ReactOS
mRNA等劇薬ワクチン解毒中和する方法(新型ワクチンを接種してしまった人々へ・ワクチン接種後のダメージ回復方法)
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症やコロナワクチンについては、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

mRNA等劇薬ワクチン解毒中和する方法(新型ワクチンを接種してしまった人々へ・ワクチン接種後のダメージ回復方法)

ReactOS

国際的組織犯罪シンジケートの国際的組織犯罪(新型ワクチン接種傷害致傷致死等)のフロントパペット:ナチス末流製薬企業重役等国際的ワクチン接種教唆偽善団体ビルゲイツ等国立感染症研究所長ファウチ等の劇薬mRNAワクチン接種してしまった人々が遺伝子改変兵器劇薬接種被害から回復する方法をTelegramワクワクアミ/チャンネル・陀羅尼助・日本や世界や宇宙の動向・BeforeIt'sNewsさん等から転載します。

https://beforeitsnews.com/alternative/2021/04/how-to-neutralize-potential-damage-from-mrna-vaccines-3747321.html

http://blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/52063545.html

Telegramワクワクアミ/チャンネルより引用はじめ”ワクワクアミ/チャンネル, [14.05.21 09:16]
世界中の政府が実験段階のmRNAワクチンの集団接種を押し進めています。そのためワクチンを接種した人たちのために、このワクチンの毒性を中和する方法をお伝えします。一人の(匿名の)医師が教えてくれたダメージ緩和方法は、ワクチン接種者の命を救うことになるかもしれません。この医師によると、以下の物質(栄養素)を摂ることにより、体内に注入されたワクチンの毒性成分(ヒドロゲル、発光酵素、ナノロボット)の解毒、安定化、除去が行われ、(コロナワクチンの)mRNAの作用が停止します。

医師が推奨するmRNAワクチンのダメージ緩和物質(栄養素)

トップ5とは:

1)ヨウ素

海藻
昆布、わかめ、のり、ひじき

ヨウ素は、特に成長期に非常に重要なミネラルであり、
身体の様々な機能(成長、発達、破損した細胞の修復、
健康的なメタボリズムをサポート、脂質、たんぱく質、
糖質の代謝を促進、余分な脂肪を燃焼、肥満防止、乳がんの成長を抑制)
を助ける甲状腺ホルモンを出している甲状腺に使われています。

ヨウ素は体内で作り出せませんから食べ物から摂る必要があります。
またヨウ素は毒性化合物を解毒しmRNAの減衰率を大幅に増加させます。
また、食餌性ヨウ素は、ナトリウム・ヨウ化シンポーター
(甲状腺の機能を保護する)をコントロールしながら吸収作用を
コントロールします。

2)亜鉛
納豆、ピーナッツ、アーモンド


アミノ酸からのたんぱく質の再合成、DNAの合成に必要な栄養素です。
また、創傷治癒を促し、胎児や乳児の発育や生命維持に非常に重要な
役割を果たしているほか、骨の成長や肝臓、腎臓、インスリンを作る
すい臓、精子を作っている睾丸など、新しい細胞が作られる組織や
器官では必須のミネラルです。

さらに、亜鉛には抗酸化特性があり、細胞媒介の免疫機能に
重要な役割を果たしmRNAのサイトカインのレベルを調節します。
また、亜鉛は、癌細胞の遺伝子転写を制御しmRNAの発現、
mRNAの成熟と安定に必要な鍵酵素とたんぱく質を
全体的に下方制御します。そして、植物性化合物の亜鉛フィンガー
たんぱく質はmRNAの作用を停止させると考えられています。

3)ケルセチン(フラボノイド)

ポリフェノール

ケルセチンは、人間と動物に多くの健康効果(抗酸化作用、
抗炎症作用、抗動脈硬化作用、脳血管疾患の予防、抗腫瘍効果、
降圧作用、強い血管弛緩作用)をもたらし、生物活動を過剰にします。
ケルセチン処理好中球は、mRNAの炎症性遺伝子の発現を抑制します。
さらにmRNAの発現を調節し健康な状態を維持します。

4)カーボン 60=フラーレン(ナノ・カーボン活性炭)

※詳細はウィキペディアを参照ください。
フラーレン - Wikipedia
スーパーチャージ・カーボン60に電磁場を吸収させる
研究が行われています。この分子はナノカーボンであり強力な
抗酸化特性があり、健康、病気の状態で身体が受ける酸化的ストレスを
緩和させます。カーボン・ナノキャリアーはsiRNAを運び、
無数の生物バイオテクノロジーのmRNAを細胞と遺伝子に内在化し、
mRNAの作用を停止させます。効率的な遺伝子ノックダウンに
重要な役割を果たします。

