見出し画像

今後のイベントに関する試みについて

こんにちは!
IRIAM開発担当のベータです。

今回は、IRIAMの「今後のランキング制イベントに関する試み」を、この場を借りてご説明させていただければと思います!

その試みとは、ランキング制イベントを「多くのライバーさんが入賞の可能性を感じられるものにすること」です。

イベントクラス分け画像_編集データ_アートボード 1

どういうことか……順を追って説明していきます!

いま、イベント体験が一部のユーザーさんだけのものになっている


ランキング制イベントに関しては、運営としても様々な課題を感じており、アンケートでのご意見やユーザーの皆さまへのヒアリングを通じて少しずつ改善を積み重ねていければと思っています。

スクリーンショット 2020-07-15 18.41.12


そこで実際にいただいた声を、いくつか紹介させていただくと……

・もっと多種多様なイベントを増やしてほしい
・リアルイベントなどの魅力的なイベントを増やしてほしい
・イベントの告知をしてほしい

などの意見がございました。

(「イベントの告知」に関しては、早速Twitterで試験的に始めてみております…!)


その中で、特に課題に感じた意見があります。
それは、「自分でも参加できると思えるイベントが少ない」「自分には手の届かないイベントばかり」という多くのライバーさんたちのでした。

実際の数字をお伝えすると、現在のライバーさん全体の数に対して、ランキング制のイベントで入賞できる枠数はたったの「2%」しか用意されていません。それだけ、IRIAM自体も徐々に規模を拡大してきております。

イベントクラス分け画像_編集データ_アートボード 1 のコピー

ランキング制のイベントが、多くのライバーさんにとって「自分には手の届かないもの」になってしまっている


大前提として、イベントに参加する・しないはライバーさんが自由に決められます。参加しなければいけない、ということは絶対にありません。

ただ、その自由がある中でも「イベントに出たいと思っていても出られないライバーさんが多くいる状態」は変えていかなければと、アンケートをふまえて考えております。

イベント体験をより多くのユーザーさんに届けていきます


そこで、冒頭で述べたとおりランキング制イベントを「より多くのライバーさんが入賞の可能性を感じられるものにすること」をテーマとして、以下のような変更を試みていく予定です。

① イベント自体を多種多様に増やしていく
② 同じイベントでも、実力が近いライバーさんでクラス分けを行っていく
③ 同じイベントでも、自動振り分けによりブロック分けを行っていく

(※すべてのイベントが突然上記のようになるわけではありません)

基本的には、より細かく参加条件を分けていくことによって、入賞できる可能性があがっていくものだと思ってくださればと思います。

これにより、「2%」だったイベントの入賞可能性を3ヶ月で「10%以上」にまで増やし、より入賞の可能性を高められればと思っています。


イベントクラス分け画像_編集データ_アートボード 1 のコピー 2


「クラス分け」や「グループ分け」の詳細は、実際のイベント詳細が公開された際にご確認ください。

ただ、もっともっとより良い仕様にしていく必要を強く感じており、今後も改善と調整を積み重ねていければと思っています。

例えば、上位クラス(SクラスやAクラス)の方のみがイベント内で獲得できる「魅力的な特典」を用意したり、上位クラスだけが参加できるイベントなども予定しております。


印象的だったイベントのエピソード


最後に、イベントに関するアンケートの内容をご紹介できればと思います。

それは、「IRIAMでの活動で、最も印象的だったこと」に対する回答。そこで最も多い答えは、実は、ランキング制イベントに関するエピソードでした。

この機会に、いくつかをご紹介させていただければと思います。
(ご本人からの許可はいただいております。)

「IRIAMでの経験の中で」ではなく、「これまでの人生」で、○○イベントが一番の思い出です…!
イベント期間中はプレッシャーを感じたり、もう逃げ出そうかなと思ったこともありました。
でも、これまでの人生でこんなにも自分で努力したことも、人から支えてもらったこともありませんでした。
イベントが終わった瞬間は何も考えられませんでしたが、落ち着いた頃に、これまでにない達成感がありました。
デビューしたての頃に、私はあまり詳細も分からないまま○○イベントに出場しました。イベントが始まってから、リスナーさんからたくさんのギフトを頂いて、その大変さに気づきました。そして一週間の間、どうしたらリスナーさんのこの気持ちにこたえられるか、リスナーさんと一緒に考え続けました。
(中略)
結果は、入賞はできませんでした。ですが、このイベント参加によってリスナーさんと本当の絆が作れたと思っています。あのとき、イベントに参加して良かったと今でもときどき思い出します。
まだ自分がリスナーだった頃、推しのライバーさんが○○イベントに参加し、私は自分にできる範囲でライバーさんを応援しました。
イベント最終日、私の推しは入賞できるかギリギリでしたが、ラスト3分で逆転し、なんとか勝つことができました。
そしてよろこびの爆発するコメント欄と、よろこぶ推しを見たとき、「自分もライバーになりたい。こうやってファンのみんなと喜ぶ体験をしてみたい!」と強く思いました。
その瞬間のことが、今でも印象に残っています。
いまはまだ配信をはじめたばかりですが、いつかファンのみんなとあの瞬間を味わうために頑張っています!

繰り返しとなりますが、イベントに参加するかどうかはライバーさんが自由に決められます。

その中で、「イベントに参加したい」と思うライバーさんにとって、よりイベントに入賞の可能性を感じられるようにするために、さらなる改善を重ねていければと思っております。

引き続き、よろしくお願いいたします…!


14
バーチャルライブ配信プラットフォームアプリ「IRIAM」を"今よりちょっと好きになるメディア"。IRIAMのちょっとした裏話や、イベントレポート、Vライバーさんへのインタビューなどを、ゆるっとふわっと不定期にしていきます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。