#004 Be Yourself!

おはようございます。

天気どんより、眠さの残る月曜日です。

今日は、私の地元の話をしたいと思います。

どことは言いませんが、今「〇〇県優勝」「最強の田舎」と言われている県です。

某新聞のネット記事で、「マスクは郊外は売れ残っている」「週末の回転寿司は家族連れであふれている」と書かれていました。

その記事に一言ふた言申したい!

回転寿司は満席かもしれませんが、マスクは売ってないです、普通に。

知事は、非常事態宣言の出た都府県の方は来県を控えるように、やむを得ず来県した場合は、二週間の外出自粛を要請しました。

そ・れ・な・の・に!!

関東からのクルマ、普通にあります。

昨日も地元スーパーで関東某県ナンバーのクルマを見かけました。

所有者はマスクをしていましたが、ナンバーを見つめ、「なんで来たんだ」という表情で睨んでしまいました。

少々の罪悪感を抱きながら…。


ここからは私の推測で話をしますが、感染者がゼロなわけではありません。

ウイルスは既に本県に侵入していますが、重症化した人がいないだけなんです。

感染しないポイントの一つに、免疫力を上げることが挙げられるかと思います。

免疫力は、普段の食事と十分な睡眠、適度な運動により上がります。

本県の県民は、食事の内容に秀でていると思います。

納豆や豆腐の消費量は全国トップ、海産物も豊富だし、米や野菜の生産も盛んです。

おいしいごはんを食べて健康的な食生活をすると、身体も心も元気になって、免疫力や抵抗力が上がると思います。

ウイルスは侵入するけれど、はね返すことのできる抵抗力と免疫力が備わっているのです!

一方、不安なのは運動量。

こちらは広大な県土ゆえに、クルマがないと生活できない地域がほとんどです。

歩ける距離でもクルマで行く。

駐車場からも極力歩きたくない!

電車で行動している都会の方と比べるまでもなく、歩く距離が少ないのは明らか。

農家の方以外は確実に運動不足です…。

が、裏を返せば電車やバスに乗らないということ。

それも感染拡大に功奏しているかもしれません。

広大な県土と低い人口密度により、人と人との距離が保たれ、ウイルスも感染する余地がないと信じております。

そして、田舎くさい…もとい奥ゆかしい県民性も一つの要因です。

上から言われることを忠実に守り、ここまで重症者を出さずにやってこれました。

私たちは私たちらしく、感染しないよう日々努めていますので、どうか今の時期だけはこちらに来ないように心からお願いいたします。

高齢者も多く、他地域に比べて三世代家族もたくさんおりますので、重症者が出た場合、クラスターのリスクは十分にあるのです。

どうか「最強の田舎」に来県するのは、コロナが完全に収束してからにして下さい!


タイトルは、1998年3月に発売されたV6の9thシングルから取りました。

自分を見失いそうになる時もありますが、「自分らしくある」ことも大切ですよね。

最後まで読んで下さりありがとうございました。




この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
読んでくれてありがとう!
3
2020.4.7開設。東北のでっかい某県在住。 職業は宗教関係の自営業。 和楽器愛好家でジャニヲタ。 一番好きな旅行先は学生時代を過ごした京都。コロナのせいで上洛が二回とんだ。 感染者ゼロ記録を継続させるため、ひたすら耐える日々。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。