5)PQQ(ピロロキノリンキノン

納豆、豆腐、味噌、ほうれん草、パセリ、ピーマン

PQQは強力な抗酸化物質であり細胞内のエネルギー・ブースターです。
PQQは、エネルギー生成ミトコンドリアをサポートしミトコンドリアを
酸化的損傷から保護するだけでなく、体内で新しいミトコンドリアを
生成させます。PQQは地球上で唯一、新しいミトコンドリアを
生成させることができる栄養素です。PQQは野菜や果物そして
母乳に含まれています。PQQは植物成長因子であり細菌性の
補助因子でもあります。PQQ二ナトリウム塩(BioPQQ)は
認知機能にプラス効果があり、UVA放射線照射によって
引き起こされた老化現象にもプラス効果があると考えられています。

この様なピロロキノリンキノン(PQQ)は、日常摂取されている多くの野菜や果物や発酵食品の中に、以下の表1に示す割合で含有されていることが知られている(例えば、非特許文献2参照)。 表 1 トマト 9ng/g ジャガイモ 17ng/g 大豆 9ng/g 人参 17ng/g キャベツ 16ng/g ホーレンソウ 22ng/g リンゴ 6ng/g オレンジ 7ng/g パセリ 34ng/g ピーマン 28ng/g キウイフルーツ 27ng/g 緑茶 30ng/g 納豆 61ng/g 味噌 17ng/g 豆腐 24ng/g 牛乳 3ng/g しかしながら、これらピロロキノリンキノン(PQQ)は多くの食品の中含まれているが、多量に含まれているものでも、パセリ34ng/g、ピーマン28ng/g、キウイフルーツ27ng/g、緑茶30ng/g、納豆61ng/g程度の濃度

※さらに、何も食べず飲み水だけで1週間過ごすと
DNAの損傷が修復され、mRNAの作用を
停止させることができると言われています。
また有機大麻エキスも内在性カンナビノイドにプラス効果が
あるためワクチンのダメージを緩和すると言われています。

mRNAコロナワクチンの毒性を中和する方法
陀羅尼助

http://www.rui.jp/ruinet.html?i=200&c=400&m=366044&fbclid=IwAR0PbyWZXfwOQALWQZMtV5wXdZDlDDj40AuTZgZm1oEMY0Lj49AyLedOvc4 ”Telegramワクワクアミ/チャンネルより引用おわり

転載引用はじめ

”mRNAコロナワクチンの毒性を中和する方法とは:
回復率が99.9%のコロナウイルスに対して世界中の政府が実験段階のmRNAワクチンの集団接種を押し進めています。そのためワクチンを接種した人たちのために、このワクチンの毒性を中和する方法をお伝えします。

米国で最もワクチン接種者が多いテネシー州ではワクチンの集団接種後に死亡率が3倍に増加してしまいました。理論的思考者なら死亡率増加の原因はコロナワクチンだろうと考えるはずです。しかし非理性的なメディアや理不尽な医学界マフィアは死亡率の増加をワクチンを打たない人がいるからだと言い、心臓病が多い理由はホットドッグばかりを食べているからではなくベーガンのせいだと言っています。

1986年以降、ワクチン裁判で45億ドルの補償金が支払われています。

そして2011年に最高裁はワクチンの危険を回避することはできないと言う見解を示しました。また、ほぼ全てのワクチンに発がん性物質や神経障害を生じさせる化学物質が含まれています。

しかし一人の(匿名の)医師が教えてくれたダメージ緩和方法は、ワクチン接種者の命を救うことになるかもしれません。
この医師によると、以下の物質(栄養素)を摂ることにより、体内に注入されたワクチンの毒性成分(ヒドロゲル、発光酵素、ナノロボット)の解毒、安定化、除去が行われ、(コロナワクチンの)mRNAの作用が停止します。

(mRNAに関する説明は以前このブログでご紹介した記事にも記述されていましたので省略させていただきます。)

医師が推奨するmRNAワクチンのダメージ緩和物質(栄養素)トップ5とは:
1)ヨウ素
ヨウ素は、特に成長期に非常に重要なミネラルであり、身体の様々な機能(成長、発達、破損した細胞の修復、健康的なメタボリズムをサポート、脂質、たんぱく質、糖質の代謝を促進、余分な脂肪を燃焼、肥満防止、乳がんの成長を抑制)を助ける甲状腺ホルモンを出している甲状腺に使われています。ヨウ素は体内で作り出せませんから食べ物から摂る必要があります。またヨウ素は毒性化合物を解毒しmRNAの減衰率を大幅に増加させます。また、食餌性ヨウ素は、ナトリウム・ヨウ化シンポーター(甲状腺の機能を保護する)をコントロールしながら吸収作用をコントロールします。

