記事ヘッダー文字入り

光・一瞬 |#7|「横顔」

画像1

茂みの中で前を見つめるねこ、鼻が突き出したねこ然としたスタイルの良い顔、バックはちょうど夕暮れ時、猫の瞳と同じ色に輝くバックとの対比がきれいでお気に入りの一枚。

ねこの顔というと顔の模様が違えどみんな基本的には同じではないかと思っている人は結構多い、正面から見ると丸い顔に耳がついて大きな目玉が二つ、こんな感じだろう、でもねこの個々の顔の違いは正面からよりも真横から見た時の方が違いが分かるというのをご存じだろうか?

まず一番特徴的なのは鼻の高さ、前にせり出した形のいい鼻をしているねこもいれば極端につぶれた鼻をしているねこもいる、鼻の大きさが猫の顔のアイデンティティと言っても良い。次に目の大きさ、これはだいたいどのねこもそんなには変わらない、ただねこによっては目が極端に大きいと感じることもある、この場合目が大きいのではなく顔が小さい場合がほとんど、そしてやたら目が小さいなと思うとそれは顔が極端にでかい。

正面から見るとさして変わりのないねこの顔も見方を変えると色々な違いが見えてくる、ねこの顔を楽しむときはぜひ横顔を見ていただきたい、ねこの顔の美しさを堪能できる。

じつはこういう多角的な視点というのは実生活の事柄や人を見るときにも役に立つ見方だと私は思っている、どんな事でもちょっと角度を変えて見てみると見えなかったことが新たに見えてくる、それが良いことか悪いことかはまた別問題ではあるのだけれどあまり最初の印象に囚われてすぎるのも考えものなのかもしれない。

---------------------------------------------------
阪井 壱成(さかい いっせい)
東京出身、1983生まれ、
陸上自衛隊に10年勤務後フリーランスカメラマンに転身
光・一瞬をテーマにそとねこ達を精力的に撮影

webサイト
https://issei-sakai.com
Twitter
https://twitter.com/issei315
Instagram
https://www.instagram.com/isseisakai3151/

ねこ写真集やポストカードを販売しております。
https://nymphaea.booth.pm/
---------------------------------------------------

この記事が参加している募集

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

現在ねこ写真集出版のためのご支援をお願いしております。 こちらでご支援頂いた金額はねこ写真集出版に使われます。

スキありがとうございます、励みになります。
19
ポートフォリオサイト→https://www.issei-sakai.com/ 陸上自衛隊10年勤務→フリーランスカメラマン 2019年 第2回写真出版賞エンターテイメント部門最優秀賞 2018年「横浜赤レンガ倉庫ねこ写真展2018」出展 2016年「さんぽキャッツ」3冊同時発売

コメント1件

スキありがとうございます。どれも素晴らしいお写真ですね。私も今度、近所のそとねこたちの横顔を見てみます。目が小さい件は笑いました(^_^)
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。