付き合う前みたいに連絡して欲しい?彼氏へ愛情不足を感じ始めた時の対応策
見出し画像

付き合う前みたいに連絡して欲しい?彼氏へ愛情不足を感じ始めた時の対応策

ケイコ

こんにちは。自衛官との恋愛や結婚生活を応援しているケイコです。

有難いことに、最近は色んな方から自衛官との恋愛相談をお受けしています。

その中で共通して多いお悩みと言うのが…

「彼からの連絡が減って不安。気持ちが離れてしまったのか心配」

「付き合う前みたいに愛情表現をしてほしい」

「どうして連絡してくれなくなったのか分からない」

という内容ですね。

コレ、本当に多いです(笑)

というかもうね、これは自然現象だと思った方がいいです。

そのくらい男女間にはよくある問題です。

では実際、そういう悩みを抱えている人は、一体どうしたらいいのかお答えしたいと思います。

付き合う前と比べて連絡頻度が減るのは自然現象

画像2

そもそも付き合う前と比べて彼からの連絡が減ったり、返信が素っ気なくなるのは自然現象だと思ってください。

男性は好きな女性を落とす為なら、普段と違う行動をとります。そりゃあもう異常なくらい。

それが、マメな連絡だったり、積極的なデートだったり、リップサービスだったりします。

付き合う前は毎日LINEでやり取りしてくれて、電話もよくしてくれたし、デートも毎週のようにしてくれたかもしれません。

好き好き言ってくれたかもしれないし、可愛いとか、素敵だね、とか沢山愛情を示してくれたと思います。

それは全て『あなたに好きになって貰う為』にやっていることです。

ようするに、必死になって愛情を捧げてるわけですよ。

それが告白が成功した瞬間に「クエスト達成!」みたいな感情になっちゃうわけです。

一旦目標が達成できたら、ちょっとクールダウンして日常生活を取り戻したい思うのが男性心理です。

釣った魚に餌をあげない…とは、まさにこれ。

「男って酷いよねー」と思うかもしれませんが、実は女性にも似たようなところがあります。


【女性もあるある!態度が変わってしまう瞬間】

例えば、就活なんか分かりやすいです。

面接官に印象良く映るように、メイクも服装も仕草も何もかも気を遣いますよね。

好きでもない髪型、好みじゃない就活メイク、動きずらいリクルートスーツ、内定が欲しいから本来の自分じゃない姿に一時的に変身します。

でも内定が出て就活が終わったら、徐々に本来の自分に戻ろうとします。

実際、就活で着ていたリクルートスーツを、入社後もずっと来ている人は珍しいですよね?

恋愛もそれと一緒でです。

付き合う前や付き合った直後は、まだお互いにドキドキしていて「嫌われたらヤダな」と慎重になって連絡を取りあいます。

だから付き合ってから徐々に連絡が減るっていうのは、ある意味では自然体で付き合えるようになってきた証拠でもあるんですね。


付き合う前の彼に依存し続けるから辛くなる

画像3

付き合う前と今の彼を比較すると、どうしても前の方が優しく魅力的に感じてしまうことはあります。

あれだけ過度な愛情表現をしてくれたワケですから「愛されてる」っていう実感も湧くし、当然と言えば当然です。

愛されてると自分の存在が肯定されてる気もするし、安心感も生まれてホッとします。

ホント、人から愛されるって気持ち良いですよね。

だから以前の彼の姿に、何とな~く依存しちゃうんです。

できることならず~っとそのまま自分を気持ちよくさせて欲しいですもんね。

それに女性は彼の行動の一つ一つから『愛されているか、いないか』のサインを読み取ろうとする人が多いので、愛情を確かめるのは本当に得意です。

訓練で忙しいのに電話してくれるから、愛を感じる
外出も簡単じゃないはずなのに会ってくれるから、愛を感じる
毎日消灯時間ギリギリまでLINEをくれるから、愛を感じる

だから彼からのアクションが減ってしまうと、今度は逆に些細な行動でも「愛されてないのかも?」って疑うようになります。

それで愛情を確かめるために、彼に対して以前と同じような連絡頻度や態度を執拗に求めるようになっちゃうんです。

これもある意味で自然現象なので、もし自分がそういう気持ちになってしまったら否定せずに…

「あ~私って人を好きになると、こんな風になっちゃうんだ」

…と受け入れると気持ちが楽になりますよ。

そしたら次は、過去の彼じゃなくて今の彼の素敵な所を見つけられるように頑張りましょう。

「1週間ぶりに連絡がきた、忘れられてなかった!愛を感じる」
「デートがドタキャン!でもちゃんと連絡してくれた!愛を感じる」
「LINEは減ったけど電話で話せた!愛を感じる」

こんな当たり前の事だけじゃ愛されてる感じしないよ!

…って思うかもしれませんが、そういう時は幸せのハードルが高すぎるんです(笑)


幸せのハードルを低くすることで、彼の良いところが沢山見つかるようになります。

彼の良いところが沢山見えてくるようになると、自然と彼に対して明るく余裕のある態度で接することができます。

そういう姿を相手に見せることで「この子といると楽しい気分になる」と思わせることができます。

そしたら不思議と、向こうの方から連絡してくる回数が増えたりしますよ。


「どうして連絡くれないの?」は結構ブーメランな質問

画像5

彼の変化ばかりを気になるかもしれませんが、実は自分も変化してしまったのかも?と疑ってみましょう。

特に女性は不満を抱えていると、相手に対して攻撃的になります。

優しさの押し売りをして勝手に不機嫌になったり…

返事をくれないことをネチネチ責めたり…

会うたびに暗く不機嫌なオーラだったり…

「どうして前にみたいに連絡くれないの?」と悩む人は多いのですが、上記のような態度を彼に対して取っていれば、相手もやりとりしていて楽しいとは思えませんよね。

例えば、彼の気持ちを確かめたいばかりに、回りくどい言い方で彼の本心を探ろうとしたことはありませんか?

