Analyst comments after TESLA 4Q 2021 Earnings

JefferiesのアナリストであるPhilippe Houchois氏は、Teslaの第4四半期は「急速に上昇したコンセンサスを満たしただけ」であるとしながらも、そのフリーキャッシュフローが「見事に打ち勝った」と述べ、同社の営業指標が「依然として例外的で、レガシOEMの脅威となっている」と主張しています。しかし、このレポートは、通話でのイーロン・マスクの存在から増分「恐怖要因」または特定のニュースなしで来て、ベアは2022年に新製品の欠如を疑問に思うだろう、とHouchoisは言った、モデル3とYの十分な成長今年は推定とテスラは2%の世界シェアに達するとサポートするために見ている,クロエ。同氏はテスラ株の買い格付けを維持し、目標株価は1,400ドルとしている。

オッペンハイマーのアナリスト、コリン・ラッシュ氏は、四半期決算を受けて、Teslaの目標株価を1080ドルから1103ドルに引き上げ、アウトパフォームのレーティングを継続している。同アナリストは、テスラが2022年に50%の台数成長を目標とすることを確認しながら、すべての指標でコンセンサスに対してアップサイドを記録したと指摘。テキサス州オースチンのラインから4680個のセルをバッテリーパックに統合していること、オースチンとベルリンの施設の認定が進んでいることを「心強い」と評価している。フルセルフドライビングに関するコメントも引き続き明るいと、ラッシュは付け加えています。同アナリストは、ロードマイルデータの優位性が学習サイクルの加速を可能にすることから、TeslaがFSDにおいて競合他社に対するリードを広げ続けていると考えています。

WedbushのアナリストであるDaniel Ivesは、水曜日にTeslaが2022年までの主要なEV需要の追い風を受けて、軒並み予想を上回る「輝かしい」トップおよびボトムライン業績を達成したと指摘しています。重要な自動車部門の売上総利益率は29.2%に対し30.6%で、チップやサプライチェーンの問題にもかかわらず、中国のギガを中心にテスラがより効率的になっていることが強調されていると、アイブスは付け加えました。チップ不足が依然として自動車業界にとって大きな障害であり、世界的に物流上の問題がある中、この「印象的な業績向上」と組み合わせた納入台数は、テスラにとって2022年に向けて明らかに勢いがあり、非常に堅調に見えるEV需要の軌道を物語っていると、アナリストは主張します。同氏は同社を「アウトパフォーム」とし、目標株価を1,400ドルとしている。

BairdのアナリストBen Kallo氏は、Teslaの目標株価を888ドルから1108ドルに引き上げ、同株式のOutperformレーティングを継続した。同アナリストは、いくつかの逆風や一時的な費用にもかかわらず、TSLAは主に売上高と売上総利益率に牽引されて予想を上回ったと指摘している。Kallo氏は、カンファレンスコールでは、5つの工場での生産能力増強に伴い、同社の規模に対する焦点が強化され、経営陣はまた、いくつかの技術の進歩を強調したと述べた。

クレディ・スイスのアナリスト、ダン・レヴィは、テスラの第4四半期はEPSを上回ったことから、短期的なしこりがマージンの機会によって上回り、供給が台数の伸びを支えているとポジティブに見ています。同アナリストは、2022年に新製品よりも供給拡大を優先させることに同意していますが、モデル2が重要であることに変わりはないと見ています。マージンの強さは継続し、長期的な機会もある、とレヴィは指摘する。アナリストはまた、テスラがFSDを優先すると繰り返し述べたことを指摘し、そのタイミングは野心的と見ているが、自動車以外の試みによって株価が上昇することを再確認している。Levy氏は中立とし、目標株価を1,025ドルとしている。

モルガン・スタンレーのアナリスト、アダム・ジョナス氏は、テスラの第4四半期のハードルは、同社の「爆発的」な納入台数を受けて高く設定され、テスラは「利益のハードルをほぼ満たし、キャッシュフローのハードルを上回った」と述べた。テスラは「すでに世界で最も収益性の高い大手自動車会社であったが、現在は世界で最もキャッシュフローを生み出す自動車会社として台頭している(ポンド単位)」と、新工場と新しい製造技術に基づいて製造コストがさらにギャップダウンする位置にある可能性があると、ジョナス氏は第4四半期の総括メモで投資家に語っています。同氏はテスラ株を「オーバーウェイト」、目標株価1,300ドルとしている。

BofAのアナリスト、ジョン・マーフィー氏は、テスラの第4四半期の業績は「堅実」だったにもかかわらず、株価は「すでに完璧に値付けられている」のではないか、四半期報告書は「おそらく大きな期待には十分ではない」と懸念しているという。第4四半期の業績そのものよりも注目すべきは、テスラの2022年以降の見通しで、「比較的曖昧」で、特に製品周りでは「著しく欠けている」とマーフィーは指摘する。マーフィー氏は、テスラ株の目標株価を1,300ドルとし、中立のレーティングを継続した。

