kohsuke
社会人10年目、YOUTRUSTにジョインした。
見出し画像

社会人10年目、YOUTRUSTにジョインした。

kohsuke

※カバー画像は無関係です。先日息子と行ったキャンプで、テントが積まれたルーフキャリアの鍵を家に忘れて、とりあえず笑って記念撮影してる様子です。

自分の人生の中でも割と大きめな、なんだけれども自分の中ではとても自然な意思決定に伴う変化があったので、ご報告も兼ねてnoteをかなり久しぶりに書きます。

タイトルの通り、メルペイを卒業して4月1日からYOUTRUSTにジョインしました。


2年半過ごしたメルペイを卒業

3月末でメルペイ、およびメルカリグループを卒業しました。

メルペイでは本当にたくさんの経験を積ませてもらった。
振り返れば、たくさんのことをgiveしていただいてばかりだった2年半。優秀なチームとともに、激動のキャッシュレス市場で試行錯誤できたことは、あまりに大きな財産。
マーケターとしてのキャリアを歩み出したのもメルペイで、それまでのキャリアでは見えていなかった世界に触れ、自分の新たな課題をたくさん見つけることができた。

働きやすさやチャレンジすることの大きさ含めて、とても充実している日々だったし、こんなにも濃厚な2年半はこれまでの社会人人生でも初めてなように思う。

2年前のゴールデンウィーク、初めての大型キャンペーン前日に気を張りすぎて体調を崩したこと
招待キャンペーン「すすメルペイ」で、発表会後の安堵感からトイレでめっちゃ吐いたこと
あの西日本最大のテーマパークを、超人気動画クリエイターと一緒に貸し切れたこと

全てが思い出深い。(以下は「すすメルペイ」で、竹下通りにOOHを出したとき、代理店チームとの記念撮影)

画像1


本当に色々なことにチャレンジしたのだけど、実は個人的に印象的だった仕事は、この『KASHIMAチャレンジ』という企画。
https://mercan.mercari.com/articles/17088/
たくさんの方の尽力のおかげでマーケティングの基本である三方良しを実現できた、いい企画だったなと思う。

2年半の在籍中、自分が組織や人に与えられたものは多くなかったが、与えてもらったものはとても大きい。その分は長い人生で、コツコツ返していきたい。

そんなメルペイは、事業拡大に伴い、マーケターを鋭意採用中です!
気になる方はぜひ、応募してみてください。
優秀で、人間性も最高な、強い組織です。
https://careers.mercari.com/search-jobs/?cat=merpay-inc-company

そして、4月1日から

画像2

株式会社YOUTRUSTにマーケとして入社します。
新しいチャレンジです。

サービスはこちら↓

https://youtrust.jp/lp

YOUTRUSTを知らない方向け説明↓

YOUTRUSTは友人の繋がりで新しい機会が見つけられるキャリアSNSです。
「副業を探すサイト」のイメージが強いのですが、実際には転職先が見つかったり、共通のアジェンダがある方同士がオンラインお茶会をしたり、キャリアに関する様々なマッチングが生まれているサービスです。

個人的に好きなのは紹介コメント機能で、もらえるとニヤニヤしてしまう。
mixi世代の皆さんは特に好きなんじゃないだろうか。こういう感じ。(zeals執行役員であり、CAの大パイセンである大介さんからの紹介コメント。)

画像3


YOUTRUSTにジョインすることになった経緯と、これからどういうことをやっていくのか、ここから書いていこうと思う。

ジョインまでの経緯

一番初めのきっかけになったのは、昨年夏頃にもらった、COO佐藤氏からの「YOUTRUST手伝ってくれないですか!」というシンプルな連絡。

佐藤氏は大学時代のサークルの後輩で、今でも家族ぐるみで遊ぶ仲なので、こういった連絡を逆に自分にはしづらかったのではないかなと当時思ったことを覚えている。その中で頼ってくれたのは純粋に嬉しく、自分に手伝える範囲があるかは分からなかったけど、一緒にやらせてもらうことに。

その後「すごい副業」という企画を一緒に作らせてもらったり、お歳暮キャンペーンと称してハムを贈らせてもらったり、代表の岩崎とも何度か会話するうちに、YOUTRUSTのポテンシャルを徐々に実感するに至った。(「ハム送りたいんですけど」って経営陣に伝えた時に、二つ返事でOKだったことは今でも信じられない)

画像4

YOUTRUSTの事業ドメインの成長性や、事業自体のモメンタムはもちろんだが、それ以上に、岩崎の掲げる強くてぶれないミッションのもと、日々奮闘するメンバーの姿勢には大きく感銘を受けた。

画像5

新卒で入ったサイバーエージェントでよく言われていた「この会社は、明日から『うどん屋をやれ』と言われてもビジョン達成のためならなんとかできる」という話が、個人的にすごく好きなのだが、YOUTRUSTからもそういう空気を感じる。
今後ミッションを達成するために個々人が別の役割を果たさなければいけないとしても、なんとかできるチームなのだろうと。