自分の気持ちを分かって欲しいのに、それを言ったら嫌われてしまうのが怖くて素直に言葉にできないんですよね。

でも「結局何が言いたいの?どうして欲しいの?面倒だな」と相手に思わせてしまうと、相手は向き合ってくれなくなります。

特に男性は女性と違って察するのが苦手です。

どうして欲しいのかハッキリ言ってくれないのに、不満ばかり言われるとストレスが溜まってしまいます。

嫌われることを恐れずに、ハッキリと気持ちを伝えるのは勇気がいりますよね。

でも、素直な気持ちで接することで、相手も「じゃぁ、こうすればいいのかな?」と、真剣に向き合ってくれるようになりますよ。


このまま彼に愛情を求めてばかりいるとどうなるか

画像4

個人的には寂しくなったら正直に「最近連絡が減って寂しい、愛されてないみたいで不安に感じる」と伝えたほうが良いと思ってます。

自分の気持ちを素直に相手に伝えるのは大事です。

特に不満ほど早めに伝えておかないと、怒りに変わって相手を責めたり傷つけたりします。これは私も経験済みです(笑)

でも相手に受け入れて貰えなかったり、相手の提案する解決策に納得できないときもあると思います。

「私はこうして欲しいのに、それじゃ満足できない」
「私は〇〇してあげてるのに、彼から感謝されてる気がしない」
「いつも私ばかり我慢してる気がする」

こんな風に感じちゃうときは、自分の心に余裕が無くなってると思いましょう。

彼が自分から離れてしまわないか常に心配しているので、ちょっとした事も許せなくなってしまってるんですね。

「自分はやってあげたのに、彼はしてくれない」とか執拗に見返りを求めてしまってるんです。

そういう時って自分の欲求を満たしてくれない相手に対して、無意識のうちに責めるような口調になります。もちろん文章も一緒。


「最近素っ気ないね。」

「まだ忙しいの?どうして連絡くれないの?」

「SNSで他の人の投稿に”いいね”する暇はあるんだ?」


私も色んな女性からの恋愛相談を受けたのですが、どこか「彼が悪い!」と思ってる女性からのメッセージは攻撃的な印象がします。

赤の他人の私でさえそう感じるのですから、直接メッセージを受け取る彼はもっと複雑な心境になっていると思います。

人って自分のキャパを超える要求をされたとき、逃げたくなる生き物です。

彼女の期待に応えられない、応えると自分がしんどくなる…そんな風に感じると彼は無意識のうちにストレスが溜まります。

すると彼女から連絡が来ること自体がストレスになります。

ますます既読スルーや未読スルー率が加速するんです。

それに男性は基本的にマルチタスク(同時進行)が苦手なので、面倒事は頭から切り離さないと仕事のパフォーマンスも落ちてしまいます。

だから彼女からの「愛情クレクレ」攻撃が来たら、ちょ~っと距離を置きたいと思う男性が多いです。

そうなってしまったら、これ以上関わっても関係を悪化するだけです。

相手が「距離を置きたい」と言い出したらは、自分も少し冷静になりましょう。

結論『次は自分が相手に愛情を与える番』

画像1

もし連絡頻度が減って前みたいな関係を懐かしむようになったら「彼からの愛は前払いしてもらった」と思いましょう(笑)

そのくらい付き合う前の男の行動って、過剰な愛情表現をしています。

だから次は、自分から彼に「愛情」を与える番だと思いましょう。

『そんなの毎日与えてるわ!』って怒られそうなんですが、愛って好き好き言うことだけじゃないですからね。

・彼が休みたいと思ったときは、ゆっくり休ませてあげる…
・彼が1人の時間が欲しいと思ったときは、彼の時間を拘束しない…
・彼が寂しいと思ったときに、傍に寄り添ってあげる

これも彼に対する愛ですよ。

彼氏がどんなことを望んでいるのかよく観察して、自分から彼に与えられるものは何があるか考えてみましょう。

自衛官との恋愛はなかなか会えないことが多いのですが、電話やLINEで相手の状況を聞くのも良いことですよ。


毎日連絡を取り合うことが彼にとって「愛情の証」なのか?

彼が望んでる「付き合い方」って何なのか?

よ~く観察してみましょう。


自分の都合を押し付けると『都合の良い女』になって彼からも適当な態度を取られやすくなります。

でも、彼が本当に望むことをしてあげられる『居心地の良い女』になれば、相手も真剣に向き合ってくれるようになりますよ。


最後に

なんか付き合う前と比べて連絡頻度が減ったなぁ…と不安になったら「自然現象」だと思って過度な心配はしないようにしましょう。

あまり不満を募らせて不安な気持ちになってしまうと、彼に対して攻撃的な態度を取ってしまうようになります。

そうなると彼だって一緒にいて楽しいとか、LINEをしていて楽しいと思えなくなってしまいます。

人間関係は鏡とも言われているので、相手からの愛情が足りなくなってきたら、自分も愛情を与えてなかったのかも??と一度疑ってみましょう。

自分から愛情を与えてたら、今度は逆に彼の方も愛情を示してくれるようになりますよ!


上記の記事を読んでも「やっぱりどうすればいいのか分からない」という方は、ぜひぜひケイコまでご相談下さい。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ケイコ
自衛官との恋活・婚活を応援する自衛官妻。自衛官との恋愛・結婚に悩む女性からの相談件数500件以上。 自衛隊彼女や自衛官妻の為の「幸せな恋愛・結婚生活」を応援中。ブログ(http://arenani.info