見出し画像

ベボベさんのアルバムC3発売イベントライブに行ってきたよ

2020年2月16日タワーレコード渋谷店、Base Ball Bear アルバムC3発売イベントライブに行ってきたよ。インストアライブみたいなのを想像していたらとても本格的で、ライブとイベントの中間みたいな感じで、ライブ初お披露目曲もあったし、距離も近いし、たくさんトークしてくれたし凄く神イベントでした。すごく大満足。

入り順はくじ引きだったのだけど、早めの番号がいただけたのでこいちゃん側の前から2列目ぐらい、ち近い。今までの一番最高の近さではないだろうか。いやーこれもお得感ハンパなかった。

イベントライブなので制作時エピソードもさんざんインタビューとかで話してるだろうに、まだ出してないのをひねりだしてくれたり(笑)

こいちゃんが、これから対バンライブが控えてるから打ち合わせしたのだけど「他のバンドはこうやってるのか~みたいな話が聞けて、やっぱり人と話すってのはいいですね」ってしみじみしてたら、関根さんが「こいちゃんがこんなことを言うようになるとはねぇ」ってしみじみしてるとこがめっちゃおもしろかった(笑)

2曲くらいやってトーク、みたいなゆるりとした流れもなんか好きだった。広いライブ会場ではそうもいかないだろうから、今日だけの特別感があってよかったのですよ。1時間くらいのミニライブなんですけどちゃんとアンコールもあって、観に行って本当に良かった。ベボベさんはやっぱりライブが大変よろしいです、はい。

3ピースバンドになってからこの数年間、ずっとじわじわと良くなって、このアルバムでさらにぐっと良くなったなと思います。余計なものがそぎ落されて良いものだけが残っていく砂金採りみたいな。しかもご本人たちも言ってましたが「これからも良くなっていくぞ」的な気持ちがちゃんと3人から発せられてて、見ているこっちは未来も感じられるんですよね。変わって行くことが「怖い」と思う人も多いと思うんですけど、変わって行くことが「楽しみ」にさせてくれてる。ベボベさんは偉いなあって思います。だから良いファンの方がちゃんと長くついてくれてるんだろうなあ。続けるって本当に大変なことだもの。

このアルバムのCDをスピーカーで最初聴いた時、「うお!めっちゃいい音!!」て思いました。いまや音楽はサブスク・配信ですーぐ聴けちゃうので音楽がなんか消耗品みたいに扱われてる気がするけども、やっぱCDでスピーカーで聴かないとあの深みのある音は聴けないと思うので、CDの価値はそこにあって、CDを出す意味は今後もずっとあるんだと思います。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

(^_^)/
1
考えたこと思ったこと書き残したいものを書いていきます。 ヒャダイン大好き。水曜どうでしょうも久保みねヒャダも好き。超特急も吉野晃一も福田佑亮も応援します。ベボベもバカリさんも好き。好きなものたくさんでいい人生。 過去編https://ameblo.jp/keichang85