宇宙の果てまで

ちなみに「光年」とは、
光が一年間に進む距離のこと。
つまり、一光年は
光が一年かかって進む距離のこと。
㎞で計算すると、約9兆4600億㎞。

ちなみにちなみに
約9兆4600億㎞ってのは、
車で時速60㎞/hで
ずっと走ったとして、
1576億年かかるって距離。
一光年がね。
新幹線300㎞/hで走り続けても、
315億年。
ちょっと行ってきます
って距離じゃないですねぇ~www

で、太陽系が属している
銀河系の直系が、10万光年。
この10万光年の中には、
太陽みたいに燃えている星が、
観測上最大で約4000億個あって、
それぞれの太陽が、
太陽系の太陽みたく
惑星を回りに
従えている可能性がある。

で、今観測できる
宇宙空間にある銀河系がやっぱり、
数千億個あって、当然それも
太陽みたいな星の
集合で構成されており、
それぞれの太陽には、
惑星が伴っている可能性が高い。
なぜ、「今」観測できる宇宙空間
と書いたかというと、
現在の科学では、
宇宙の今見えている
一番遠いところは
137億光年までで
それ以上先は
見ることができないから。
その数千億ある銀河は、
それぞれものすごい速度で
移動していて、
科学的には
137億光年より外にある銀河は
光よりも速い速度で
移動している銀河も
あると言われている。
当然、137億光年内にいる銀河も、
ものすごい速度で移動している。
銀河はたまに
ぶつかったりもする。
壮大な話を続けておいて、
いきなり、ミニマムな話だけど、
地球の自転速度
(地球が一回転するスピード)
は、約1666km/h。
音速を超えてますな。
ちなみに
マッハ1(音の速さ)は
1200㎞/h。
で、地球は太陽の周りを
一年かけて
回っているわけだけど、
その速度は約10万km/h。
日本が誇る
探査人口衛星はやぶさは、
10万km/hもの速度で
ぶっ飛んでいる地球に、
うまいこと降りてきたって事。

ところで、スターウォーズとか、
惑星から惑星に
スイスイ移動しているのだけど、
人が住める環境の惑星が
存在しうる可能性のある
恒星(太陽)って、
そんな近場に
ころころあるわきゃ
無いだろうなぁ~とか。
たとえば地球を含む
太陽系に一番近い恒星は、
ケンタウルス座の
アルファー星だけど、
その距離4光年。
惑星があるかどうかは
わからないけど、
有ったとしても、
その恒星は三連星で、
太陽が三つもある星系なので、
人の住める星が
あるかどうかは、微妙。
惑星があると
最初に観想された恒星は
なんと名前がなくて
「PSR B1257+12」と
呼ばれている。
距離は980光年。
その次に見つかったのが
「ペガスス座51番星」。
距離は50光年。
発見されている惑星で
地球に一番近いのが、
へびつかい座の方向にある
「GJ 1214」で、
それでも40光年。
光の速度で飛んでも
40年かかる場所に、
すいすいと
行けるかねぇ~?(^^;
ま、アインシュタインの
相対性理論が根底から覆るような
画期的な発見があれば、可能かも。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
ただの写真好き。カメラは1万円しない安物のコンデジ。仕事はデザイナーみたいなものを少々。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。