Keith.wの夜の手法(インジケーターを理解する)

こんにちは。

keith.wです。

 本来は第三部の資金管理編を、先に出す予定でした。

 でも、いま俺が使用しているインジケーターについて知りたいと声が多かったのでこれを先に出します。

 巷には有料・無料のEA、Bot、インジケーター、シグナル。

 様々な商品が溢れてますね。誰もが完璧なシステムを求めて、高額な商品を購入します。勝てるものもあれば、勝てないものもある。それを見極める事はとても難しいものです。俺も何種類かの有料インジを買い、都度、喜んだり悲しんだり。勝てる有料インジケーターはあります。でも高額です。そして、そのインジを使うための知識・資金管理・相場観などが必要になります。

 このnoteは既存のテンプレートで扱える無料インジケーターを利用して、最低限の売買方法を知ろう、が目的です。MT4・MT5、trading viewなどにある既存インジを取り上げて、組み上げ方、実戦での使用方法を書いていきます。よろしくお願いします。





1 インジケーターとは

 テクニカル分析に個人投資家が好んで使うのがインジケーターです。

*BTCFX・為替FXなどは中短期売買(1秒から1年)の相場です。このnoteではこのような相場で売買するトレーダーを投資家ではなく、投機家と呼ぶことにします。

 インジケーターには大きくわけて2種類あります。

〇 トレンド系指標

  相場の方向性を判断する為のインジケーター

〇 オシレーター系指標

  相場のトレンドを判断する為のインジケーター

と、ここでは定義します。

中級者・上級者の方はここで?マークを頭に浮かべるかもしれません。

日本では、オシレーターは買い・売りの強弱を見て逆張りするためのもの。これが常識だからだと思います。

BTCFXの分析で、1時間足のストキャスが80%以上だから売りシグナルです、なんて分析を読んだことがないですか? 

 4時間足のMACDがダイバーを起こしたから逆張りだ。

 よくある判断です。それも間違いではないし、でも逆張りでショートのはずが踏み上げをくらった。そんな体験はありませんか?

「インジケーターに完璧はない。トレンドの始まりと終わりを感じるもの」

 これを覚えておいてください。

〇 トレンド系指標(先行指標)

 移動平均線、ボリンジャーバンド、パラボリック、ケルトナーチャネル、ピボット、トレンドライン(抵抗線)、フィボナッチ、平均足、グランビル、エリオット波動、一目均衡表など。

〇 オシレーター系指標(遅行指標)

 MACD、ストキャスティクス、RCI、RSI、OBV、ATR、MOMENTAM、CCIなど。

種類が多数ありますね。どれを選べばいいのか。悩むところです。

多数入れるとこうなりますね。

  偉そうなことを言ってます(-_-;)

  これはこれで売買判断が出来るインジ組み合わせなんですが、、、使いこなすのに時間がかかります。俺のお弟子さんの一人が複数のインジを組み合わせ、売買シグナルを出すようにした物です。勝率は70%ほど。。。

がっつり組んだらこんなのも出来ます。でも、ここまでいるの?

ってなりますよね。そこで、普遍的にみんなに使われていて、意識されやすいインジケーター。これを利用して組み合わせ方、判別方法を書いて行きます。

まず、先行指標のインジケーター。

 これはGMMAを使いたいと思います。

 GMMA(複合型移動平均線)

 この指標は指数平滑移動平均線を青色の短期GMMA(3-15の6本)と赤色の長期GMMA(30-60の6本)に色分けしています。この2つの傾き、束の広がり具合・位置関係からトレンドを判断しようとするもの。専業トレーダーの方もよく使用されてます。

 MACD(遅行指標)

 RSI、ストキャスティクスと並んで有名なオシレータ。トレンド系指標の移動平均線から算出されるオシレータ系指標なので、トレンド系ともオシレーター系とも言える指標です。MACDにはGMMAと同じ指数平滑移動平均線が使われています。ここでは、推奨されるパラメーター12(短期EMA)26(中期EMA)9(シグナル線)と、長期パラメータ(26・56・9)を採用しています。*長期に関してはシグナル線を非表示

