見出し画像

はじめに

初めまして。Kitazakiと申します。

私自身は20歳からプロミュージシャンとして音楽界にお世話になり、今もミュージシャンのお仕事やライターなんかもやっているのですが、ここでは個人のそういう活動は置いておいて、新人タレントの育成、プロデュース、ディレクションとかもやってきた(現在進行形)ので、そこで感じたことなどを自分自身の思いを書いていこうかと思います。

本気でタレント、歌手、役者、アイドルになりたい方には参考になることもあるかも?
「アイドルになりたい!」「役者を仕事にするには?」「プロダクションに入るにはどうしたら良いのだろう」「曲が書けないけどシンガーソングライターになりたい」等々、悩んでいる方々をたくさん見てきたのでそういう方のお役に立てれば嬉しいです。

様々なプロダクションや現場(映像、公演、イベント、オーディション、養成所等)に、いろんな立場で携わってきて、ひとつ言えるのは、ショービジネスすなわち仕事ですから、夢見る夢子(夢男)さんには向きません。趣味で楽しさを追求することをお勧めします。
本気で仕事にしたいという方(死ぬ気で頑張れる人)には参考になるかと思いますが、厳しいこともたくさん書いていくので、夢を見たい方はスルーされた方がよろしいかと思います。

ということで、今も携わっている仕事が多々あり、赤裸々に裏話をしていく為にもここではKitazakiを名乗らせていただきます。

業界内の人には当たり前のことばかりだと思いますが、意外に知らない人が多いんだなと思うことが多々あるのでメモとして残しておこうかなと。
そうすれば、新たに関わった新人タレントさんにはここを見てもらえば一から十まで説明しなくて良くなるというのもあります。
リアルタイムのことを書くといろいろ支障が出てくるかもしれないので、これまであったことをどんどん書いていく予定です。

ただ、これも当たり前なのですが『情報』はタダではない部分もありますので、実際に私がこれまで対価を頂いてやっている内容(新規プロくダクションへの立ち上げ時に伝えた情報等)について等は有料で記事を書いていくことにします。

かなり前置きが長くなりましたが、私の仕事は↓の感じです。

・歌(ライブ、スタジオ、仮歌等・・・)
・振り付けやステージング
・ボイストレーナー&ボーカル講師
・作詞&作曲
・ミュージシャンインペグ
・養成所講師(ボーカル、演技)
・プロダクション業務(新人育成、マネージャー、プロモーション、スカウト、オーディション担当等)
・新人シンガープリプロ(携わってるプロダクションからの依頼で)
・新人タレントディレクション(プロダクションからの預かりや携わってるプロダクションからの依頼で)
・イベント企画運営
・舞台(脚本・演出)
・ミュージカル(ボイトレ、コーラスパートを考え譜面書き、振り付け、演出)

細かい仕事はもっとありますが、ざっくりこんな感じです。
最初から全部やってた訳ではありません。それなりの年齢なので、長くこの業界にいたらあれもこれもとどんどん増えていった感じです。私が一人いると音楽面も芝居面もジャッジできるので「便利」なようではあります。この業界は横の繋がりが大切ですので、仕事の依頼があるとできるだけ顔を出していたらこうなりました。

様々なプロダクションや養成所で新人育成に携わってきたので、歌手、シンガーソングライター、役者、タレント、アイドル、モデル等についてはいろいろアドバイスできます。よくある専門学校の卒業時にスカウトとしてお呼ばれされたりしています。いろんなプロダクションにいろんな肩書で名刺を作ってもらったりしていますが、今はフリーです。

自分が20歳からプロのプレーヤーとしてやっていて周りにはプロしかいなかったこともあり、プロダクションや養成所で新人育成に携わるようになってから、プロとアマチュアの違いを痛感しているのでその辺も書いていけたらなと思います。

夢ではなく現実としてやっていける方に関しましては、個別にディレクションなどを承ることも考えていきますが、いずれにしても『夢見る夢子(夢男)はお断わり』というスタンスですことはご了承ください。

更新についてはボチボチ時間のある時にやっていきます。
とりあえず自分のメモ代わりの要素が強いので、マイペースで。

よろしくお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

サポートいただけたら嬉しいです。

読んでいただけて嬉しいです。
8
ざっくり言うと、新人タレントの育成、プロデュース、ディレクションとかやってます。 タレントになるにはどうしたら良いのか等、これまで新人タレントさんを見てきて感じたことなどをNoteにまとめていきます。 Twitter⇒@kitazaki_note
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。