ぼうけんヤドカリを作ってみよう!
見出し画像

ぼうけんヤドカリを作ってみよう!

kurikit(クリキット)|  ユカイ工学

この記事では、ぼうけんヤドカリのつくりかたを紹介します。

工作レベル:★★☆
制作時間:3時間

使うもの
ユカイなぼうけんクラフトキット

画像1


1.足をつくる
15cmくらいに切ったストローの両側にモーターを固定します。

画像3

7cmくらいに切ったストローをそれぞれ輪ゴムでクロスに固定して足をつくります。

画像4

モーターの軸にテープを巻きつけ、

画像5

足をつけます。

画像6


2.骨組みをつくる
2本のストローを輪ゴムで下の写真のように固定します。

画像2

そして、モーターをつけたストローに固定します。

画像8

両側が出来たら、下の写真のように、10cmくらいに切った2本のストローを輪ゴムで固定します。

画像8

さらにストローを追加します。次の3枚の写真の手順で固定します。

画像9

画像10

画像11

これで骨組みが完成です。

画像12


3.目をつける
5cmくらいに切ったストローの先に目を貼り付けて、それを輪ゴムで骨組みに固定します。ストローの目をつけるところを、つぶして平らになるようにすると貼り付けやすいです。

画像13


4.殻の模様をつくる
ストローを下の写真のようにつけて、模様をつくります。
赤い丸のところは輪ゴムで固定します。
青い丸のところはストローを折り曲げます。

画像14


5.速く歩けるようにする
足のストローの両端に切り込みをいれます。

画像15

そしてその切り込みを使って輪ゴムをつけます。

画像16

これで輪ゴムが滑り止めとなって速く歩くことができます。


完成です!

画像17

元気なヤドカリでおうちをぼうけんしましょう!


画像18


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
Scratch拡張センサーでロボットがバイバイしてくれる!
kurikit(クリキット)|  ユカイ工学
ユカイ工学の教育シリーズ「kurikit」で子どものものづくり体験をユカイに!おうちでカンタンに始められるオリジナルロボットづくりやプログラミング教育支援キットを発売中!https://kurikit.ux-xu.com