民衆暴力2011もりくまアーカイブ

大震災で、炎上どころか民衆暴力。ガスライティングの証拠を撮ったり、側面衝突されたり、東京で写真を撮られるなど、数々の冒険をしてきました。11年目で被害は下火に。再現図1000枚が目標。被害10数万件でも、結構元気に生きています。

民衆暴力2011もりくまアーカイブ

大震災で、炎上どころか民衆暴力。ガスライティングの証拠を撮ったり、側面衝突されたり、東京で写真を撮られるなど、数々の冒険をしてきました。11年目で被害は下火に。再現図1000枚が目標。被害10数万件でも、結構元気に生きています。

    最近の記事

    固定された記事

    30 【フローチャート】 町側が知らない歴史的・集スト事件の全容①

    入国制限や外国人観光客受け入れなど、コロナ禍の出口を感じさせる明るいニュースが流れるようになりました。ほっとされた方も多いのではないでしょうか? 今日は、戦後史に残る巨大集スト・社会リンチ事件の全容をお見せできるフローチャートを投稿します。 これはすでに関係先に配布の資料を下敷きにして作成しました。人や場所がわからないよう、日時を抜いています。またこの時期、何回か転居や転職をしていますが、同じ理由であえて書かずにおきました。 当案件は、関係者が多い。多数の事例を並べない

    スキ
    21
      • 44 【マンガ】2011民衆の暴力/ CONVENIENCE COINTELPRO (2頁)

        こんばんは。 ぎりぎりの時間となりました。 間に合うか⁈ それではまた来週。 ご機嫌よう。

        スキ
        4
        • 【マンガ】44制作途中/プレ公開

          この2日間描いていた新ページの1コマ目です。どうしても欠かせない重要な絵なので、時間をかけ、その結果投稿が遅れることになりました。 そのため、このコマのみ先行投稿します。 他のコマも色塗り、清書の段階です。定期投稿は今週のツイまとめにしようか悩んだのですが、マンガの続きの方にしました。完成ページは明日投稿の予定です。

          スキ
          3
          • 43 【マンガ】2011民衆の暴力/ CONVENIENCE COINTELPRO (1頁)

            いよいよ本編です。 今週はいくつか 新しい技術に挑戦してみました。 Twitterでは つなげて読めるようにします。 スキやフォローをよろこびます。 よかったらどうぞ。 ヘッダーのイラストは、はちふらさんです。 https://vectorshelf.com

            スキ
            5
            • 【公的窓口の方へ】 内部告発者/支援のポイント

              こんばんは。 今日は、内部通報者など、不都合な人間への定番の「圧力」について覚書です。 被害の予測に使えます。 不都合者の仕事や収入への圧力は定番 私のケースでもそうだったのですが、不祥事で地域や組織、既得者の不都合者となると、仕事・収入への圧力が掛かります。 証拠調査士の平塚俊樹氏によると、「けっこう多い」のだそうです。「証拠調査士は見た!」で平塚氏は不動産業の話としています。しかし内部告発者の被害例を集めてみると、実態はもっとひどく、家族まで含めた仕事への圧力、収

              スキ
              5
              • 42 【マンガ】2011民衆の暴力/ CONVENIENCE COINTELPRO 表紙(0頁)

                大震災の年の群集心理による 社会リンチの再現マンガシリーズをはじめます。 今回は、表紙です。 色々思い切ってみました。 色が気に入らないので、修正して差し替えるかもしれません。 マンガの更新は不定期です。 完成次第投稿します。 Twitterとnoteの定期投稿は続ける予定です。

                スキ
                9
                • 【エッセイ】◯ストwatcherの見た2022参院選

                  今日7月18日は、「55年体制崩壊(1993)」 の日なのだそうですが、奇しくも29年後のいま、ポスト55年体制は終焉の日を迎えています。 安倍元首相銃撃事件の陰であまり大々的に報じられませんでしたが、 8日前の参院選の結果は、 国政に大きなインパクトを残しました。 社民党、共産党、公明党といった旧来の政党は衰退が決定的となり、 自民党の対立軸であった民主党は大敗、その一方国民から生まれた小規模政党や地方政党である維新が地歩を固めました。現在は政界勢力図の激変期にあたってい

                  スキ
                  8
                  • 41 【マンガ】 私を見て辛そうにする地域住民だが…/告発前

                    今回は、市民の一部がヘイトを問題と思っても、群衆心理の空気にあらがえない状況がうかがえる出来事を再現しました。 炎上から5年ほど経つと、私を知る市民側に罪悪感が頻繁に見られるようになります。不思議なことに、このケースのような罪悪感は、市民に◯スト手法が大流行し始めた時期と重なっています。 ヘイトの流行と、それに心を痛める市民の出現が、同時に発生していたのです。 このような光景を頻繁に見るようになり、私は状況の改善に期待を持ちました。しかし結果として状況は全く改善しなかっ

