年以上のWEBディレクターである僕が全責任を持って、未経験からでもWEBディレクターとして月収30万円を稼ぐ方法をお伝えしていきたいと思います。

note初記事ですが
ノウハウをかなり詰め込んでいるため
渾身の2万文字越えnoteです(笑)


はじめに、僕がこの記事を自信を持って書ける根拠についてご紹介します。


ほぼ独学。それでも、直接営業なしで
仕事に困らない状況が続いています

僕はデザイン・ホームページの学校に通った事も、人から習った事もありません。

今ではWEBディレクターとしての実績も15年になり、サイトのデザインも構築も全て自分で行えますが、デザインもSEOの知識も全て独学と仕事の経験の中で身につけた知識です。

法人化してからの12年は、案件の獲得は全てホームページかSNSからの問い合わせのみ(たまに紹介)で、飛び込み営業・テレアポ・ポスティング、クラウド系の案件応募も含め、営業はほぼした事がありません。


ディレクション(進行管理)に
特化して気づいた事

かれこれ5年以上、自分自身がホームページ制作作業に時間を割く事が難しい状況が続いているので、僕は現在、WEBディレクション(進行管理)のみに徹しています。

そこで、ハッキリ気づいた事があります。

それは、デザインやサイト構築は技術の習得が必要だけど、「WEBディレクション」に関して言えば、全体的な基礎知識さえ身につければ誰でも業務を担当できるという事。

WEBは分業なので、全体的な進行管理を行うWEBディレクターの業務は切り離すことができるんです。

今の時代、WEBで制作チームを作る事は簡単にできます。

仮に僕の会社のデザイナーやプログラマーが急にいなくなったとしても、あまり困りません。

1週間以内に一定レベルのクオリティでサイト構築ができる即席チームを作る自信があります。
※関係者には読まれたくない内容ですが(汗)


全体的な知識を身につけ、進行管理のノウハウを学べば、誰でもWEB案件を取りまとめて収益を上げることができます。


ただ、全体的な知識を身に付けるには正しい情報を得る必要があります。
その情報提供をこの記事で全力で行っていきます!


WEBディレクターとして
収益を上げるために必要な事

最初に問題になるのが

【1】WEBディレクションの知識をどうやって身に付けるか?

【2】WEBの制作チームをどうやって作るか?

【3】そもそも案件の獲得をどうするのか?

という点だと思います。

当記事で解説するは、まさにこの3つのテーマです!

単なる知識・考え方だけではなく、実際にWEBディレクターとして活動し、毎月30万円の収益をコンスタントに稼げるようになるための方法を責任を持ってお伝えしていきます。

また、実際に弊社で使用している、見積書、請求書のテンプレートや、弁護士の先生に監修してもらい作成した契約書(新規と月次保守の2パターン)のフォーマットも提供しています。


また、記事の最後には、ビジネス・安定収入という面では未経験からデザイナーを目指すより、WEBディレクターとしての活動を目指すほうが良い明確な理由も書いています。


本編の前に・・・少しだけ書かせて下さい

この記事を書くキッカケは、やはりコロナ騒動の影響が大きいです。

外出制限や渡航制限などイレギュラーな状態ではありますが、こういった非常になると観光産業・宿泊業はもちろん、飲食業や美容室、エステサロンなど来店型の店舗・サービスは厳しいですよね。

自分の経営者仲間からも、かなり深刻な声が聞こえてきます。

一方で、元々オンライン講座やコンサル、WEBのテンプレート販売、オンラインサロンの運営等、デジタルコンテンツによる収益化に力を入れていた会社や個人は大きな影響を受けず今も元気です。

その他、知り合いのライブ配信者の方たちも活気づいていて、今まで以上に収益を伸ばしている状況です。

この現状を見ても、やはりデジタルコンテンツ、オンラインで収益化が完結するサービスは強いという事がハッキリ言えます。


僕のWEBコンサル会社の状況はどうか?
というと・・・

コロナという非常時における、僕のWEBコンサル会社の状況について率直にお話すると、むしろ依頼・収益は上がっています。

最初は新規相談の件数が減ることを心配していましたが、企業としての身動きが取りづらい今だからこそ「未来に収益を上げるために、今のうちにホームページを強化する、新規のWEBサイトを作って仕込んでおく」という考え方でWEBに投資してくれる企業が多いです。

サイトの改善にしても、新規サイトにしても、効果を発揮するまで一定の時間がかかるので、今仕込んでおくという考え方は非常に有効だと思います。


非常時にも収入に困らない
WEBで完結する仕事の仕方を伝授したい

コロナがいつ収束するのかはわかりませんが、ウイルスにしても天災にしても予想外の事態はいつ起こるかわかりません。

そういった状況になっても、仕事・収入に困らない人を増やす事に少しでも貢献できるのであれば自分の知識・ノウハウを出し切っても良いと思います。

なお、自分が15年で培ったノウハウを公開する事、内容にも自信を持っている事からも返金設定は行っていませんので、その点はご理解くださいm(_ _)m

--------------------------
  ◆本編の目次◆
--------------------------

▼WEBディレクターとして稼ぐために身につけるべき事

1. ヒアリング能力こそが最も大切

2. ヒアリングからの正しい提案、見積もりの仕方
※見積り書のEXCELテンプレートを無料提供

3. トラブル防止!正しい契約書の作り方
※弁護士監修のWORDテンプレートを提供

4.  HP制作の全体の流れの把握+スケジュール作成

5.  SEOの基礎知識を身に付ける

6.  デザイナーへの案件手配、必要なチームをどう作るか

7.  デザイナーへの発注金額の考え方

8.  デザイナーに発注する際のポイント

9.  月次の保守・サポートについての考え方

10. 請求業務について
※請求書のEXCELテンプレートを提供

11. 最終章前編「そもそもどうやって案件を獲得するのか?」

12.最終章後編「3ヶ月で月収30万円の達成について」


というわけで、本編の始まりはじまり〜。


この続きをみるには

この続き: 18,952文字 / 画像1枚

未経験からでもOK!3ヶ月でWEBディレクターとして月収30万円稼ぐ方法

SEO・WEB集客コンサルタント 黒瀬 圭(株式会社ドリームテラー代表)

1,500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

6
業界歴15年以上のWEBディレクターです。主にSEO・WEB集客のコンサルティングを手がけており、案件の8割以上が既存サイト改善、WEB集客強化となっております。noteの記事を通じてWEB集客だけでなく、仕事・お金・時間のバランスのとり方についても伝えていきたいです。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。