上記の図はGBPUSD ポンドドルの日足を採用しています。

つまり、中短期の大きな値幅を取りに行くデイ・スイングトレーダー向けですね。短期の細かい利幅を取りたい方はMACDのパラメーターを自身で調整する必要があると思います。同じMACDでも2つの期間の違うパラメーターを採用することで、

短期パラメーターでトレンドが弱まったことを確認

長期パラメーターでINOUTタイミングの確認

が出来ますね。それによって自身の持つ売り玉・買い玉の利確・損切りラインを設定できると思います。INOUTはGMMAのゴールデンクロス・デッドクロスに従えば良いと思います。

〇 ダイバージェンス

これはMACDだけでなく、RCI/RSI/ストキャスティクス/CCIでも起こります。

*厳密にはCCIにはダイバージェンスはないはずなのですが、あります。

ダイバージェンス・・・簡単に言うと、使える売買シグナルです。

厳密に言うと、高値圏・底値圏で価格とオシレーター系指標の動きが相反することで、トレンドの継続・反転を読み取れる売買シグナルです。

MACDに関していうと、高値圏では価格更新しているが、MACD、MACDのシグナルが価格更新出来ない。横這い・小幅な上昇をしている(高値圏のレンジ帯)。底値圏では価格は底値更新しているがMACD、MACDのシグナルが前回安値を更新できずに横這い、または小幅な下落になっている時のこと。

MACDのダイバージェンスとRSIやストキャスティクスのダイバージェンスとの違い。

 〇 MACDダイバージェンスは利食い・決済をする

 〇 新規ポジション構築を検討できる。

 理由として

 RSIは一定期間の変動幅。

 ストキャスティクスは一定期間の終値の水準。

 では、MACDは?

 期間の違う2本のEMAの乖離率。前回のトレンド発生に対して2本のEMAが乖離していない、いまのトレンドは継続する力が弱いことを示しています。(ダマシになりやすい)

 これが理由ですね。



〇複合型インジケーターを考える。

 ETHUSD 日足

これは、

GMMA(長期・短期)

一目雲(長期・短期)

MACD(短期 シグナルのみ)

CCI(短期)

3TOPZZ(ZIGZAGとシグナル併用したインジケーター)

フィボナッチリトレースメント

の組み合わせです。どれもMT4で使用できるもので、無料で配布されています。長期フィボの底値再更新はなかったものの、中期フィボによる、月足サイズの三尊の右足形成が完了したかな? という感がありますね。CCI・MACDの抵抗帯から考えると11月前半までは大きく上昇。そこで日足長期雲の大きな抵抗帯との勝負になる。もしくは緩やかに下降を続けて月足三尊左足の底値を確認しにいく。シナリオは2つですね。

 ETHUSD 4時間足

 長期GMMAと短期一目雲の状態から、直近底値までは下落が見て取れます。一旦はショートかな?

 XRPUSD 日足 (9月22日更新)

 長期雲に二度の上昇をかけているが、上ヒゲ陽線で実体を雲上に残せていない。前回高値下限による抵抗線に阻まれここを越えるのは出来高的に難しい。ここで逆三尊完成したと考え、赤線まで下落となると俺は思います。


この他にも、RSI、RCI、ストキャスティクス、一目均衡表。

 いろいろな指標と併せた使い方もできます。

 是非、活用してみてください。

 これ以降は、フォロワーさんの命名による

 の本編(有料コーナー)になります。

上から目線で買ってやるわーって方だけお願いします(付録・募金箱的な位置づけです)

 ご興味があれば、購入お願いします(笑)

また、noteを書いていく励みになります。

よければ、よろしくお願いします。

BTCaddress

3LuyBX2chcFQ2gM2uDpvvuJnsAzKZA8ADE

ETHaddress

0xd13cb0bd663cfca9d071bf7fcee81ab90833c5ea

XRPaddress

codo   1022857

address

rw7m3CtVHwGSdhFjV4MyJozmZJv3DYQnsA



この続きをみるには

この続き: 6,690文字 / 画像48枚

Keith.wの夜の手法(インジケーターを理解する)

Keith.w

500円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
217
フォローありがとうございます。 現在、公開しているnote以外の新しい作品は当面のところ、執筆予定がありません。 また、購入頂けないと次作への制作コストも出せません。 FXなどに興味のある方は是非、購入を検討ください。

こちらでもピックアップされています

bot
bot
  • 202本
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。