「お金は、自分の持っている価値と交換する」と決めるだけで、働き方が変わる

とにかく、「自分の持っている価値と、お金を交換する」と、決めてください。

お金や仕事で困っている人は、時給という罠にスッポリはまっています。

そうは言うけど、実際に生きていくためにはしょうがないことかもしれません。

しかし、お金や仕事の悩みから解放されている人は、お金と交換できる自分の価値は何かを考え、創造しています。

コンビニ店員を例に挙げると、例えば定員からすると何が売れようと、関係ありません。

何が売れても喜ぶこともなく淡々と時間を過ごしてレジ打ちをしていますが、

その人達の感覚は、おそらく。

「お金は、労働の対価としてもらえるもの」

「お金は、自分の時間と交換してもらえるもの」

ではないでしょうか?

「時給」という言葉。

これは「あなたが差し出す1時間を、これだけのお金と交換してあげるよ」です。

何を伝えたいかと言うと時給が高いとか、安いとかではありません。

自分の人生の時間とお金を交換するという「大前提」が怖いということ。

もっと言えば、お金は、自分の人生の時間としか交換できないと思い込んでいる…あるいは、そう思い込まされている。

その「大前提」にあります。

じゃあ、お金って何と交換するものなんでしょうか?

労働ではありません。人生を切り売りする時間でもありません。

お金と交換するもの。それは、「価値」です。

「あなたの持っている価値と、お金を交換する」

ここに着目してください。

そうすると、自分の持っている価値って何だろう?ってなります。そして、自然と、「価値を創造」します。「その創造した価値をお金と交換する」

実に、シンプルです。

しかし、多くの人は、「お金と交換できる価値なんて、自分にはないよ…」そう想っているから、「お金と交換できる価値が、いつまで経っても自分の中で創造されない」という現実が続きます。

その結果、生活のために、食べて行くためにに、労働する。時間を切り売りする。それが、お金を得るという当たり前の手段になる。その他は、考えれれない。考えられたとしても、自分の世界の話ではない。だから、お金を得るために、いつまでも働かされる人生になります。

「お金は汗水垂らして、働いて得るものだ…」そう言っている人のほとんどが、全く楽しそうじゃない。

その時間は、自分を封印して、目を閉じて、やり過ごしていると思います。

この世界のキャンバスは、「白紙」です。真っ新で、真っ白なんです。ということは、何でも「アリ」ってことです。

だったら、まず、お金と働き方の概念を変えることです。

「お金は、労働の対価としてもらえるもの」

「お金は、自分の時間と交換してもらえるもの」

この「時給」という発想をやめるんです。

この時給という発想の裏側には

「自分には、お金と交換できる価値がないので…」

という本音が隠されています。だって、お金と交換できる価値が自分にある人は、そんな働き方しませんよね。だから、問答無用で葬り去ってください。

そして、今度は、「自分の持っている価値と、お金を交換する」と、決めてください。とにかく、決めてください。そんなものなくても、とにかく、決めるんです。

かなり重要な事です。

そうしたら、人生の方から動き出してくれます。それが、神様でも宇宙でも、指導霊でも守護霊でも、天使でも、精霊でも、ハイヤーセルフでも、何でもいいです。

そういう存在を信じられないなら、脳科学でも量子力学でも心理学でも何でもいいです。まずは、人生の方から動き出してくれることを信じてみてください。

とにかく、「自分の持っている価値と、お金を交換する」と、決めてください。

あなたには、お金と交換できる価値が眠っています。目覚めることを、創造されることを、ワクワクしながら、待っています。

これを念頭に働いてみてください。きっと毎日が楽しくなります。

ブログを読んでいただき、心からありがとうございます。

このご縁を、大切に育めて行けたら光栄です。

「世の中が教えてくれた成功よりも、あなただけの豊かさを。」

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

3