                    スキ
                    8
                    • 40 【マンガ】 剣道ママに写真を撮られる/精神いじめ/炎上2011

                      こんにちは。 炎上年の再現シリーズです。 再現マンガを並べると、当時の群集心理の雰囲気がわかります。 私の被害では、11年の全時期を通じ写真を撮られる被害が時々発生しています。仲間内で共有するだけではなく、精神的苦痛も狙っているのです。 大震災時の群集心理でタガが外れてしまったため、数多くの人が逸脱行為をなんとも思わない状態が長く続きました。 群集心理の勢いはすさまじく、一方的な力関係となりました。そのような状況下では、人は迷いなく逸脱しますし、共感も失われるようです。

                      スキ
                      10
                      • 39 宗教被害者の絶望はどこから来たのか

                        安倍元首相のご冥福を心よりお祈り申し上げます。 昨日の事件で何も書く気が起こらなかったのですが、明日の参院選後はまた権力が固定化するので、やはり今日のうちに書いておこうと思います。 今回の事件で多くのネット民が、自民議員と統一教会の関係を知っていたと口を開きました。その状況の中で、加害者の顔を見ていますと、一つの考えが浮かびます。 この事件の背景には、 自公連立以後、(政治と結びついた)宗教に ものが言いにくくなったことがある。 いくつものツイが言及していたように、

                        スキ
                        9
                        • 38 【ツイ】 大震災と西日本豪雨 連帯からも排除のヘイト

                          思い出したのだが、私も昔は配達員や工事業者に、飲み物やお菓子などをあげていた。それが地域の被差別者となってみたら、これらの職種の人も接点のワンチャンに嫌がらせを狙うようになった。こちらも壁の対応をするようになった。#炎上 #東日本大震災 だからこのツイの共感の微笑みのような関係性は私にはなかった。共感や連帯の輪から私は排除されていた。 中国地方を襲った西日本豪雨のときもそうだった。私も連帯のツイなどしていたが、暴言ツイに、水害翌日の当たり散らしの建物侵入者。ヘイト被害者は

                          スキ
                          8
                          • 炎上は、人間の獣性との対峙です。私には再度の炎上をねらうなど、タチの悪い人間がぶら下がっている。11年事件化しなかったため、被害者も社会も舐めているのです。当案件にNOを言わない公的機関や市民。自分が加担者だと自覚してください。「ダメだろ、やめろよ」と言ってください。

                            スキ
                            6
                            • 36 【3D】 免許更新/警察官の集団嘲笑

                              群集心理がよくわかるのが、警察などの公職による、衝動的な嫌がらせです。今回は、当時の私の感情がよく表れているため、数年前の3D再現図をそのまま投稿します。 2011年 警察署での集団嘲笑剣道場と警察の懲罰的扱いは、苛烈です。よく似ています。まるでヤクザに対する扱いのようでした。 数年後、ヤクザはこのような扱いを日常的に受けているのではないかと思うようになりました。私は反社と同じ扱いを受けたのです。それだけではありません。不祥事警官への組織的辞めさせを、自分もやられたのでは

                              スキ
                              6
                              • 37 【マンガ】性暴力加害者の「しぶとい女じゃな」

                                2011年当時は、道場で日常的に侮辱や虐待をうけても生きるために抗議できませんでした。みなで私をそのように扱うのが当たり前のようになり、際限なくエスカレートしていきます。 時々優しくしては、侮辱したり虐待する。ダブルバインドです。これをされると、被害者は身動きが取れなくなり、心を壊されていきます。 この「しぶとい女」は、3年ほど記憶が飛んだ後に思い出した発言です。道場をやめ、数年経ち、ようやく自分への害意があった事実にと向き合うことができました。 自分への扱いを理解する

                                スキ
                                5
                                • 35 【説明図】◯ストが事件化しにくい理由

                                  後で文を追加するかもしれません。

                                  スキ
                                  6
                                  • 34 【マンガ】大袈裟によけてみせる警察官

                                    先週に引き続き、剣道・警察の嫌がらせシリーズです。警察や剣道の嫌がらせは、言質を取らせず陰湿なやり口が普通です。 完全にバカにしていますね。後々会話をしてみると、警察側に「絶対何かやった」との決めつけがあったようです。 この町では、自治体職員も企業も似たようなものでした。中でも犯罪被害で助けを求めるべき警察にこのような扱いをされると、相談に行けなくなります。あってはならないことです。

                                    スキ
                                    7