そして、そのチームに自分というピースがハマれば、もっと大きな、ポジティブな化学反応を起こせるのではないか?と、いつからか自然と感じていた。
強いチームというのは、ミッションやビジョンなどの共通言語がありながらも、スキルや価値観の違いで360°をカバーできる。そういった多様性があるチーム。
冒頭で「自分にとってはとても自然な意思決定」だと述べたが、この360°の一角を自分が担っていくイメージがめちゃくちゃ湧いたことが、直感的だが一番の決め手になった。

そしてこれからやっていくこと


YOUTRUSTはキャリアSNSだ。
SNSというのは使っていただける方々にとっての場所なので、マーケターが果たすべき役割は居心地の良い居場所づくりになる。
居心地の良い居場所づくりは、おそらくマーケティングの教科書に従うだけではなし得ない。
なんとなく開いてしまうとか、理由はないけど好きとか、そういった人間の感覚や脳に訴えかける心地よさがサービスのgrowthにとって必要になるんだろうと思っている。
こればっかりは自分の脳と、周囲からのフィードバックを頼りにしていくしかないので、僕の周りの皆さんにはめちゃくちゃYOUTRUSTを使ってもらって、めちゃくちゃフィードバックいただきたいです。笑

「応信力」の時代を作る

YOUTRUSTを、どんな人のためのサービスにしていきたいかというイメージは明確にある。
これからは「個の時代」であると言われて久しいが、2020年以降リモートワークの浸透などで、その流れは全世界的に加速している。
また「個の時代」は、「発信力」ある個人が強い時代であるとも言われている。実際にTwitterやYoutubeなどで自分をメディア化し、好きなことで生きていけるようになっている人たちもいるし、そのおかげで多様な価値観を知れて本当に素晴らしい時代だと思う。

一方で、自分たちの周りにいる本当に優秀な人たちは、皆が発信力のある、数字に見える形でのフォロワーが多い人たちばかりではない。
自分の手柄をアピールするのが苦手な人や、そもそも目立つのが嫌いな人も多いと思う。また、面接では魅力が伝わりづらいけれども、一緒に働く能力からはとても信頼されている人など、「個の時代」により良いキャリアを歩めるポテンシャルがある方々は多い。

言いかえるなら、信頼に応える力、造語だが「応信力」のある人たち。

上述した紹介コメントのような機能は、まさにこういった方々のキャリアを輝かせるポテンシャルを秘めている。経歴書では伝わらない魅力が伝わるし、キャリアチェンジの局面だけでなく、紹介コメントを書いてもらった本人が、明日からの1日を明るい気持ちで過ごせれば、きっとキャリアは少し良くなる。

「応信力」のある、知る人ぞ知る優秀な人材のためにも、YOUTRUSTをキャリアSNSとして大切に育てていきたい。

最後に

代表の岩崎の、強い意志のこもった記事が先日ハフポストからリリースされた。

https://www.google.co.jp/amp/s/m.huffingtonpost.jp/amp/entry/yuka-iwasaki-youtrust_jp_6059872ec5b6bd95117faba9/

その中からの引用になるが

「私みたいに、東京で起業して子育てもして、世の中を変えてやるぜという意思を持っている強そうな人間が、トップラインを力づくで押さないと、世界は変わっていかないと思うんです。これは1人では到底無理で、同じような強強(つよつよ)な人たちと一緒に、色んなあり方を見せながら、押しあげていきたい。もちろん成功や幸せの形は人それぞれ。その上で、何かを得るために何かを失う、というのではなく、自分の求めるものを“全部どり”しているように見える人が、この世代でウワっと生まれないとな、と思うんです」

この文章を読んで、改めて誰もが「全部どり」できる世界を実現していきたいと感じた。

自分自身、誰から指示されたわけでもない勝手な思い込みで、家庭と仕事どちらかが犠牲になるような働き方をして、迷惑をかけたこともある。
昔ほどではないにしても、男性が家庭と仕事を両立しづらい慣習やバイアスはまだ日本には根強く残っている。
(メルペイでは本当に働きやすい環境が整備されていたので、家族と過ごす時間も増やせて、良い時間を過ごせた。しかし、そういった環境は日本ではマスではないという前提。)

子どもも、市場も、自分が何もしなくても育っていく。
どちらも自分の成長を待ってはくれない中で、きっと日々みんな性別を問わず、頑張って折り合いをつけようとしている。しかし、折り合いをつけようにもヒントになるロールモデルが身近にいないのがおそらく現状。

自分は新たな環境で、そういったロールモデルの一端を担える存在になりたい。「全部どり」を自ら先陣切って実現していく。

そしてYOUTRUSTがたくさんの方の、それぞれのキャリア形成の実現ができる場になるよう、全力を尽くそうと思う。


最後の最後に

YOUTRUSTでは全力採用中です!興味ある方はこちらを見ていただくか、直接連絡ください!

https://www.notion.so/YOUTRUST-ae65e7c116ad4c74934174be38f504cd

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
kohsuke
マーケティングしてます。 https://youtrust.jp/users/kohsuke