ウェルズ・ファーゴのアナリスト、コリン・ランガン氏は、四半期決算を受けて、テスラの目標株価を860ドルから910ドルに引き上げ、イコールウェイトのレーティングを継続した。アナリストは、テスラの第4四半期のEPSが2.54ドルで、自動車の粗利率に牽引され、コンセンサスの2.36ドルを上回ったと指摘しています。最も注目すべきは、イーロン・マスクCEOが、レベル4完全自動運転を年末までに展開すると予想していることです。Langanは、特にLiDARなしで、Teslaがこの非常に短い時間枠でレベル4の自律性を提供することに懐疑的なままである。同アナリストは、新製品の遅れについても慎重な見方をしています。

シティのアナリスト、イタイ・ミカエリはテスラの目標株価を262ドルから313ドルに引き上げ、株価は「売り」を継続した。ミケリ氏はリサーチノートの中で、同社は前四半期比の増分粗利率が第3四半期の44%、第2四半期の50%から30%に緩和され、「爆発には至らないものの、好調な第4四半期」を報告したと投資家に伝えている。アナリストは、2022年の生産と営業レバレッジについて肯定的なコメントがある一方で、「一見するとあまり強くない」新製品発表の更新により、見通しは「まちまち」であると述べています。

テスラの株価は昨夜の第4四半期決算を受けて横ばいですが、株価はほんの数週間前より20%下がっていると、Piper Sandlerのアナリスト、Alexander Potterはリサーチノートで投資家に伝えています。このアナリストは、テスラは依然として彼のお気に入りのアイデアであると言い、今回の結果は "我々の熱意を冷ますものではありませんでしたが、四半期は完全に完璧ではありませんでした。"と付け加えました。サプライチェーンの逆風が物流コストを押し上げる一方で、新製品投入には慎重なアプローチを余儀なくされていると、ポッターは指摘します。ポッターは、これらがテスラ株へのエントリーポイントになると考え、テスラの目標株価を1,300ドルとし、オーバーウエイトのレーティングを維持しています。

バークレイズのアナリスト、ブライアン・ジョンソン氏は、昨夜の決算を受けて、テスラのアンダーウエイトのレーティングと325ドルの目標株価を維持しています。製品パイプラインについて語る中で、イーロン・マスク氏はロードスターや2万5000ドルを切るモデル2といった未来の車から、ロボットタクシーや人型ロボットへと軸足を移したと、ジョンソン氏はリサーチノートの中で投資家に語っている。ジョンソン氏は、ロボットタクシーがテスラに対する強気派の「青空」バリュエーションに欠かせない存在であると認識する一方で、"物理的な製品パイプラインがないこと "を懸念しています。

JPモルガンのアナリスト、ライアン・ブリンクマン氏は、テスラの目標株価を295ドルから325ドルに引き上げ、アンダーウエイトのレーティングを維持している。ブリンクマン氏はリサーチノートの中で、テスラの第4四半期決算は予想を上回り、売上高、マージン、フリーキャッシュフローがコンセンサスを上回ったことを特徴とし、投資家に伝えている。しかし、同社は2022年に新型車を発売する予定はないと述べた。「大手や新興の自動車メーカーがバッテリー式電気自動車の新型車を数多く計画しているにもかかわらず」と、アナリストは付け加えている。これは、当初2020年に発売が予定されていたロードスターとセミ、そして2021年に発売が予定されていたサイバートラックが、少なくとも2023年まで延期されることを示唆していると指摘している。

Jefferies analyst Philippe Houchois said Tesla's Q4 "only met a fast rising consensus," but also noted that its free cash flow "beat handsomely" and argues that the company's operating metrics "remain exceptional and a threat to legacy OEMs." However, the report came without an incremental "scare factor" or specific news from Elon Musk's presence on the call and bears will question the lack of new products in 2022, said Houchois, who sees sufficient growth in the Model 3 and Y this year to support estimates and Tesla reaching 2% global share. He maintains a Buy rating on Tesla shares with a $1,400 price target.

Oppenheimer analyst Colin Rusch raised the firm's price target on Tesla to $1,103 from $1,080 and keeps an Outperform rating on the shares following quarterly results. The analyst notes Tesla posted upside to consensus across metrics, while confirming its targeted 50% unit growth in 2022. He is "encouraged" that the company is integrating 4680 cells off its Austin, TX line into battery packs and that qualification of its Austin and Berlin facilities are progressing. Commentary around Full-Self Driving remained upbeat, Rusch adds. The analyst believes Tesla continues to extend its lead versus competition on FSD given road mile data advantages enabling accelerated learning cycles.

