えむのこと ~現在の投薬について~

もう本当に先の見えないと思っていた約3か月の食欲不振の霧が少し晴れてきた。このまま安定してくれることを切に願います。


さて今回は現在の投薬について記事にします。



6:30
一旦起床
アゾディル投与。
寝ぼけてるのですんなりいける。

エアコンをつけて二度寝

7:15
起床
食事の準備
現在はドクターズケアのチキンとロイカナパウチ、大好物の黒缶を混ぜている。一度に完食はしないのでカリカリはふやけていくがそれでもいいらしい。

食事には下記を垂らしている。

スポイト半分くらいを朝晩

4滴ほど


ある程度食べたら投薬
朝日でいい感じの写真。

3号のカプセルはだいたいアゾディルと同じくらいなので楽々飲ませられる。

中にはラプロスとプロナミド(半錠)

水の入ったシリンジにはきえーるが1プッシュ混ぜてある。口臭と口内炎対策。

シリンジは5ミリも試したが結局2.5ミリが一番使いやすい。

ビオベテリナリーを強制給餌のような形で飲ませている。
中にはBNペットを半匙


BNペットはほしいものリストからご支援いただいたギフトカードで購入しました。
これを飲ませ始めてから食欲が戻った気がする。偶然かもしれないけれどそうとしか考えようがない。幸福のグッズのような立ち位置。

エプロンして飲ませる。

ビオベテリナリーキャットはまずくはないらしく速度を間違えなければぺろぺろとなめてくれる。焦って速度を速めると口からぽたぽた垂れる。


朝の投薬おしまい。

「ごはん食べれるだけでいいから食べてね。あとはゆっくりしててね」と言いながら仕事に出る。


19:00
何事もなければ帰宅

ご飯を食べさせる

投薬

夜の投薬はカプセルが大きい。頑張って!とおしこむ。

カプセルは2号
中身はラプロス、プロナミド半錠、フォルテコール

朝同様、水のシリンジにはきえーる1プッシュ
ビオベテリナリーキャットにはBNペット半匙


再度少しご飯を食べさせご飯を一旦取り上げる。
そのすきに輸液の日であれば輸液(現在1日起き150ml)
食後から15-30分時間を起きアゾディルの投与。
アゾディル投与後も同じく15-30分間をあけご飯再設置。

ふたりでゴロゴロして過ごす。



寝る前
23:30ごろ

2号のカプセルにネフガードを2粒
今更ながら最近始めました。こちらもほしいものリストからのギフトカードで購入しました。
これからの効果に期待!!

寝る前のビオベテリナリーキャットはBNペット無しでそのまま。


ビオベテリナリーキャットはだいたい1日7.5ミリ
1袋を2日で使い切る。立てて保存するのにちょうどいいタッパーがあったのでそれで冷蔵庫保存。


アゾディルも含めると投薬は1日5回!
本当にえむは頑張ってくれています。

シリンジ・カプセルなどほしいものリストからいただいたものをフルで活用させていただいています。本当にありがとうございます。



※ほしいものリストを公開しております。
この記事が役に立った・えむを支援したいと思っていただけた方は下記よりよろしくお願いいたします。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

1
腎不全の猫について
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。