見出し画像

【悪用厳禁】メンタリズム、洗脳、催眠でも使われる強力な心理操作のテクニックを恋愛に応用。


洗脳、心理誘導、催眠、メンタリズム、潜在意識への刷り込みetc...


これらで使われている心理テクニックがあります。


そして、日常の中でもセールスが上手い人やモテる人、他人を動かすことが得意な人は意識的にも無意識的にもこの技術を巧みに使っている。


これを使うことによって、こちらに都合のいい価値観を相手に刷り込んだり、相手の無意識に好意を刷り込んだり、こちらが望む選択肢へ誘導したりすることができる。


今回はそんな心理テクニックと、さらに別のテクニックとの掛け算によって
効果を爆発的に増大させるテクニックも紹介しちゃいます。


それでは早速、見ていきましょうっ!


催眠テクニックの土台


まず、上記で述べた心理テクニックというのは『ダブルバインド』です。

ご存知の方は多いかと思います。

そして、「ダブルバインドかよ」と思った方も
少なくないかと思います。


ちなみに、今回のダブルバインドは“催眠療法の父”とも呼ばれるミルトン・エリクソンのダブルバインドです。

メンタリストのDaiGoさんもエリクソンの本は崩れるほど読んだ的なことを言っていました。


一般的に言われているダブルバインドの説明では、例えばホテルに誘いたい場合、
「ホテルに行こう」ではなく「ホテルAとホテルBどっちがいい?」というように”ホテルに行く”ことは前提にして「ホテルAかホテルBか」という選択肢を投げ、どちらを答えてもホテルに行くという本来の目的を達成できてしまうというものがほとんどです。


が、ダブルバインドの説明をこれで終わらせるのは浅い!浅い!です。

”どちらを答えてもNOにならない”とかそんな単純な文法的な理屈ではないわけです。


もちろん、このようなダブルバインドも効果を発揮しますが、もっと強烈な効果を持たせ、色んな応用を利かせることができます。


前提を刷り込む性質

まず、ダブルバインドが強烈な効果を持っており、催眠や洗脳などでも使われるのは、相手の無意識に前提を刷り込むことができてしまうからです。

どういうことかというと...

上記のように行動の選択を促す際にもダブルバインドは使えますが、行動の選択を促さなくてもダブルバインドでさり気なく催眠をかけることができます。


例えば「セッ○スするときはホテル派?家派?」という質問を投げかけます。

すると、相手の脳は意識的にも無意識的にも過去の「セッ○ス」についての記憶を想起します。


そして、人はイメージとして想起したことは理屈で考えたことよりも潜在意識に大きく影響するため「セッ○スをする」ということを受け入れやすい状態になります。


デートに誘う際であれば「居酒屋とバーどっちが好き?」と聞く。

すると、相手の脳は「行くか、行かないか」ではなく「どちらが好きか」を考えます。

そして、なんとなく居酒屋に行ったシーンやバーに行ったシーンをイメージする。


このように相手が「なんとなく」イメージしたことは、潜在意識に強烈に働きかけるので、前提となる「食事に行く」ことを許容しやすくなる。


この流れで「じゃあ最近良い店見つけたからいこーぜ。平日と土日ならどっちが都合いいとかある?」と誘えば、OKをもらえる確率が高まるというものです。

ちなみに、この誘い方は「平日or土日」でダブルバインドを仕掛け、「最近良い店見つけたから」という理由付けで、OKをもらえる確率を高めています。


過去動画(YouTubeでの)でもちょろっと話しましたが、何でもいいので”理由”もしくは”理由っぽいもの”がついていると、承諾される確率が30%くらい高まることが分かっています。


実際に、エリクソンも「ゆっくりと催眠に入りますか?それともあなたのペースで入りますか?」というように、想定させたい”催眠に入る” ということを前提として二者択一の質問をするという方法をよく使っていました。



無意識に刷り込むことが肝


で、先ほど、ダブルバインドは二者択一の選択肢にして「NO」と言わせないことではなく、前提を無意識に刷り込むことが肝だ的なことを言ったのはなぜかというと

信頼関係が浅かったり、刷り込みができていない段階でダブルバインドを使っても効果が薄いからです。


どういうことかというと...

