新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

慢性骨髄性白血病患者の新型コロナウイルスによる治療への影響について

調査について

慢性骨髄性白血病患者・家族の会いずみの会では、この度(2021年春)、慢性骨髄性白血病の治療尾及び日常生活に関するアンケート調査を行いました。ご協力いただいた皆様には心より感謝申し上げます。

郵送調査(調査期間:2021年3月31日~4月15日)
WEB調査(調査期間:2021年4月27日~5月12日、
                    郵送調査回答者を除き会員以外も回答)
有効回答数 558 (郵送調査:511、WEB調査:47)

詳しい調査結果は、会報誌、ホームページ、および各専門学会等で公表いたしますが、先だって、新型コロナウイルス感染症とその影響が慢性骨髄性白血病患者さんの治療にどのような影響を与えたかについてご報告します。

新型コロナウイルス感染症の影響

「コロナ禍において治療に関して影響を受けたことはありますか」という質問をしたところ(選択肢は以下、複数回答可)、次のグラフのような結果となりました。

画像1

N=558(郵送511+WEB47)

上のグラフにある通り、「主治医や医療機関のすすめで通院回数を減らした(含む通院を延期した)」と回答した人が60人(10.8%)、「自己判断、家族や周囲の人のすすめで通院回数を減らした(含む通院を延期した)」と回答した人が30人(5.6%)、「薬を入手するのに支障があった」と回答した人が3人(0.5%)となりました。 

 
また、「気分が落ち込んだ」と回答した人が67人(12.1%)、「体調を崩した」と回答した人が15人(2.7%),「病気への不安やストレスを抱えている」と回答した人が93人(16.7%)となりました。この1年間、ほとんどの人がなんらかの不安を抱えながら生活され、体調を崩された方も少なくなかったかと思います。CMLの患者さんやご家族の場合、治療を続けながらの生活である以上、その不安やストレスはより大きかったのではないでしょうか。

通院控えの傾向

ここで、通院を控える傾向について少し詳しくみていきます。「主治医や医療機関のすすめで通院回数を減らした(含む通院を延期した)」とは別に、「その他(自由記述)」の回答ではより具体的に、通院先の病院でクラスターが発生し治療や検査が延期となった方や、入院中だったが退院し自宅治療になったと回答された方がいました。

他にも、緊急事態宣言の発令により都内の専門病院に通院することができなかった方や、都内・都心部の病院から転院する方もいました。新型コロナウイルス感染者数が多い都市部において、通院がためらわれている可能性が考えられます。また、治療回数を減らすために処方日数を増やしてもらっている方や、通院に際して家族の付き添いを控えている方からの回答もありました。通院により新型コロナウイルスにかかるリスクを減らすために、通院回数を減らすことが可能かどうかについては、治療のメリットとデメリットを含め必ず主治医とよくご相談ください

他のがんでも……

日本対がん協会やCSRプロジェクトなど他の調査でも、新型コロナウイルス感染症の流行以降、がん検診の受診率やがん患者の受診控えが増えていたことが報告されています。慢性骨髄性白血病の場合、その人に合うお薬があれば長期間の処方(3か月)が可能ですが、つらい副作用や体調の変化など気になることがあれば無理せず受診していただきたいと思います。また、医療機関の側でも安定した患者さんにはぜひ3か月の処方(近年患者さんから一部の医療機関で2か月しか処方されない、処方期間が短くなったとの相談が増えています)や、オンライン診療、採血など病院での滞在時間の短縮、院外薬局との連携など一緒に取り組んでいただければと思います。

その他ワクチンのことなど

その他にも、自由記述による回答には、「コロナ禍において影響を受けたことはない」「通院が若干気になる程度で大きな影響はない」など特に影響がなかったという回答を除くと、以下のようなワクチンに関する回答もありました。ワクチンに関しては、交流会等でも分子標的薬服用中の接種の是非や副反応の不安の声が多く聞かれます。
ワクチンについては、日本癌学会、日本癌治療学会、日本臨床腫瘍学会のがん関連3学会の発表でも分子標的薬服用中であっても接種を推奨することが示されております(リンクは一番下です)。もちろん、胸水など副作用が心配な方など、接種の判断は主治医にご確認ください。

いずみの会 河田純一(お問い合わせ info@izumi-cml.jp)

国立がん研究センターがん情報サービス
「新型コロナウイルス感染症Q&A~がん患者や家族、周りの人へ~」

https://ganjoho.jp/public/support/infection/covid19_QA.html
日本癌学会「新型コロナウイルス感染症とがん診療について(患者さん向け)Q&A」
http://www.jca.gr.jp/public/c_q_and_a.html

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
1
慢性骨髄性白血病(CML)の患者及び家族の情報交換や治療の向上のための活動をしています。HP(http://www.izumi-cml.jp/)、連絡先( info@izumi-cml.jp)