見出し画像

モチベーションの本質"何のために創るのか"

じぶんひとりで 創り、情報発信していると
つい 評価が気になったり一喜一憂してしまう

そう...
傍から見れば 自分の活動は
2014年全国リリースをピークに
止まってしまっているように見えるだろう

周囲の人から
「新しい作品は未だですか?」
「たのしみにしています」
「ライブはしないんですか?」
様々な叱咤激励のお言葉を受ける

華やかなエンタメシーンと自分を比べ
お世辞にもマネタイズできていない自分を
直視できないくらい恥ずかしく思い
情けなく思い
これ以上先に 進めない状態にまで落ち込んでいた

知名度が全く無いので
大きめの箱でLIVEは実現しない
自分自身の偏差値に非常に悔しい思いが満ち溢れ
変わらない目の前の景色を ただただ眺め
頬に涙が伝う日々を 父親の亡霊が追い越して行った

そこで 我思う
「そんなに華やかで有名になりたいか?」
「マネタイズ(お金を得る)することが目的か?」
「お金を得る為に作品を作りたいか?」
そんなに お金が欲しければ
低賃金で奴隷のように 自分の意図しない音楽を
日がな一日量産する選択肢もある。
卵を産むマシン化した ニワトリのように...

答えは2択
「他者に認められる状況を見せること」:マネタイズしやすいけれど魂が死ぬ
「自分の納得する作品を創ること」:マネタイズは苦戦強いられるが魂は喜ぶ

さぁ...
どうする 自分
刻一刻 命の残数が目減りしている
肉体はいつか滅びる
だからこそ
一刻も早く 地に足つけた ポジショニングの見直しが必要

「ライブ出来ない状況が(正確には財政難で実現困難)止まって見える」
悔しい気持ちは 横に置いておいて...
「止まって見えて上等」
「自分の内面がしっかり動いていれば御の字」
「他人の評価で生きてはいけない」
「他人が何と言おうが 我が道を行こう」

2018年10月25日 満月の夜 答えを出す
「自分の魂が納得する作品を創ること」
いままで 撮りためた 映像と音楽の融合...
そして現在進行形で撮る映像と音楽の融合...

どこで暮らそうが
人に何と言われようが
我が道を行こう...
いまは 星空が綺麗だった山奥暮らしではないけれど...

いま 自分に道具がある
PC:iMac (21.5-inch, Late 2012)
PCストレージ:G-Technology 3TB (Thunderbolt & USB 3.0)
鍵盤楽器①:Nord Stage 2 SW73(73鍵盤)
鍵盤楽器②:Nord Piano(88鍵盤)
一眼レフ(フルサイズ)Canon6D
一眼レフ(APS-C)Canon7Dmark2
一眼レフレンズ:Canon 50mm F1.8
一眼レフレンズ:TAMRON SP 70-300mm F4-5.6
一眼レフレンズ:Canon  EF100mm F2.8Lマクロ IS USM
自然音採取マイク:ZOOM社製ハンディレコーダー H2n
音楽ソフト:Logic Pro X
映像ソフト:Final Cut Pro X
オーディオインターフェイス:ZOOM社製オーディオコンバーター TAC-8
サンプラー:ローランド社製 SP404SX

いま 自分を奮い立たせる映像を
自分自身で 少しずつ撮りためているところ

我が家の 相棒YUKI君...生後7ヶ月で
目に見えるものすべてが 珍しく 
好奇心溢れ 大暴れ
配線コードを見ると すぐ齧ってしまうので
感電事故にならないように
無線化させて行く方向で動いています
ワイアレススピーカー( Bluetooth送受信機をつかって)
各社スペックを調査中

YUKI君との共生環境を整えながら
日々 一歩一歩前進中...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

5
作曲家。映像音楽を手がける傍ら人生実験中。 「広告収入に依存せず 都心に拘らず何処まで本質的モノ作りできるか」https://goo.gl/2h1ys 『ホリケイコ―聴こえ正される、自然の音息』文=松浦達 http://goo.gl/lf2gtT (プロフ写真:遠藤健吾氏)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。