自分の価値観を知り、価値観にそって生活できるようになるための自己分析方法
見出し画像

自分の価値観を知り、価値観にそって生活できるようになるための自己分析方法

こんにちは、けんたと申します。

これは、私が考案した自己分析法を紹介するnoteです。
あなたが自分の価値観を知ることで、自信をもって自分らしい人生を歩むことをサポートしたいと思い、このnoteを作りました。

基本的に無料で最後まで自己分析ができます。
最後に有料の箇所がございますが、有料部分を見なくても自己分析は可能です。
自己分析に気に入って頂けましたら、応援や感謝の気持ちを込めて購入してくだされば幸いです。

■1−1 コンセプト

画像11

このnoteは、「自己理解を通じて、自信を持って自分らしく生きる」をコンセプトとしています。

・今まで周りに合わせてきてずっと我慢をしてきたあなたが、自分の価値観を持てるようになる。
・将来に不安を抱えているあなたが、自分の未来を想像できるようになる。

そして、自分らしく生きるために、自信を持って行動できる。
そのような姿になってもらいたいと感じ、このnoteを作りました。

■1−2 自己分析法の特徴

画像11

このnoteで紹介する自己分析は、私が独自に考案し、実際に行った方法です。
特徴は以下の3点です。

①マインドマップを使用して、価値観を可視化できる
価値観があいまいになっている最大の原因は、価値観が目に見える形のものではないからです。
この自己分析では、マインドマップというツールを使って、価値観を可視化できる形で残します。
②一人でもできる、安心設計
私自身、かなり内向的で、人との交流をあまり好みません。
世の中には、グループワークや他者との対話を通じた自己分析法もありますが、私を含め内向的な方は行きたくないでしょう。
そこで、私が考案したこの自己分析は、「一人でできる」を特徴としました。
実際、私自身が一人でこなせたものになっていますので、一人で安心して自己分析できます。
③新たな一歩を踏み出せるヒントが詰まっている
自己分析を終わらせただけで、行動に移さないままだと人生に何も変化は起きません。
人生の変化を起こすための行動のヒントを、このnoteに詰め込みました。

私自身、この自己分析を行った後に、ブログをはじめました。
現在、3ヶ月以上続いており、30記事以上執筆しています。

ブログもよろしければ覗いてみてください。
リンクはこちら⇒https://mirai-blog.com/

今まで私は、何も継続できない人でした。
そんな私がブログをこれだけ継続できるのも、自己分析を丁寧に行ったおかげだと思っています。
このnoteを最後まで見て自己理解をすすめることで、自分の価値観にそった、充実した人生を送っていただければと思います。

ただ、唯一の欠点は、時間がかかることです。
企業等が開発している自己分析ツールは長くても30分程度ですが、この自己分析は自分の過去、日常を振り返るため時間がかかります。
短時間で取り組みたい方には、オススメできません。

他の自己分析を行って、自分のことが深く知れなかった方や、不安を払拭できなかった方のみ、お試しください。

■1−3 あなたがやりたいことを見つけられない理由・将来へ不安を感じる理由

画像12

そもそも、あなたがやりたいことを見つけられなかったり、将来へ不安を感じたりする理由は何でしょうか。

これらの悩みの原因には、ある一つの共通点があります。
それは、「自分に関する情報が不足していること」です。

自分という人物を理解できていないから、やりたいことを見つけられないのです。
自分の未来を描けていないから、将来に不安を感じるのです。

世の中には2タイプの人間がいます。
・自分の情報が不足していても、とりあえずやってみよう精神で今を生きられる人。
・自分の情報が不足していたら、不安を感じて、行動ができなくなってしまう人。
このnoteにご興味のあるあなたは、ほぼ確実に後者です。

だからこそ、自分という人物を明らかにする必要があるのです。
このnoteでは、あなた自身の情報不足を解消するお手伝いをさせていただきます。

■1−4 自己分析の注意点:ありのままを受け入れよう

画像13

自己分析をおこなう際に注意点があります。
それは、ありのままを受け入れる、ということです。
つまり、自分の良いところも悪いところも、自分らしさとして認めてあげましょう。

どうすればよいかわからない方は、

・親友に接するみたいに、自分と向き合う
・自分の子供に接するみたいに、自分と向き合う

といったイメージで自分と接してみてください。

自己分析をする上で、ありのままを受け入れることは重要です。
「周りの人が言っているから、私もこうなりたい」だと、それは自分らしさではありません。
「自分は短所しかなく、長所はない」と決めつけることも、自分らしさを見えなくしてしまいます。
これから行う自己分析では、なるべく自分のありのままを受け入れるようにしましょう。

■2−1 マインドマップのインストール方法

画像14

それでは、実際に自己分析を始めていきましょう。

このnoteでは、自己分析にマインドマップというツールを用います。
まず初めに、マインドマップのインストール方法について解説します。

パソコン推奨ですが、スマホでも可能です。
紙にマインドマップを書いていくことも可能ですが、修正や加筆に手間がかかるため、あまりおすすめできません。

おすすめするマインドマップソフトはXMindです。
パソコン、スマホどちらでもインストール可能です。

以下のリンク先から、インストールしてください。

■パソコン版インストールはこちら
■Android版インストールはこちら
■iPhone版インストールはこちら

XMindの特徴
・無料で基本的なことはすべて使える
・無料でpngファイルにエクスポート可能
・会員登録無しで開始できる
・アプリ形式のため、複数のデバイスで共有しながら操作できない

