見出し画像

平成最後のフォントに参加させていただ記事を書くにあたって

参加させていただいていた当時のフロップデザイン様とのやりとりから抜粋

"私はいずれnoteで今回のプロジェクトに参加させて頂いた経緯と制作過程などを書きたいと思っているのですが。
その時自分が自宅療養中である事や制作中とても情緒不安定になってしまう時があったり、先週一週間は体調を崩してしまい寝込んで、吐いて、点滴打ってもらって、途中ものすごく暗い考えに襲われて、情緒不安定になりまくって…、そういうネガティブな事は書かない方が良いのでしょうか?

でも、

体調も心もあまり元気じゃないけど、平成最後のフォントプロジェクトに参加させてもらって、なんとか「ッ」を完成させる事が出来た

これが今の私なんです。できれば、出来るだけありのままの自分の事を書きたいんです。"

この想いは今もあるのですが、まとめたり編集することすらしんどく感じてしまい今日まで全く平成最後のフォントについての記事を書くことができませんでした

最近、医大に通院するようになって少しづつ精神的にも身体的にも落ち着いてきたので、一気に全部まとめるのではなく少しづつ記事を更新していきたいと思っています

貴重な経験をさせて頂いたフロップデザイン様には本当に感謝しています

制作過程の記事を書くことで自身を振り返ってちょっとづつでも次に進んで行けるようにしたいと思っています

よろしくお願いします


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
3
グラフィックデザイナー兼イラストレーター志望。憧れは田中一光さんです。 現在は自宅療養中。自閉スペクトラム症。 ヘッダー・アイコンは卒業制作で作った「文様華月」オリジナルの和の装飾文様書体の暦です。文様が好きで正倉院文様について興味があります。一歩ずつ前に進んでいきたいです。
コメント (1)
ゆっくりのんびり、自分のペースで行き(生き)ましょう!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。