うずうずしてる夢のある若者へ

プロフィールにも書いてありますが僕はヒッチハイカーなので今回はヒッチハイクについて語っていこうと思います。
22歳の夏にバイト先に長期休みをもらい日本縦断したのがデビュー戦です。
その時は札幌の石山通りから初め、無事に沖縄に着く事が出来ました。
何故ヒッチハイクをしたのかというと、単なる興味本位です。友人がヒッチハイクで東京に行った話を聞き、楽しそうという純粋な気持ちからすぐにバイト先に長期の休みをとる事を伝え実行しました。

 初めてのヒッチハイクで乗せてくれたのは同世代ぐらいの数人の若者、「方向違うけどラーメン食う?」と誘われラーメン屋へ。
それが日本縦断の始まりでした。
当たり前ですがヒッチハイクで日本縦断なんてすると普段経験するはずの無い事で溢れています。

福島のバス停で寝ていたら職質を受け、ヒッチハイクで福島まで来た事を話すと偉く感動され、公僕である警察から1000円を貰ったり。
僕と同じ歳の頃には会社を起こして2億の借金を抱えて何度も自殺を考えたという社長さんに乗せてもらったり、、沖縄で酒を飲んで呂律の回っていない運転手に乗せてもらったり、、、
乗せてもらった車に携帯電話を忘れ大迷惑をかけて猛省したり(これは僕が愚か者なだけですが)
青森の道の駅で出会った、自転車で本州一周していた大阪の女性とは未だに連絡をとっています。

就職して保育士として働いている今現在も定期的にヒッチハイクしています、同じ職場で同じ人と話していると思考パターンに変化が無いのでつまらないのです。
この間の札幌から登別の旅で乗せてくれた、元指定暴力団山口組の組員で全国ニュースにも出た犯罪を犯したAさんとの出会いは強烈なものでした。こんなにも明るい前科者がいるのか?と笑
怖さより興味本位が勝っていましたね。誰もがした事の無いこの経験はプラスに転換出来ると思います。
良い人ではありましたからね(表面しか知らないのでわかりませんが)

ヒッチハイクしてる時はワクワクが止まらなかった、僕みたいな大きな夢を持っていて現状に満足出来ずイライラしてる人間には是非ヒッチハイクをおすすめします、普段会う事の無い人の話を聞いたら見聞が広がる事間違いないですよ(゚∀゚)
さあ、これを読んでいる貴方もヒッチハイクで何処かへ行ってみては?
日本国内であれば女性でも危険は少ないと個人的には思います、怖いなら複数人で行ってみると良いかも(^ ^)
夢ある若者よ、動け。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
8
木下こうゆうです^ - ^保育士、ヒッチハイカー、フリーハガー、ミニマリスト、政治家を本気で志している26歳男性