見出し画像

オーストラリアにデザインを学ぶ

自分のことをオシャレだとかアートのセンスがあるとかまったく思ってないけど、好きなデザインってのはすごくハッキリしてます。清のグッズ、だいたい雰囲気が似てるでしょう?私が好きなテイストのものを作っているので、そうなります。

基本的には、淡い色よりパキっとした鮮やかな色が好きですね。一番好きな色は赤(まあそうやろな)。黒と白も好き。

それに、意味のある強い言葉がドーンと書かれているようなものが好き。

ソロ活動を始めたばかりの2016年頃は、デザイナーさんにグッズ作りを手伝ってもらってたけど、どんどん自分でやるようになって、自分でできるようになってしまいました。

どうやら私はものすごくこだわりが強くてめちゃめちゃ細かいらしい。どうでもいいところは本当にどうでもいいんですが、一旦「ここがなんかちょっと嫌!!」となったらもう絶対嫌なんです。だから「この文字をもうちょっとだけ小さくしてほしい!」「ここの影をもうちょっと目立たせたい!」などなど、すごーーーく細かくオーダーすることになるんですね。

言われる方はもちろん大変やけど、言う方も大変やしなんだか申し訳なくて、"自分でやればいいやん!"となり、ちょっとずつ勉強し始めました。今ではかなり色んなことができるようになったよー。

「この線をちょっと太くしたいけどどうしたらええんや...」「色はどうやって替えたらええんや...」「め、めんどくせえ...!!」と、最初は簡単なこともできなくて苦労したけど、それも含めて楽しかった。知らなかったことを知れたりできなかったことができるようになるって、この上なく嬉しいね。

でね、この冬は、

パーカーが欲しかったんです!!!

"かぶりパーカー"が欲しい!プリントサイズがそんなに大きくなくて、文字だけみたいな、できるだけシンプルなデザインのが欲しい!と。あまり物欲のない清さんが。めずらしいです。

買うか??いや、欲しいなら作ればいいじゃないか。君は"自分の名刺代わりに使える文字"をたくさん持ってるじゃないか。ここ最近最も魂を込めた文字はなんだね。それをただ並べるのだ...!!(誰)

そんな心の声が聞こえたので、デザインを始めました。

画像1

下書き保存していたデザインがこれ。12月始め、オーストラリア行きの機内であれこれしてたやつです。うーん。まとまればかっこいいのかなー。でもなんか目がうるさいな。

オーストラリアツアー開始。5日連続のライブの全行程が飛行機移動(!)というなかなかの怒涛っぷりでね。あちらは開演時間が遅いので当然終演も遅いわけで、だいたいライブ終わって時計見たらAM12時頃。早く眠れてAM2時くらい。んで早朝のフライトのためAM6時起床。。という日々でした。

空港での待ち時間やライブの空き時間などにデザインを色々試してみるが、あんまパッとせず。眠かったから頭が動いてなかったんちゃうか。。寝不足はものづくりの最大の敵。

私は一人で知らない街をウロウロするのが好きなので、できるだけ一人の時間を作って動きました。

オーストラリアの街、いいよ!!なんか、オシャレ!!目に入るもののデザインがいちいちかわいい/かっこいい!!

お店の看板とか広告とか商品とか、英語の文字が溢れてるのはアメリカも同じやのに、全然印象が違った。なんとなく文字のフォントや色合い、配置が洗練されてる感じがしましたねー。単純に自分の好みなのかも知れない。

なんでもないものの写真を撮りまくりました。

画像8

画像18

画像24

画像7

画像13

画像15

画像16

画像17

瓶ビールのボトルがかっこよくて好きでした。

画像19

画像5

缶ビールのデザインはイマイチだと思いました。笑

世界で1番かっこいい缶ビールのデザインはやっぱサッポロでしょ!星だぜ!?

画像12

画像11

画像23

画像20

あと、水!!この赤いキャップのボトルがめっちゃ気に入って、これをこのままパーカーにプリントしてやろうかと思った。笑

画像6

画像9

あと、レジ袋ね。いかすぜ。これをこのままパーカーに(以下略)

どうしようどうしようどんなデザインにしよう。もんもんとしながら街を練り歩き、ついに見つけました。

画像10

これやあああああああああああ


というわけで早速試作品をオーダーして届いたのがこちら。

画像2

ね。笑

試着してみての感想。

これが一番かわいいのではと思ったんですが、フロント一面にべたっと隙間なくプリントしてしまうとゴワゴワして嫌でした。ボツ。

赤1色ってのもなー。良いけどもうちょっとなんかないのかね。

QRコードかよ。

というわけで、少しアレンジして、

画像21

このようなデザインに仕上がりました〜。

アルバムKIYOSHI4のオープニングを飾る怒りの曲、"Warning"だけ色を変えました。これだけでだいぶ印象が変わりましたね。

よかったらどうぞ〜。

パーカー作りも受注生産も初の試みなので、今回の諸々が今後の目安になります。せっかくやし、"もの"だけがただ届いてもおもしろくないので購入者限定特典を考え中。どうしよっかなー。

デザイン、楽しい!!!

というか、ものづくりが楽しいです。ものづくりの人なんですね私。初めてベースを手にした時の夢が「ベーシストになる!」ではなく「ベース職人になる!」だった時に気付くべきですね。

いやそれよりもっと前、クラスの運動会の応援旗を張り切ってデザインしていた時や、文化祭の劇の脚本を張り切って書いてた時に気付くべきですね。そうだった。そういう奴だった私は。

"ベースを演奏している"という感覚よりも、"ベースを演奏して何かを作っている"という感覚を持てるほうが100倍楽しい。曲を作る。作品を作る。ショーを作る。それより楽しいことが見つかったらそっちに行くわ。

ちなみに歴代清グッズで一番売れたのがこちらのシリーズ。

ふふふ。。

いいんです失敗しても。これからもっともっとかっこいいものを作り出していけるように日々精進せねば。知って、学んで、吸収して活かしたい。吸収できるだけの"余白"がたっぷりある人生にしたい。


最後に、パーカーかわいい!欲しい!となったきっかけの写真を置いておきます。

岡村隆史さんのインスタグラムより。

素敵すぎる。笑

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

いただいたサポートはすべて清の音楽活動のために使われます。いつもありがとうございます!

26
BassPlayer/Singer/Songwriter https://www.kiyoshi1031.com