例えば、全く仕上がっていない状態で「ホテルAに行く?ホテルBに行く?」とダブルバインドをかけたところで「ホテルなんて行かねーよ!」となってしまう可能性がまだまだ残っています。


ある程度、信頼関係や刷り込みができていればこのようなダブルバインドでも効いてきますが、そうでない場合は嫌な強引さを感じられ、逆にガードが固くなってしまうリスクがあります。

そのため、クロージングの時にだけダブルバインドを使うのは微妙


それよりも、そこに”至るまでの過程”で何気なく相手の無意識に刷り込んでいくことのほうが、ダブルバインドの本来の効果を発揮できるということです。


人は、前提や選択肢を与えられると、与えられた選択肢の中から判断を下しやすい傾向があります。

過去動画(YouTubeでの)でもちょいちょい言っているように、脳はほとんど「なんとなく」で物事を考える性質があるから。

「Aですか?Bですか?」と尋ねられると、Cという選択肢が本来あるにもかかわらず、AかBかで考えてしまうわけです。


肝は、相手に気付かれないように無意識に刷り込むこと。

悟られるようでは効果は薄まります。


なので、先ほどの「居酒屋orバー」の誘い方は、少し強引さがまだ残っています。


これをもっと気づかれないように、無意識に刷り込むようなダブルバインドにすると...

例えば「なんだかんだで、まだ2人きりでちゃんと喋ったことないよね」と投げます。

これによって、相手は「確かに」とうなずく。

そして、「これから2人きりでちゃんと喋ること」が前提として刷り込まれます

その流れで、先ほどのようにお誘いをすると、誘いに乗ってくれる確率が一気に上がるというわけです。


つまり、ダブルバインドは一般的に言われる浅い情報などでは「AorB」の二者択一にしてノーと言わせないようにしましょー的なものですが

実際は、「AorB」などの表面上の問いかけで、その裏にある前提を当たり前のことのように想定させ刷り込むという部分が肝になるというわけです。


アパレルショップで「コレ新作なんですよ。赤と黒だとどちらがいいですか?」というのは、ダブルバインド的には赤か黒かを選ばせることよりも、どちらがいいか答えるために自分が来ている姿や買ったときのことをイメージさせ無意識に刷り込むことが肝。


「オーブンで焼いてから食べるととても美味しいですよ」というのは、「オーブンで焼くor焼かない」を投げることで、前提の「食べる」を自然と刷り込ませ、実際に食べることを想像させることが肝。


つまり、させたい行為を前提として隠すために二者択一などを投げて、自然に無意識に前提の行為を相手の脳に刷り込むというわけです。


そして、脳はイメージと現実をはっきりと区別することができず、イメージすることによって実際に体験した時と同様の脳の反応や身体反応が出ることが分かっています。


催眠の初歩でも、相手にレモンを想像させるというものがあります。

言葉で相手にレモンを想像させるだけで、実際に口の中で唾液が分泌されるという現象が起こります。


これを相手に悟られずに起こすのが、ダブルバインドであるというわけです。



ここまでの具体例


では、これを具体的に使うとしたら、例えば先ほどのように「セッ○スするときはホテル派?家派?」でセッ○スを想起させたり、
「なんだかんだで、まだ2人きりでちゃんと喋ったことないよね」でこれから2人きりでちゃんと喋ることを前提にしたり。


“2人は気が合う”ということを刷り込みたいのであれば「なんでこんな気が合うんだろう!もしかしてA型?」と”気が合うこと”を前提にしてしまう。

あとは、「A型だよ」と返ってくれば「やっぱり!」と“気が合う”という認知が強まるし

仮にA型以外でも「やっぱり。俺、~型の人となぜかめちゃくちゃ気が合うんだよね!」と”気が合う”が事実であるかのように刷り込めます。


あるいは「今から電話していい?さすがに今は無理か?」で、あわよくば今行けるし、今は無理でも後でか後日「電話する」ことが前提として通る


「生理的に無理なら断ってもいいよ」で、「生理的に無理じゃなければ断らない」になる。


「個室がいいとかこだわりあるならAの店に行こ」で、個室にこだわる場合はAの店に行くし、こだわらないならA以外の店というように、どこかの店に行くのは前提となる


などなど、まぁ応用が利きます。


ここまででもまぁ応用が利き、その効果も強いわけですが、これをさらに応用させて効果を増大させてしまう方法がまだまだあります。



効果を強烈にする掛け算テクニック①


その1つ目が
『ダブルバインド』×『ドアインザフェイス』

まず、ドアインザフェイスとは、本命の要求を通すためにあえて最初に大きな要求を提示し、それを相手に断らせた後に、それよりも小さな本命の要求を出すと承諾を得られやすくなるというテクニック。