Wedbush analyst Daniel Ives notes that on Wednesday, Tesla delivered "stellar" top and bottom-line results which beat expectations across the board with major EV demand tailwinds into 2022. The all-important Automotive gross margins were 30.6% versus the Street's 29.2%, highlighting more efficiency Tesla is seeing with Giga in China front and center despite the chip/supply chain issues, Ives adds. With the chip shortage still a major overhang on the auto space and logistical issues globally, the delivery numbers combined with this "impressive earnings beat" speaks to an EV demand trajectory that looks quite robust for Tesla with clear momentum heading into 2022, the analyst argues. He has an Outperform rating and a price target of $1,400 on the shares.

Baird analyst Ben Kallo raised the firm's price target on Tesla to $1108 from $888 and keeps an Outperform rating on the shares. The analyst noted that despite several headwinds and one-time charges, TSLA beat estimates driven largely by a revenue and gross margin. Kallo said the conference call reinforced the company's focus on scale as it ramps incremental capacity at its five factories and management also highlighted several technology advancements.

Credit Suisse analyst Dan Levy views Tesla Q4 as positive given the EPS beat, with near-term lumpiness outweighed by margin opportunity and supply ramp supporting volume growth. The analyst agrees on prioritizing supply ramp over new product in 2022, though still sees Model 2 as critical. Margin strength continues, long-term opportunity as well, Levy points out. The analyst also points out that Tesla reiterated FSD as priority, with him seeing timing as ambitious, but reaffirms upside for stock defined by non-auto endeavors. Levy has a Neutral rating and a price target of $1,025 on the shares.

Morgan Stanley analyst Adam Jonas said the Q4 bar was set high for Tesla following the company's "blow-out" preliminary delivery numbers and that Tesla "largely met the profit bar and exceeded the cash flow bar." Tesla was "already the most profitable major auto company in the world, but is now emerging as the most cash flow generative auto company in the world (pound for pound)" as production costs may be in position to gap down further based on new plants and new manufacturing techniques, Jonas tells investors in a Q4 recap note. He has an Overweight rating and $1,300 price target on Tesla shares.

BofA analyst John Murphy said despite Tesla's "solid" Q4 performance, he is concerned that the stock may "already be priced to perfection" and that the quarterly report was "perhaps not good enough for great expectations." More noteworthy than the Q4 results themselves was Tesla's outlook for 2022-plus, which was "relatively vague" and "notably lacking," especially around product, said Murphy. He reiterates a Neutral rating with a price target of $1,300 on Tesla shares.

Wells Fargo analyst Colin Langan raised the firm's price target on Tesla to $910 from $860 and keeps an Equal Weight rating on the shares following quarterly results. The analyst notes Tesla Q4 EPS of $2.54 beat consensus of $2.36, driven by auto gross margins. Most notably, CEO Elon Musk expects Level 4 Full-Self Driving to roll out by year-end. Langan remains skeptical of Tesla delivering Level 4 autonomy in this very short timeframe, particularly without LiDAR. The analyst is also cautious on the new product delays.

Citi analyst Itay Michaeli raised the firm's price target on Tesla to $313 from $262 and keeps a Sell rating on the shares. The company reported a "strong Q4 though short of a blowout" with the quarter-over-quarter incremental gross margin easing to 30% from 44% in Q3 and 50% in Q2, Michaeli tells investors in a research note. The analyst says the outlook was "mixed" with positive commentary on 2022 production and operating leverage but a "seemingly less robust" new product launch update.

Tesla shares are flattish following last night's Q4 results, but the stock is 20% lower than it was just a few weeks ago, Piper Sandler analyst Alexander Potter tells investors in a research note. The analyst says Tesla remains his favorite idea, adding the results "did nothing to dent our enthusiasm - but the quarter wasn't completely flawless." Supply chain headwinds are inflating logistics costs while forcing a measured approach to new product introductions, notes Potter. He believes these are providing an entry point into the stock and keeps an Overweight rating on Tesla with a $1,300 price target.

Barclays analyst Brian Johnson keeps an Underweight rating on Tesla with a $325 price target following last night's results. In talking about the product pipeline, Elon Musk pivoted from future vehicles like the Roadster or the less than $25,000 Model 2 to robotaxis and humanoid robots, Johnson tells investors in a research note. While Johnson recognizes that robotaxis are a crucial part of the bulls' "blue sky" valuations for Tesla, he's concerned "about the lack of a physical product pipeline."

JPMorgan analyst Ryan Brinkman raised the firm's price target on Tesla to $325 from $295 and keeps an Underweight rating on the shares. Tesla reported better than expected Q4 results, featuring stronger than consensus revenue, margin, and free cash flow, Brinkman tells investors in a research note. The company, however, said it does not plan to launch any new models in 2022 "despite a bevy of planned new battery electric models from major and start-up automakers," adds the analyst. He notes that this implies the Roadster and Semi, originally slated for launch in 2020, and the Cybertruck, originally slated for launch in 2021, will be delayed until at least 2023.


サポートよろしくお願いします!いただいたサポートはすべてヒマワリの種に使わせていただくハム🐹今後も継続して良記事を書くので、投げ銭よろしくお願いします! そしてぜひSNS使って本記事の拡散をお願いしますw