フロンティアファーマーズ|生産者のストーリー

福島県郡山市。農業の世界に生きる人々の姿を、彼らの生の言葉でつづります。彼らがどのように「農」に取り組み、受け継ぎ、繋いでいるのか。作り手の顔が浮かぶと、食はもっと美味しく豊かになる。/運営:郡山市

#19 たった一つの巣箱から始まった養蜂一家の70年。受け継ぐ3代目がこだわるのはアカシア蜜の「透き通る白」

石筵養蜂園 後藤佑亮さん 今日の養蜂技術が日本で定着したのは明治時代中期のこと。明治後期から大正、昭和初期にかけて全国に拡大し、戦時中には砂糖に代わる甘味品とし…

#18 「お前、社長をやらないか」 父の一言をきっかけに保育士から農業の道へ

有限会社光 代表取締役 柳田美華さん 郡山の地で強い想いや誇りを胸に農業と向き合う生産者のみなさんを紹介するフロンティアファーマーズ。これまで紹介した方々の中には…

#17 いつかうねめ牛を松坂牛や米沢牛のようなブランドに。父と競い腕を磨く若手肥育農家の挑戦

有限会社武田ファーム 武田侑也さん 郡山が全国に誇る銘柄牛「うねめ牛」。生後約10ヶ月で買ってきた子牛を市内で約20ヶ月にわたり育て、肉質等級「4」以上を獲得した牛の…

#16 料理で地元の野菜に付加価値を。それが居酒屋としての使命

居酒屋安兵衛 店長 早川健児さん 日曜日の朝、郡山市東部のとある畑を訪ねると、ビニールハウスの中で10名ほどのみなさんが大豆の殻むきをしていました。一房ずつ手仕事…

#15 自然米100%から田村産米100%へ。酒づくりの夢を支える自社田の取り組み

有限会社仁井田本家あぐり 吉田和生さん 「日本の田んぼを守る酒蔵になる」の使命のもと、有機栽培や無農薬といった言葉が農業の世界に広まる遥か以前の1967年に自然米だ…

#14 農家8代目、野菜ソムリエにして教育委員。地元野菜の伝道師が寒さを恵みに育てる「郡山ブランド野菜」

ふじた農園 藤田浩志さん 玉ねぎの「万吉どん」、中ねぎの「ハイカラリッくん」、かぶの「あこや姫」…。ユニークな名前が付けられたこれらの野菜はすべて、統一された規…