見出し画像

【レポート】こうち女性起業家応援家塾『SHE program』 「事業創造プログラム」

第3回目となる、こうち女性起業家塾は『事業創造プログラム』をテーマに、実施しました。

2019年10月23日、「こうち女性起業家塾『SHE program』」の第3回目がKochi Startup BASE®︎(以下KSB)にて開催されました。起業を考えている、新しい事業を始めてみたいなど、自分のプランを形にしていきたいという女性を対象に基本的な事業創造手法を学ぶ連続講座として実施しました。

画像2

チェックイン
今回は、初めてゲスト講師が参加した回だったため、全員で簡単な自己紹介を行いました。受講生同士も3回目の顔合わせとなり、穏やかな雰囲気で進んでいきました。

画像1

クロストーク『事業創造プログラム』
第3回目のテーマは“「わたし」の想いを整理する”。
第1 回目、2回目は、自分のこれまでを振り返り、心と向き合うといった、内向きの作業が中心でしたが、今回からは、実際に事業を行っている人の声を聞いたり、考えたプロジェクトを言語化したり、と外向きの内容に変わりました。

ゲスト講師の本山珠里さん(本山印刷株式会社 取締役・Paper message 代表)の自己紹介の後、KSBマネージャーの上野と本山さんのクロストークを実施しました。

本山さんは、現在、高知市の中心商店街の一角と東京の吉祥寺で、紙モノ雑貨を取り扱う『Paper message』の店舗経営を行っています。
当初、新事業の構想を周りに伝えたときには、「何を言っているんだ」と、白い目で見られ、賛同者も協力者もほとんどいない状態。印刷会社はB to Bがメイン。B to C向けの『Paper message』事業は、なかなか受け入れてもらえませんでした。

ですが、本山さんにはどうしても譲れない想いがありました。それは「紙のおもしろさを伝えたい」ということ。直接手に取って知ってもらうことで、「自分も作りたい」「紙って楽しい」と思ってくれる人がいるのでは。この想いが始めたきっかけとなりました。

数年経ち、次第にお客さんが増え、売り上げも上がってきたことから、ようやく本山さんのやっていることが会社や家族にも認められ、理解してもらうことができました。
言葉ではなく、実績を出して結果を見せることも大切だ、と話します。

新しいことを始めるときには、「やっても無益だ」「やめておけ」と言われるのは当たり前のこと。「そこでくじけるくらいなら最初からやらない方が良い」と柔らかくもしっかりとした口調で言い切りました。そして、続けて、周囲の声に負けてはいけない、と受講生にエールを送ってくれました。

その他にも、どのように商品開発を行っているのか、起業をして良かったこと、今後の課題などをお話しいただきました。

クロストーク後には、本山さんと受講生との対話の時間を設けました。
受講生からは「情報を入れる、入れないのバランスをどうやって取っているのか」、「仮説を立てて検証するときはどんなことを妄想しているのか」などといった興味深い質問が投げかけられました。

画像3

画像4

共有の時間
対話の後は、事前課題として行ったプロジェクトシートの発表、共有を行いました。子育て中の女性が、社会と繋がれる場や居場所を作りたいと考えている方、地域の良さを活かしたイベントを開催したいという構想を持っている方、自身の行っている事業を幅広く展開させていきたいと思っている方など、身近な課題をテーマにしたものが多く聞かれました。

画像5

チェックアウト
チェックアウトでは、プロジェクト発表を聞いて「コラボレーションして出来そうな企画が生まれそうでワクワクした」、「皆のプロジェクトは笑顔や楽しく、幸せにという言葉が散りばめられていたのが印象的だった」、「イベントの手伝いに行けるので、ぜひ声をかけて」など、様々な声が聞かれました。
また、本山さんのお話を聞いて「旦那さんに反対ばかりされるので、突き刺さるものが色々あった」という感想を話してくれた受講生もいました。

画像6

※総括
今回は3回目ということで、受講生同士の繋がりが見えてきた回となりました。一人だけのプランだけでなく、一緒にやろうという声が上がったチェックアウトが特に印象的でした。また、本山さんのお話も、ただの成功体験ではなく、現在も悩みながら事業を行っていることが伝わってきました。発せられる言葉に共感している受講生も多く、本山さんとの話が尽きない様子で、充実した時間になっていることを感じました。

(レポート:上野 伊代)

お問い合わせ
Kochi Startup BASE®️
住所:〒781-0084 高知県高知市南御座90-1 高知 蔦屋書店3F
運営:エイチタス株式会社 高知支社
Mail: ksb@htus.jp
Webサイト:http://startup-base.jp/

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

皆様からいただいたサポートは、今後の活動・運営に使用させていただきます。

おかげさまで頑張れています!
3
高知 蔦屋書店内に開設された高知県初の共創型スタートアップ支援施設です。新規事業創造セミナーや起業家育成プログラムのほか、ワークショップの開催、貸しスペースの提供等を行っています。また自分らしい生き方や働き方を実現できるきっかけづくりを目指した様々なプロジェクトを展開しています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。