自衛官の彼の都合に合わせるのに疲れた…そう思った時に試して欲しい事
見出し画像

自衛官の彼の都合に合わせるのに疲れた…そう思った時に試して欲しい事

ケイコ

自衛官との恋愛や結婚についての相談を受けると、ある共通したお悩みがあることに気づきました。

それは『相手の都合に合わせるのに疲れた』ということです。

・デートの予定がコロコロ変わってその度にスケジュール調整が大変
・遠距離だから数か月ぶりに会えるのを楽しみにしてたのに、突然会えなくなったと言われる
・結婚するって言ってたのにいつ入籍するか決めてくれない

自衛官の彼の都合を優先して、いつも自分ばかり右往左往している…

本当は怒ったり泣いたりして不満をぶつけたいけど、仕事だから仕方ないと思って我慢している…

そんな辛い思いを抱えている方が多いです。

これは自衛官と付き合う人なら一度はハマる落とし穴だと思います。

実は私も自衛官の夫と付き合ってる時も、結婚したときも、この落とし穴にハマって苦しみました。

でも、ちゃんと楽になる方法はあるんです。

それはズバリ、「相手の為」を辞める事です。


というわけで、今回は「相手の都合に合わせるのに疲れた時の解決策」について書いていこうと思います。

彼を支えたいという思いが「疲れた…」に変わる時

夫や彼を支えたいと思ったり、何か役に立ちたいと思う時は当然ありますよね。

相手が自衛官なら「大変なお仕事だし、私が支えてあげないと」みたいな使命感が湧くこともあると思います。

でも、こんな感情が湧いてきたら要注意です。

・私の苦労を何もわかってくれない!
・私の気持ちが全然伝わっていない!
・こんなに尽くしているのに!
・自分ばかり損している!

自分を犠牲にしていると「自分のしたことを認めてよ!」と相手に言いたくなりませんか?

でも実際には言えないし、伝えたらいけないと思ってるから、遠回しの文句や嫌味となって相手に伝わっていきます。

そうすると相手だって、どうして彼女が不機嫌になってるのか分からないし、どう接していいのかも分からなくなります。


そうすると、お互いに「あー疲れた!」となるんです。


自分の抱いている嫌な感情は、文字や声だけでも自然と相手に伝わってしまいます。


最初は自分でしてあげたくて尽くしていたつもりが、いつのまにかそれがストレスになるんです。

相手の都合に合わせるのが疲れたときの解決策

「いつも彼の都合を優先してデートの予定を決めて疲れた」

「いつ会えるのか私ばっかり聞いてるから不公平だ」

「私だって仕事があるのにどうして彼の仕事に合わせなきゃいけないの?」

そう思ってきたら、自分を優先することを意識すると楽になります。


でも、彼の都合に合わせないと「振り向いて貰えない」って不安がありませんか?だからついつい彼を優先してませんか?

彼を支えないと「彼女としての価値はないのでは?」という恐怖感はありませんか?だから、ついつい自分を犠牲にして頑張りすぎていませんか?


そういう不安や恐怖心があるから「自分を優先する」ことが出来なくなるんです。

だとしたら、いっそ開き直るのも一つの解決策です。

・彼に振り向いてもらえなくても、自分が勝手に彼を好きでいるから問題ない!
・彼に見捨てられても、私が彼を見捨てないから問題ない!


そういう考えで開き直ると

「今日くらいは自分のスケジュールを優先させよう」

「1回くらいは相手にデートの日程を決めさせよう」

「たまには怒るぞ!泣くぞ!我慢してること言うぞ!」

と、自分の気持ちを優先させることができます。

ちょっと怖いかもしれませんが、一回試しにやってみたらいいですよ。

そしたら意外と彼の態度は変わりません(笑)

なので、我慢しても意味ないんだなと気づくことができます。

むしろ「私にそう言われたら、こんな反応するのね~」と彼の新しい一面を発見するきっかけにもなります。

大事なのは自分の機嫌を自分で取るということ

自分を優先していくと徐々に欲求不満が解消されていくので、自然と機嫌がよくなって明るくなります。

機嫌がよくなって明るくなると、自然と相手にもその雰囲気は伝わります。

すると、相手の方も彼女の笑顔をもっと見たいと思うようになります。

結果的に、連絡頻度が増えたり、デートのお誘いをしてくれることが増えてきますよ。


なので、自衛官の彼を支えたいと思ったり、役に立ちたいと思う時は、自分を犠牲にするまで頑張ってはダメです。

・相手の為にしてあげたい!
・自分の事を優先したい!

このバランスをうまくとっていきましょう。

彼の為に「やってあげる」から、自分がしたいから「やってあげる」に変わる為に

相手のために「してあげる」だと、期待した見返りがないと失望します。

自分が「そうしたい」から行動すると、やった時点で自分の欲求が満たされるのでストレスがたまりません。

愛して貰う為に自分の何かを差し出すのではなく、愛してるから相手が喜ぶことをする。

これが幸せになる秘訣です。

その為には、相手が何をしてもらったら喜ぶのか知る必要がありますよね。

よく「彼の役に立ちたいので何か良いプレゼントはありますか?」みたいな質問もくるのですが、それは彼に認めてもらいたいという自分の欲求しかありません。

彼に喜んで貰いたいなら、彼の好きな物、彼が困ってる事、彼が本当は欲しいけど我慢してる事、実は気にしている事など、徹底的にリサーチしておきましょう。

それは普段からの会話や、彼の持ち物、彼の仕草、彼のクセなど、色々なところにヒントがあります。

ちなみに連絡頻度にこだわってる人は、この辺のことを考えてLINEを送ると返信率が上がると思いますよ。

最後に…

自衛官の彼の都合に合わせるのに疲れた…

そう思ったら、とりあえず開き直ってください。

・彼に振り向いてもらえなくても、自分が勝手に彼を好きでいるから問題ない!
・彼に見捨てられても、私が彼を見捨てないから問題ない!

そう思えるようになれば、彼の都合に振り回されて「疲れた」なんて気持ちにはならなくなります。

自分で自分の機嫌を取ることができるようになれば、いつも明るく自然な笑顔になれますよ。

人間関係は鏡です。自分が不満に思ってたり疑心暗鬼していると、彼も自分が何かしたのだろうかと不安になって疑心暗鬼になります。

逆に、自分がいつも楽しそうにして明るく接していれば、相手も同じように楽しい気分になって「もっとこの子の笑顔が見たい!」と思うようになります。

その為には「彼女が喜ぶことをしなければ」という事に気づくので、色々と気遣ってくれるようになりますよ。



この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ケイコ
自衛官との恋活・婚活を応援する自衛官妻。自衛官との恋愛・結婚に悩む女性からの相談件数500件以上。 自衛隊彼女や自衛官妻の為の「幸せな恋愛・結婚生活」を応援中。ブログ(http://arenani.info