要は、相手が断ったことによってこちらが譲歩した形になる。

すると、譲歩の返報性が働いて、今度は相手が譲歩してくれやすくなる。

つまり、こちらの要求をのんでくれやすくなるというわけです。


このドアインザフェイスを使うことによって、承諾率が3倍になることを証明した実験があります。

実験は、『影響力の武器』の著者、ロバート・チャルディーニ博士が行ったもので

実験者は「青少年カウンセリング・プログラム」の担当者を装い、被験者の学生に対して「非行少年たちを動物園に連れていく付き添い役をやってくれないか?」と依頼しました。

ちなみに、無報酬で。

その結果、学生の83%はこの依頼を断りました。

これがドアインザフェイスを使わなかった場合の数字です。


次に実験者は学生たちに対して同じ依頼をする前に、今度は「少なくとも2年間にわたり、週に2時間、非行少年たちのカウンセラーを務めてくれないか?」という依頼をしました。

当然、全員がこの依頼を拒否しました。


で、拒否された後に、今度は先ほどと同じ「非行少年たちを動物園に連れていく付き添い役をやってくれないか?」という依頼を投げました。

すると結果、承諾率が51%にアップしたんです。


つまり、ドアインザフェイスを使わなかった場合は承諾率が17%。

ドアインザフェイスを使った場合は、承諾率が51%と三倍まで跳ね上がったというわけです。



では、なぜドアインザフェイスがこれほど強力かというと...

譲歩の返報性だけではなく、『知覚のコントラスト』も同時に働いているからです。


どういうことかというと...

例えば「1万円安くしてほしい」と言われ断った後に、「じゃあ、1000円!」と言われると「まぁ1000円くらいならいっか」となります。

なぜなら、最初の「1万円」が基準値となるため、次の「1000円」が小さく感じるから。


交渉なんかでめちゃくちゃ使えます。

実際に僕が、キャッチのバイトをしていた時も、この手法を使って他の人よりも圧倒的に高単価で売り上げを作りまくっていました。

しかも、お客さんは交渉に勝ったと感じるため、満足度も高まります。

まさに、交渉の基本である“試合に負けて勝負に勝つ”を体現できるものでもあります。


このようにドアインザフェイスは「譲歩の返報性」「知覚のコントラスト」が働き、しかも相手も「勝った」と気持ちよくなるようなかなり有能なテクニックであるわけです。


で、ここにさらに、ダブルバインドを掛け算してしまうのが今回の話です。


 具体的な使い方


では先に、実際にどう使うかというと...


例えば、まず話の中でさり気なく旅行の話や、どこ行ってみたい?みたいな話を先ほどのダブルバインドの基本で説明したように前提を刷り込んでおいてからの

「今度、泊りで県外いこーよ」と誘う。

で「いや、さすがに泊りは厳しいやろ」と返ってきたら

「じゃあ、日帰りで県外いこーぜ」と誘う。


最高上手くいけば泊りデートに行けるし、それを断られたとしても、一度相手の脳には県外デートが刷り込まれているので日帰りならOKをくれる可能性も高まっている


仮に、日帰りでも県外は厳しい場合でも、普通の近場でのデートくらいなら簡単に付き合ってくれる


なぜなら、ドアインザフェイスが働いているのと同時に、ダブルバインドで「2人で出かけること」は前提として刷り込まれているから


ちなみに、厳密にはこの誘い方はトリプルバインドになっています。

本来の目的が「デートをすること」だとして、その上に「日帰り県外」というバインドがかかり、さらにその上に「お泊り県外」というバインドがかかっている。

このように、バインドが多重になればなるほど、前提が当たり前のように刷り込まれ、抜け出しにくくなります。


こんな感じで「高級焼肉奢って」から入り、「じゃあ普通の焼肉奢って」に落とし、「じゃあ、奢らなくていいから普通に焼肉行こう」と誘ったりと使えるわけです。



それではここから、『ドアインザフェイス』×『ダブルバインド』のような
他の心理テクニックとの掛け算で強烈な効果を発揮させる方法や

洗脳や催眠などでも使われる、相手の価値観をすり替えたり、心理をコントロールする的な話に入っていきます。


悪用厳禁ゾーンに入っていきます。


(販売部数に応じて値上げを行う可能性があります。ご了承ください。)

この続きをみるには

この続き: 12,987文字
この記事が含まれているマガジンを購入する

3点セット

16,480円

または、記事単体で購入する

【悪用厳禁】メンタリズム、洗脳、催眠でも使われる強力な心理操作のテクニックを恋愛に応用。

カムロ

1,980円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
81
YouTubeでは言えないこと・話さないことは有料無料含めここで発信していきます。

こちらでもピックアップされています

3点セット
3点セット
  • 3本
  • ¥16,480