学芸の森人集ラボの準備会が始まりました

令和2年度に学芸の森環境機構が廃止されるため、それまでの活動の継承を目的に新たなラボが「Explaygroud」に設置されることになりました。2月の準備会(2月12日開催)の報告をいたします。討議し、ラボの正式名称は、「学芸の森人集ラボ(がくげいのもりびと・つどう・ラボ)ー小金井の庭ー」と決定しました。以下に議事内容をご紹介します。

今後の実施計画を検討:参加者>日向、渡邊、小森、森山、高坂

1)要確認事項

〇学芸の森環境機構での活動との違いなど活動の整理が必要

<いままで環境機構で実施してきた活動内容からの検討項目>
*環境報告書
*万葉池のかいぼり
*プレイパークとの連携
*ハザードマップ
*学内植栽の計画との関わり(正門花壇)
*地域、学内のボランティアなど(育成、管理、計画)
*附属幼稚園、小中学校との連携

<機構への次への継承>
*これまでの学芸の森の学習
*各ボランティアの要望

2)これからの活動予定

〇3,4月まで準備会を月次で実施し、5月連休明けには、キックオフミーティングを実施する
当面、検討する事項を次回より、提案していく

<提案例>*活動資金の集め方*ボランティア組織づくりの方法検討等

画像1


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。