見出し画像

Dia 3 コリア・デル・リオ観光

3月31日(日)午後4時。

セビージャから、ようやくコリア・デル・リオ入り。スタッフのホテルに荷物を置いて、コリア・デル・リオ市内を散策です。

日本国旗の掲げられた市庁舎。

一番高台にある教会。フェニキア人の時代に、ここの場所から町が始まったそうです。このキリスト像には逸話があり。この像を船に乗せてグアダルキビル川を下ろうとしたところ波が激しくなり、降ろすと凪ぎ、乗せるとまた荒れ、降ろすと凪ぎ、ということが3回繰り返されました。そうしたことから、このキリスト像を拝みに遠くから訪れる人もいるそうです。

この街のシンボルになっている十字架の前で、案内してくださったアントニオさんと写真を撮った後、33段ある階段を下ります。キリストが亡くなった年齢に合わせた数です。

街には、ハセクラカップのチラシも貼ってありました。

日本語の文字もあちこちに。

徒歩で、ぐるっと一周できます。夕方になると、小学生ぐらいの子供たちが外で走り回っています。夕方の風は心地よくて、のんびりとした空気が流れ、あちこちで飲んでいる人たちが。静かで平和な時間が流れています。

400年以上前、宮城県からヨーロッパへ渡った支倉常長の遣欧使節。スペインに残るその子孫のハポンさんとのご縁を大切にする後援会です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。