見出し画像

Dia 2 マドリード 支倉常長の足跡をたどる

3月30日(土)朝7時半。朝食開始。みなさん、少し眠そうですが元気です。スペインの朝食はチュロスとコーヒー(ココア?)だけと聞いていましたが、きちんとブッフェのお食事でした。チーズとハムが多くてオリーブオイルの種類が多い。牛乳も数種類あってメインの場所にありました。

8時40分出発でマドリードの中心部へ。ガイドさんはスペイン語と英語のみの方が一人と、スペイン在住の日本人の2人体制。マドリードでは現地の人の雇用を守るために、ガイドは必ずライセンスが必要で免許証を携帯すること、現地のガイドを必ず1人は雇うことが義務付けられているそうです。

初めて見るスペインの街並み。レンガ造りもバスもお店の看板も、すべてが新鮮です。

歴史建造物が、ふつうにあちこちあります。

最初の目的地は、サンフランシスコ・エルグランデ聖堂。支倉常長が宿舎として割り当てられた教会です。現在はランクが1つあがって聖堂です。

現在の建物は立て直されたもので、当時の面影を残すのは、この壁のみ。

聖堂の隣の丘から見下ろす街の景色は壮観です。

聖堂近くのスーパーで買い物タイム。オレンジジュースは、その場で絞ります。すごく新鮮でおいしい!ヘタフェ戦のスタジアム用に買いにいったのに、その場で食べてしまう&飲んでしまう選手たちも。

マドリッド市内を歩いて移動します。選手たちは、覚えてたてのスペイン語を存分に発揮し、道行く人々に「オラ!(英語のハイ!)」とあいさつしあす。

マクドナルドもありますが控えめです。サンアンドレス教会やサンイシドロ教会を通り、過去の城壁跡に沿ってできた道路を確認し

マヨール広場では、支倉常長が謁見したフェリペ3世の像を発見。

裏道のようなところを歩いて移動。

デスカルサス・レアレス修道院も。支倉常長公が洗礼式を受けたところです。

そして王宮へ。現在の王が滞在しているときだけスペイン国旗が掲揚されます。

王宮の真ん前まできたとき、ガイドさんが目の前を行く観光客風の若い女子の3人を指差し「あそこの3人は泥棒です!」と突然叫びました。毎日のように、いるそうです。東欧系の感じでした。



1
400年以上前、宮城県からヨーロッパへ渡った支倉常長の遣欧使節。スペインに残るその子孫のハポンさんとのご縁を大切にする後援会です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。