猫の日の-_ヘンアイナイト特別編-1-760x398

【レポート】猫の日の#ヘンアイイベント特別編 ヘンアイテーマ:猫


2020年2月22日、「猫の日の#ヘンアイイベント特別編」がKochi Startup BASE®︎(以下KSB)にて開催されました。今回は猫の日にちなんで、過去に1度開催した「猫」がテーマ。猫の日に猫好き同士で、猫の話をたっぷり楽しみました。

画像1

<ゲスト講師>井川 愛さん( Yaika factory)
猫のおやつを作りたい一心で東京から高知へ単身移住してしまった主婦。小さな港町「やいか」の地域おこし協力隊を経て、猫のおやつで起業。「ヤイカ ファクトリー」を立ち上げ町のおばあちゃん達と一緒に、猫のおやつ作りを行う。
猫も人も幸せになる社会を目指して奮闘中。
愛猫はロシアンブルー(?)の「オルカさん」

2回目の開催となった『猫』がテーマの偏愛イベントでしたが、初めての昼開催ということもあり、参加者は前回よりも少なめ。少人数での開催ではありましたが、猫好きの参加者ということもあり、最初から猫トークで一気に盛り上がりました。

また、今回は同時期に猫の企画を行っている、高知 蔦屋書店様にもご協力いただき、KSB内にも猫の絵本や書籍、グッズを展示し会場は猫一色に。

画像2

イベントは、ゲスト講師の井川さんから自己紹介からスタート。その後、井川さん手作りのハッピーブックという猫の情報を書き込む用紙が、参加者全員にプレゼントされました。

自分の飼っている猫や、今かわいがっている猫のことを書き込み、それぞれが内容の情報を共有することに。皆が猫好きということもあり、ハッピーブックの共有の場面では、他の参加者の話に共感し、笑顔で頷く姿もみられました。

画像3

また、防災の観点からの話題が出たことで、井川さんの知り合いの実体験の話も含め、情報を管理し、飼っている猫の状態を把握する大切さを語る場面も。

参加者から参考になりそうな本の提供があったり、意見交換をしたり、と和やかな雰囲気の中で終始、猫トークで盛り上がりました。

画像4


総括
休みの日だったこともあり、人数は少なかったものの、参加者同士や講師との話も盛り上がり、とても良い雰囲気の中でイベントを行うことが出来ました。
前回は自由に話すことがメインでしたが、こうして話題やテーマを決めて話すことで、更に新たな発見や情報の共有ができる、これまで意識していなかった話題を考える機会になる、ということを実感しました。


(レポート:上野 伊代)

問い合わせ
Kochi Startup BASE®️
住所:〒781-0084 高知県高知市南御座90-1 高知蔦屋書店3F
運営:エイチタス株式会社 高知支社
Mail: ksb@htus.jp
Webサイト:http://startup-base.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からいただいたサポートは、今後の活動・運営に使用させていただきます。

あなたに良いことがありますように。
1
高知 蔦屋書店内に開設された高知県初の共創型スタートアップ支援施設です。新規事業創造セミナーや起業家育成プログラムのほか、ワークショップの開催、貸しスペースの提供等を行っています。また自分らしい生き方や働き方を実現できるきっかけづくりを目指した様々なプロジェクトを展開しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。