EnOcean BLEスイッチ(PTM215B)からSONOSスピーカーを操作してみた。
見出し画像

EnOcean BLEスイッチ(PTM215B)からSONOSスピーカーを操作してみた。

野良ハック(ざっきー)

EnOcean BLEスイッチ(PTM215B)は圧電素子による発電機構により電池が不要なスイッチで、ボタンを押す・離すという操作でBLE(Bluetooth Low Energy)信号を送信することができます。

電池が不要なので電源の近くに設置する必要がなく、また、電池交換の心配がないので、設置場所に困りません。

画像1

スイッチ(PTM215B)には4つのボタンがついているので、それぞれ再生・一時停止・音量UP・音量DOWNに割り当てました。
割り当てはスイッチ側で行うのではなく、BLE信号を受信する側(今回の場合はラズパイ)で行うので、別の割り当て(先送り・逆戻し、など)に変更することもできます。

スクリーンショット 2020-08-09 12.21.21

ラズパイ上のNode-REDでフローを作成し、BLE信号の受信(青枠部分)とSONOSスピーカーの操作(赤枠部分)を行いました。

画像3

技術的な解説をQiitaに書きましたので、興味がある方はご覧いただけるとうれしいです。

EnOcean Easyfit Single ダブルロッカー壁面スイッチ EWSDB(BLE)

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!