見出し画像

2019  J2リーグ 第3節 山形vs町田   〜目には目をの精神で〜

1.はじめに

 今節は山形恒例、地獄の開幕アウェイ3連戦の3戦目、町田ゼルビア戦でした。前節の横浜FCに続き、昨季4位に喰い込んだ強敵です。しかも、我らがモンテは2016年以降1勝も出来ていないという相性の悪さ。
 町田に対する苦手意識を払拭し、アウェイ3連戦をかつて無い成績で終え、勢いを持ってホーム開幕を迎える為にも、是が非でも勝ちたい1戦です。

2.感想文

2−1.スターティングメンバーとシステム

 両チームの布陣は、
・モンテディオ山形:3−4−2−1
・FC町田ゼルビア:4−4−2(フラット)
で試合開始です。

 さて、いつもの様にシステムの噛み合わせを見てみると、
①1トップの所が数的不利になるが、ここをどう攻略するか
②相手2トップに対し数的優位になるが、前節までと同様、守備対応が整備されているか
以上の2点が......
と行きたい所でしたが、

 実際の所、町田の十八番である縦横圧縮布陣に対し、我らがモンテも同じ圧縮布陣で迎え撃つという、上図の様な状態になったので、シンプルに
①相手DFラインの背後のスペースを如何に突けるか
がこの試合の焦点になりました。

2−2.前半

 町田の縦横圧縮は、
・選手間の距離を近くしてセカンド回収率を高める
・狭いエリアに選手を密集させて数的優位状況を作る
事が容易となり、ボールを奪われても即時奪回からの波状攻撃を狙えるので、主導権を握り易いという特徴があります。
 これに対し、2−1でも述べた通り、モンテは町田と同様に縦横圧縮布陣を敷き、真っ向勝負する事を選択。ただし、シャドーの一角に大槻を起用し、阪野と大槻という2人のターゲットマンを用意。1トップ阪野のタスクであった空中戦や裏抜けを分散させ、攻撃時の選択肢を増やします。また、最終ラインとDHの距離を近くしてセカンド回収バトルを挑み、自分達がボールを持つ時間を増やそうと試みます。

 
 試合開始直後から、町田は主に右サイドに圧縮して縦に素早くボールを入れ、2トップにモンテ最終ラインの裏を狙わせてきました。
 一方モンテは、最終ラインのラインコントロールを細かく行う事で、相手のロングボールに対して優位なポジションを取って競り勝ち、それに連動したDHがセカンド回収バトルを制する場面を数多く作り出しました。そして、徹底して前線のターゲットマン(主にサイドライン際の大槻)に向けてロングボールを送り、空中戦を繰り広げつつジワジワと相手ゴールに迫っていきます。
 
 数度のCKやFKを経て迎えた前半20分。右サイドセンターライン付近、熊本のFKから、町田DFのクリアボールを三鬼が拾うと、縦に仕掛けてゴール前へクロス。ニアで阪野、中央で大槻が潰れた事でゴール正面にこぼれたボールに、逆サイドの山田が詰めて見事な先制点を叩き込みました。この形は、リーグ開幕以降何度か見られた形で、今季モンテが得点パターンの一つとして狙っているものです。それが見事にハマった得点シーンでした。

 その後2度ほど惜しいシーンを作るも、追加点は奪えず。すると40分あたりからセカンドが拾えなくなり、徐々に町田ペースになっていきます。
 迎えた41分、町田はそれまでほぼ攻撃参加の無かったCB深津が左サイドでボールを持つと、奥山と入れ違いに前進。ボールを引き出しに下がって来た山内に縦パスを入れると、山内は食い付いてきた三鬼を躱し、三鬼が上がって空いたスペースに走り込んだ深津へとパスを送ります。この時中央は4vs3の状況でしたが、右ストッパーの熊本と中央の栗山との距離が遠く、また熊本は一人マークしていた為、モンテCB陣はスライドが間に合わず熊本が深津へと寄せる事が出来ません。これにより深津はフリーでクロスを上げる事に成功。中央では森村がタイミングよく斜めに走り込み、あわやというシーンを作り出しました。

