見出し画像

Dia 6 リニューアルセレモニー

4月3日(水)12時。

市庁舎での記者会見の後、グアルキビル川近くのカルロス・デ・メサ公園、通称ハセクラパークに移動しました。

入り口の門には、伊達政宗公の姿が。

反対側は、支倉常長公。

2013年に浩宮皇太子殿下がコリア・デル・リオを訪問されて桜を植樹されたものの、気候が合わず枯れてしまっていました。また支倉像の周りも老朽化していたため、後援会会長の白田が修復費用を助成させていただいたため

記念のプレートを付けていただきました。

そのあとは、記念の植樹。

コバルトーレ女川で1本、ニューヨークの風の輪少年少女合唱団で1本、白田夫妻で1本、西洋サンザシの木を植えました。

最後は、支倉像の前で。

この後、夕方からハセクラカップです。

400年以上前、宮城県からヨーロッパへ渡った支倉常長の遣欧使節。スペインに残るその子孫のハポンさんとのご縁を大切にする後援会です。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。