見出し画像

日付処理の整理

PHPによるプログラミングがいそがしくなってきた。
日付処理について、(自分のためにも)整理しておく。
できるだけ、短く、かつ、わかりやすい記述方法を採用する。
[1] 文字列をUNIXタイムスタンプに変換する
$data = "2008/09/01";
$timestamp = strtotime($data);
[2] 3日前の日付を求める
$date = Date('Y/m/d',strtotime("-3 days"));
[3] 来週の日曜日を求める
$nextSunday = Date("Y/m/d",strtotime('next Sunday'));
[4] 先週の水曜日を求める
$lastWednesday = Date('Y/m/d',strtotime('Last Wednesday'));
[5] 今月の第二土曜日
$date = Date("y/m/d",strtotime("2 Saturday") );
[6] 次の平日(営業日)
$date = Date("Y/m/d",strtotime("next weekday") );
[7] 月末を求める(Date関数でズバリ末尾を「t」を指定する)
  ※閏年の計算は不要。
$date = Date("y/m/t");
[8] 年度の計算をする。(4月~3月として)
  ※年度の繰り上がりは3ヶ月遅れると考える。
$timestamp = "2008/03/31";
$date = Date("Y",strtotime("-3 month",$timestamp) );
echo $date;
>>出力
   2007
strtotime関数は便利。

※画像は、Daniel AgreloによるPixabayからの画像

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

スキありがとうございます!
ITとウェブ解析とFPと日常をつぶやいてます。 中小企業診断士/1級FP技能士・CFP認定者/WACA公認ウェブ解析士マスター
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。