リアルタイムで、人出不足と人余りの情報が欲しくなる

どの道、一つの組織・団体に長期に所属する時代ではなくなるのでしょうから、人出不足に人余りから人が流れていく事象に乗っからないと ”食っていけない” ことに。

だとすると、いつでも職種・業種の違うところで働けるように引出しを沢山もっていないと採用されない。どんな引出しを持っているか、その内容についても、最新テクノロジーで調べがつくことでしょう。「引き出し開けたら50年前の作業着が見つかった」なんていうことじゃだめで、今風のスーパーテクノロジーが機能しやすく並べられた中身でないと、採用側に魅力を感じて貰えないのでしょう。

2020年以降、日本は経済低迷期に入る予感がするのです。人余りから人出不足へどう流れていくか。人出不足はロ―テクノロジー分野なので、50年前の作業着が活きてくるのかもしれません(笑)。なので、リアルタイムで人出不足と人余り情報が欲しいんです。だって、いつでも使えるように虫よけ買わなくちゃなりませんから(笑)。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

ありがとうございます! よい人生が訪れますように!
2
^^;) 豊後大野市に住んでいます。古びた情報処理でギリギリ生き残っています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。