見出し画像

Dia 4 山根恵里奈さん

4月1日(月)朝9時。

スタッフの泊っているホテルにホストファミリーが選手たちを送り届けてくださる。しかし、そこはスペイン人。9時集合だというのに9時にクレープ屋に寄っちゃうファミリーがいたりなどして、ベティススタジアムに到着したのは約束の10時きっかり。

待ち合わせ場所には、なでしこゴールキーパーの山根恵里奈さんが待っててくださってスタジアムツアーの最初からお付き合いくださいました。事前のベティス担当者さんからのメールでは、行程の一部だけ登場してくださる予定だったので、びっくりです。

選手たちが試合後インタビューを受けるところを通り、

選手たちが実際に使うロッカールームで選手の靴を発見し、

スタジアムの一番良い席から全体を眺めました。工事中の席が完成すると6万人収容になるそうです。ベティスファンは世界中にいて、その数はラリーガ全体の4番目だとか。

すげー、の一言です。

ベティスのレジェンドRafael Gordilloさんも登場してくださり記念撮影。

選手たちは、すっかり慣れてきて記者会見場ではシミュレーションしまくり。しかしなぜか敗戦の質疑応答に。0-10で負けてどうでしたか、とか言ってるし(笑)

そのあとは、いよいよトレーニング。ベティスの専用練習場に移動です。て年芝のピッチが1つと人工芝が2つ。更衣室は8つあります。人工芝の1つでは、U23の選手が練習していました。

フィールドプレーヤー組は、山根さんが通訳。

キーパー組も、きっちりストレッチした後で、トレーニングメニューをこなしていきます。

そのあとは、まさかの雷雨の中でミニゲーム。セビリアで雨が降ることは、かなりかなり珍しいそうです。なんてこと。逆に持ってるのかも(?)

挨拶して終了。コーチと山根さんにお礼を言っていたら、まさかの、お申し出が。

練習後のお昼ごはんに山根さんも来てくださいました!キーパー4人が山根さんの一番近くに座らせていただき。ほかの選手も、すっかりなついてしまって、楽しそうにおしゃべり。感激です。

山根さんは、震災当時、東京電力マリーゼに所属していて福島の東電でお仕事をしていました。3月11日は宮崎でキャンプ中でしたが、ご自分もいろいろなことがあったので、女川の子たちと自分は同じことを共有している。はるばるここまで来てくれて、すごくうれしい。とインタビューでおっしゃっていました。

たくさんの方の思いと行動がつながって、またこうして素晴らしい人に出会えたこと、すべてに本当に感謝です。

1
400年以上前、宮城県からヨーロッパへ渡った支倉常長の遣欧使節。スペインに残るその子孫のハポンさんとのご縁を大切にする後援会です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。