味噌作り

音楽家の為のボディチューニングサロンValanced Tone Lab代表の大政です。

安定したパフォーマンスを継続できる身体にするためには、「食」は欠かせないファクター。

なので、日頃から醤油麹や塩麹、糠漬けをあえて自作して発酵生活を楽しんでいるんだけど、なかなか手を出せなかったのが手前味噌。

なぜか勝手に敷居が高いもの、というか、めんどくさいものだと思い込んでまして、、、

でも、せっかく2月で味噌仕込みにはうってつけの季節だし、発酵生活してますとか言っといて味噌も作ったことがないなんてイカンだろと思って重い腰を上げました!

そうと決まれば行動は早いタチ。

早速、銀座のナチュラルハーモニーさんまで出向き、極上の有機大豆と生麹を仕入れてきました。(近々閉店されてしまうので悲しい。。。)

画像1

麹はめちゃ高品質な味噌作りを行っているマルカワ味噌のもの。

旨く出来上がる予感しかしません。

んで、しっかりと大豆を洗ってから一晩浸水。

翌日に弱火でことこと、柔らかくなるまでじっくり煮る。

指で潰せるくらいまで煮込んだら、ザルにあけて、熱いうちに火傷しそうになりながら素手で潰してやりました。

この時点で自分の常在菌入りまくり。

間違いなく俺のための細菌叢が絶妙なバランスで醸されていくことでしょう。

それから冷まして、麹と塩をしっかり混ぜ合わせてから、団子にしてタッパーに叩きつけながら入れていく。

それから表面を均して、蓋塩をし、ラップで密閉。

画像2

結果、思っていた以上に簡単。

拍子抜けしてしまうくらいに。

あぁ、もう今から一年後が待ち遠しい。

完成した手前味噌で作った味噌汁飲んだら、多分泣くな。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

音楽家の為のボディチューニングサロン。代表:大政和寛による日々の雑感や、カラダや音にまつわるあれこれを。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。