山陰教区総代研修会に参加

10月18日、山陰教区総代研修会に総代長と参加してきました。テーマは「楽しいお寺にするために」。パネルデスカッションや春雨や落雷さんの落語と講演、教区内寺院の事例紹介などでした。

パネルディスカッションで話し合われた中で、「若い人をお寺に」という内容は、もう何年も語られ続けられた問題です。これはお寺の立地条件などに左右されることが多いので、画一的な解決策はありませんが、考え続けなければならないことでしょう。

しかし、個人的には、若い人たちは比較的仏教に関心があるような感じがしますが、もっとも関心が薄いのは団塊の世代のような気がします。特に男性。

若い人よりも団塊の世代の方々にお寺に来ていただいたり、仏教の教えに関心を持っていただきたいと思っています。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

島根県江津市波積町にある浄土真宗本願寺派光善寺というお寺の住職です。お寺の行事やお寺の暮らし、思いなどと徒然なるままに書いて参ります。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。