 CB深津の攻撃参加に対し、誰が見るの問題が勃発して対応出来ていなかったので、後半同じような場面作られた時どう対応するんだろう?と一抹の不安を覚えて前半終了。なんとか1点リードを保って後半に臨みます。

2−3.後半

 後半に入ってすぐ、モンテはCKから決定機を作りますが、惜しくも追加点ならず。以降もモンテは徹底してロングボールで町田DFラインの背後を狙っていきます。しかし、町田に前半終盤からの流れを維持され、セカンドを拾えない状況が続きます。
 55分位から、モンテはマイボールにしてからDFラインでボールを回しつつ全体的に広がる事により町田の圧縮を解き、サイドでの1vs1勝負からチャンスを作り出そうと試みます。すると、その成果が60分に形となって現れます。左サイドで松本から前線の阪野へ縦パスが入ったところで1vs1となり、阪野が粘ってキープし、インナーラップして来た大槻にヒールパス。大槻がゴール前に入れたクロスは、逆サイドから走り込んだ三鬼に届く前にクリアされましたが、中央には中村と坂元も詰めて来ており、先制点と同じ形(逆サイドの選手がゴール前へ出てくる形)で惜しいシーンを作り出す事が出来ました。

 そして64分、モンテに追加点が生まれます。左サイド深い所でのスローインから阪野がキープしつつ後ろへ下がると、本田が空いたスペースへ侵入。すかさず阪野は浮き球のパスを本田に送り、本田は絶妙なトラップから、町田GKとCB間の絶妙な位置に絶妙なシャレオツパスを供給。町田GKとCB2人が処理に迷ってお見合いしている間隙を縫って坂元が走り込み、記念すべきプロ初ゴールを挙げました。
 この本田のシャレオツパスですが、坂元が狙ってるのが見えててあそこに出したのか、聞く機会があれば聞いてみたいものです。

 その後、町田は
・土居→端山
・富樫→バブンスキー
・森村→ロメロ
と立て続けに選手交代し、前線でバブンスキーにフィジカル勝負させ、ロメロのセカンド回収と推進力でボールを前進、サイドから端山の1vs1勝負からのチャンスメイクと、それまでと戦い方を変えて来ました。
 一方で山形も
・大槻→バイアーノ
と選手交代し、バイアーノを1トップの位置に据えて重心を後ろに下げ、町田に対抗します。
 
 その後82分に得たCKで、ファーのバイアーノのヘッドで追加点を奪い、試合を決定的なものとしました。85分に阪野→末吉に交代し、その後はバイアーノと末吉の二人にカウンターを任せ、守備を固めて逃げ切り体制に入ります。
 後半ロスタイムにシュートまで持って行かれる場面を作られましたが、なんとか凌ぎ切り、3−0の勝利を収めました。

3.最後に

 今回、モンテは町田に対し、縦横圧縮した布陣で真っ向から挑みました。そこに最終ラインのラインコントロールやDHとの距離をコンパクトにする、またシャドーにターゲットマンを増やすなど、講じた対策がハマり複数得点で勝利を飾る事に成功しました。
 個人的には、
・前半終盤に見せた町田CB深津の攻撃参加
・バブンスキーとロメロを投入しフィジカル勝負から活路を見出す
これらを1試合通してやられたら、かなり難しい試合になったのではないかと思います。特にCBの攻撃参加が後半見られませんでしたが、何故実行しなかったのでしょうか?選手判断による即興プレーだったのでしょうか?

 何れにせよ、相性の悪い強敵・町田相手に快勝できた事で、また一つチームに自信が付き、晴れてホーム開幕戦に臨む事が出来ます。
 次節はスタジアムで声を枯らす予定ですが、一体誰がヒーローになるのか、今からワクワクしますね。
 最後までお付き合い頂き、誠にありがとうございました。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ありがとうございます!全力で感謝します!
4
モンテディオ山形を応援しながら、試合の感想文をちょこちょこ書いてます。山形サポーターの皆さんが試合を見る際の一助になれば幸いという思いでこれからも。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。