フラン子
サタンの祝日 Satanic Holidays

サタンの祝日 Satanic Holidays

フラン子

https://www.joyofsatan.org/www.angelfire.com/empire/serpentis666/HOLIDAYS.html

サタンの祝日
Satanic Holidays

画像1


注:ここに掲載されている日付は、北半球の人々のためのものです。オーストラリア、南アフリカ、赤道以南にお住まいの方は、こちらをクリックしてください。


サタンの祝日は、自然のサイクルに基づいています。いわゆる「サタニズム」とは、人類のオリジナルの宗教です。下記の祝日は、キリスト教に先立つこと数百年から数千年前のものです。キリスト教会はすべての人を殺すことができなかったので、できるだけ多くの人を改宗させようと、元々の異教徒の祝日を取り出してキリスト教化しました。

これらの特別な日の背景には、惑星とアストラル界が特定の方法で整列しているために、特定の作業が非常に強化され、他の時期に開始した場合には不可能なほどの特別なパワーが与えられるという真実があります。昔のCovens(魔女の集会)は、満月のサイクルや下記の特別な日に定期的に集まっていました。これらの時期は、惑星やアストラルのエネルギーが非常に強力だったからです。霊的な知識と力を組織的に強制的に奪うために、キリスト教会はこれらの祝日を盗み、架空のナンセンスなものに置き換えました。ほとんどのものには真と偽がありますが、キリスト教の明らかな嘘は、その汚いプログラムのすべてが元の宗教から盗まれ、精神的なものが何も残っていない偽者の人物、場所、儀式に置き換えられているという点にあります。もう一つの例は、原理主義者のクリスチャンが、ユールの季節と冬至に行われる最後の異教徒・サタンの習慣を破壊するために、サンタクロースやユールツリーなど、ユールの本当の起源を明らかにする証拠を取り除き、ナザレ人やその他の人たちだけに置き換えようとしていることです。より詳しい情報や調査については,google.comなどのインターネット検索エンジンでエホバの証人と入力し,「異教徒の祝日」を追加してください。これに関する情報は膨大で,これらの祝日がキリスト教とは何の関係もないことを疑う余地もなく証明しています。

架空のナザレンは、クリスマスとは何の関係もありません。クリスマスは冬至とユールの季節、一年で最も短い日と重なります。12月25日はペルシャの神ミスラの誕生日であり、ローマの祝日であるサトゥルナリウスの誕生日でもあります。ツリーや飾り付け、お菓子作り、プレゼント、お祝いなどは、ナザレとは全く関係ありません。これらは元々の異教徒の祝い事から引き継がれたものです。ユールツリーは人間の魂を象徴しています。幹は背骨を表し、枝は144,000本のナディ(vril/witchpower/chiの通路)を表し、ライトはサタンの蛇のエネルギーで照らされたナディを象徴しています。木のてっぺんの星は、復活したサタンの蛇を象徴しています。

「イースター (Easter)」はアスタロトからの盗用です。元々は 「アシュタル(Ashtar) 」と呼ばれていました。この祝日は、昼と夜の長さが同じになる春分の日と重なります。アングロサクソンでは 「Eastre」と呼ばれていました。豊穣の女神として、ウサギや卵と関連付けられていました。キリスト教徒がこの祝日を盗み、その意味を捻じ曲げてしまったのです。他の名前は以下の通りです。Easter、Eastre、Eos、Eostre、Ester、Estrus、(Estrusは動物が発情する時期)Oestrus、Oistros、Ostaraなどです。また、「神の子羊」は、毎年春に訪れる牡羊座から盗まれたものです。

「諸聖人の祝日」は「ハロウィン/サムハイン」に対応しています。

「聖母被昇天の日」は「夏至」の「収穫祭」と重なります。詳しくは新約聖書とキリスト教キリスト教を暴くをご覧ください。

ユール/冬至
12月22日〜23日

夏至は12月21日から22日に始まりますが、23日は父にとって特別なパーソナルデーとなります。太陽は、サタンを表す山羊座に入ります。12月22日の夜から23日の前夜にかけては、1年で最も高いサタンの聖夜となります。(これは、彼が個人的に口述したことです。) 一年で一番長い夜の翌日です。年が明けると日が長くなるので、再び私たちは始まりを楽しみにしています。この日は、サタン卿への献身的なお祝いの時期です。贅沢をしたり、家を飾ったり、家族でお祝いをしたり、集まったりします。12月22日の夜は、サタンに捧げるために過ごすべきです。一年の計画を立てるのに適した時期です。もし個人的な決意をしたいのであれば、この時期にするのが良いでしょう。

儀式の最高潮に達したとき、個人的な決意を紙に書いて燃やすことができます。父サタンは、私たちが自分の決意を貫く力を持つように、いつも助けてくれます。儀式の後には、盛大な祝賀が行われます。

サタニストにとってのユール祭は、人生の物理的・物質的な側面に耽溺し、喜びを感じる時です。実際、クリスマスツリーやリースは異教徒のものですから、プレゼントを贈ったり、お菓子を作ったり、飾り付けをしたりして、家族と一緒にこの祝日を祝わない理由はありません。これこそが真のユールの季節であり、あの薄汚い価値のないナザレではないのです。

詳しい情報へのリンク :
バールベリトとユール

インボルク/キャンドルマス/火の饗宴
2月上旬
(発音「Im-bulk」)

ベルタンの前夜祭
4月30日

夏至
6月23日〜24日

収穫祭/ルグナサート
8月1日

工事中 [Joy of Satan Ministriesは、これらの祝日の本当の意味について調査しています。] ニューエイジの異教徒向けの本や資料は、これらの祝日のほとんどについて、その背後にある真の精神的基盤を完全に見落としています。残りの日付については、正確な情報が入り次第、更新します。これらの日付はすべて、1年の中で強力な精神的なポイントであり、それに伴って行われる祝宴やパーティーのことでもあります。

サムハイン/アローマス/ハロウィン
10月31日

春分の日
3月21日〜23日(太陽は牡羊座に0度であるべき)
この時期は、サタンの時間帯である午前3時に開始される「マグナム・オーパス」などの大作を開始する時期です。

秋分の日
9月21日〜23日(太陽、天秤座へ0度 )
秋分の日は、物事を始めるのに適した時期です。物事を実行に移すための儀式を行います。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
フラン子
Joy of Satanを翻訳しています。