その他にも、マインドマップのソフトはありますので、Xmindが合わなければ、自分にあったものを使用してみてください。

■2−2 マインドマップの書き方1

画像15

それでは、マインドマップの書き方について解説を始めます。

中心は何を書いても良いですが、テーマ名を書きましょう。
私は、自分の名前を書いています。
次に、中心の周りに、自己分析のための項目を書いていきます。

具体的な項目は、以下のとおりです。画像も載せていますので、そちらもご参照ください。

・性格
・4つの価値観
・未来
・組み合わせ
・日常
・過去

画像はこちらです。

画像1

この下に各項目に関連した内容を書いていくことになります。
日常や過去の思い出し作業はコツコツやっていきましょう。

■2−3 マインドマップの書き方2:日常、過去

画像16

次に、マインドマップの項目「日常、過去」の書き方について解説します。

・2−3−1 マインドマップの書き方

①行動やイベントを書き出す

「日常」については、現時点における朝、昼、夜、外出時の行動や今興味のあることをすべて列挙していきましょう。

画像2


「過去」については、幼少期から現在に至るまで、善悪を問わず、人生で起こった大きなイベントをなるべく列挙しましょう。
私の場合だと、以下の項目について書き出しました。

画像3


②行動やイベントから感じたもの・得られたものを書く

次に、①で書いた経験、行動から以下のことを考えて、マインドマップに書いていきましょう。

・日常の行動から大切にしている価値観
・過去のイベントでどのような感情を持ったか、その感情を抱いた理由
・そのイベントから得られた学び、あなたが大事にしていること
・そのイベントからあなたは何を好きと感じ、何を嫌いと感じたか

私の朝の行動を例にすると、以下のとおりです。
同様に、日常と過去の行動に対してすべて書いていきましょう。

画像4


・2−3−2 マインドマップを書くコツ

すべてを書ききるには、時間を要すると思われます。
コツは、思いついたらすぐにメモをするということです。

仕事中など、マインドマップをかけない時間帯もあるかと思います。
せっかくあなたの価値観や記憶を思い出しても、メモしなければすぐに忘れてしまいます。

そうすると、いつまで経ってもマインドマップを完成させることが出来ず、モチベーションが下がってしまいます。
コツコツとメモをしていくように心がけましょう。

■2−4 マインドマップの書き方3:価値観、性格

画像17

次に、マインドマップの項目「4つの価値観、性格」の書き方について解説します。
2−3で過去や日常を振り返るうちに得られた価値観、性格をこちらの項目に整理していきます。

・2−4−1 マインドマップの書き方

①4つの価値観

以下の4つの観点から分類してください。
この4つの観点は、人生を充実させる上でとても重要な価値観となっています。
過去や現在の行動から、4つの価値観について今どのように考えているか、書き出してみましょう。

・お金
・時間
・健康
・人間関係

画像5


②性格

以下の3つの観点から分類してください。2-3を参考にして長所と短所を整理していきましょう。

・長所
・短所
・長所と短所に分けられないもの

画像6


・2−4−2 長所がない…と思われている方へ

無理に長所を見つけないといけないわけではありませんが、長所を見つけるコツをひとつ紹介します。

それは、短所の裏返しは長所の可能性があるということです。

例えば、会話のコミュニケーションが苦手な場合。
あなたは、書くことなら苦手ではないかもしれません。
会話が苦手でも、プレゼンテーションのような一方的な話し方なら得意かもしれません。

このように、苦手なことから考えていくと、あなたの苦手ではないことや得意なことがわかります。

心理学の難しい用語でいうと、この解釈の転換を「リフレーミング」といったりします。
インターネットにリフレーミングの例が掲載されていますので、よければそちらも参照してください。

■3−1 自己分析結果を充実した人生に活かす

画像18

これで、マインドマップの作成、自己分析は終了です。
しかし、一度作成したら完成、というわけではありません。
価値観は時間が経つと変わることもあります。
価値観や性格について何か新しく思い出したら、随時マインドマップに追記していきましょう。

さて、ここからは自己分析結果をもとに、実際に行動していきましょう。
実際に書き出した価値観や長所を活かして、自分らしい人生に向かって自信を持って行動できるようになりましょう。

自分らしい人生の変化は以下の順番で起こしていきましょう。

プライベートや趣味を変化させる(3−2
「自分らしさ」をもとに未来を描く(
3−3
描いた未来にそった行動計画を立てる(
3−4

以降は、上記の流れの順に解説していきます。

そして、ここから先は有料です。
ここまで実際に自己分析をされた方はお疲れさまでした。
時間がかかったかと思いますが、自分の今の価値観や性格を整理できたことは貴重な経験だと思います。

ここから先は、以下の2つの内容が含まれています。

①残りの項目「組み合わせ」、「未来」の書き方について説明します。
②特典として「新しい価値観の手に入れ方」について、私の最もオススメする方法を最後に加えています。

最初に述べたように、無料部分のみで自己分析可能であり、この先はオプションとなっています。
応援や感謝の意味合いを込めて、この先を覗いていただければ、大変幸いです。
今後とも、noteやブログにてよろしくお願いいたします。

ブログのリンク⇒https://mirai-blog.com/

■3−2 プライベートや趣味を変化させよう

画像19

この続きをみるには

この続き: 2,514文字 / 画像5枚

自分の価値観を知り、価値観にそって生活できるようになるための自己分析方法

けんた@発達障がい者(ASD)の日常note

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
スキをありがとうございました(*^^*)
自閉症スペクトラム障がい(ASD)と診断されています。発達障がいでも自分らしく生きようと思い、好きなことにチャレンジ中!その過程を記事にします。今はFP3級の学習、スマホカメラでの撮影・画像編集、発達障がいに関する記事を書いています。Twitter:@kentyan_1992