2)亜鉛
アミノ酸からのたんぱく質の再合成、DNAの合成に必要な栄養素です。また、創傷治癒を促し、胎児や乳児の発育や生命維持に非常に重要な役割を果たしているほか、骨の成長や肝臓、腎臓、インスリンを作るすい臓、精子を作っている睾丸など、新しい細胞が作られる組織や器官では必須のミネラルです。さらに、亜鉛には抗酸化特性があり、細胞媒介の免疫機能に重要な役割を果たしmRNAのサイトカインのレベルを調節します。また、亜鉛は、癌細胞の遺伝子転写を制御しmRNAの発現、mRNAの成熟と安定に必要な鍵酵素とたんぱく質を全体的に下方制御します。そして、植物性化合物の亜鉛フィンガーたんぱく質はmRNAの作用を停止させると考えられています。

3)ケルセチン(フラボノイド)
ケルセチンは、人間と動物に多くの健康効果(抗酸化作用、抗炎症作用、抗動脈硬化作用、脳血管疾患の予防、抗腫瘍効果、降圧作用、強い血管弛緩作用)をもたらし、生物活動を過剰にします。ケルセチン処理好中球は、mRNAの炎症性遺伝子の発現を抑制します。さらにmRNAの発現を調節し健康な状態を維持します。

4)カーボン 60=フラーレン(ナノ・カーボン活性炭)
※詳細はウィキペディアを参照ください。フラーレン - Wikipedia
スーパーチャージ・カーボン60に電磁場を吸収させる研究が行われています。この分子はナノカーボンであり強力な抗酸化特性があり、健康、病気の状態で身体が受ける酸化的ストレスを緩和させます。カーボン・ナノキャリアーはsiRNAを運び、無数の生物バイオテクノロジーのmRNAを細胞と遺伝子に内在化し、mRNAの作用を停止させます。効率的な遺伝子ノックダウンに重要な役割を果たします。

5)PQQ(ピロロキノリンキノン)
PQQは強力な抗酸化物質であり細胞内のエネルギー・ブースターです。PQQは、エネルギー生成ミトコンドリアをサポートしミトコンドリアを酸化的損傷から保護するだけでなく、体内で新しいミトコンドリアを生成させます。PQQは地球上で唯一、新しいミトコンドリアを生成させることができる栄養素です。PQQは野菜や果物そして母乳に含まれています。PQQは植物成長因子であり細菌性の補助因子でもあります。PQQ二ナトリウム塩(BioPQQ)は認知機能にプラス効果があり、UVA放射線照射によって引き起こされた老化現象にもプラス効果があると考えられています。

結論
特に職場や他の理由で益々多くの人たちがコロナワクチンの接種への圧力がかかる中で、ワクチンのダメージを緩和する方法を見つけ出すことが非常に重要になってきました。コロナワクチンを接種した人たちには以下の5種類の物質(栄養素)(私:5種類全てなのかそのうちの1つだけでよいのかはわかりませんが。)を摂ることを推奨します。

ヨウ素
亜鉛、
ケルセチン
スーパーチャージ・C60
PQQ
さらに、何も食べず飲み水だけで1週間過ごすとDNAの損傷が修復され、mRNAの作用を停止させることができると言われています。また有機大麻エキスも内在性カンナビノイドにプラス効果があるためワクチンのダメージを緩和すると言われています。
興味深いことに、Merck社は、コロナワクチンはコロナに感染した後の自然抗体よりも効果が少ないとしてコロナワクチン(2種類)の開発を放棄しました。
つい最近、カナダの老人ホームでは高齢者(利用者)へのコロナワクチンの集団接種を行った結果、高齢者がバタバタと突然死していると内部告発者が暴露しました。”以上転載引用おわり。

https://beforeitsnews.com/alternative/2021/04/how-to-neutralize-potential-damage-from-mrna-vaccines-3747321.html

機械翻訳引用はじめ

”mRNAワクチンによる潜在的な損傷を中和する方法

 2021年4月7日水曜日17:40

99.9%の回復率を持つウイルスであるCOVID-19に対して惑星にワクチンを接種するという現在の不合理な推進により、これらの未テストによって行われている損傷を「解毒」および「中和」する実際的な方法を議論することが重要であると感じています。 mRNAワクチン。

興味深いことに、ここテネシー州では、ワクチン接種率で米国をリードしているにもかかわらず、COVIDの「死亡率」は3倍になっています。不思議に思いませんか?論理的な思想家は、アイスクリームをたくさん食べる人口の肥満の増加を見るときのように、ワクチンが原因であると推測します。しかし、非合理的で非論理的な「主流メディア」と「医療マフィア」は、間違いなく、死者の増加について「反バクサー」を非難するでしょう。これは、毎日ホットドッグを食べる人々の心臓病の増加についてビーガンを非難するのと同じくらい理にかなっています。 …

しかし、事実や論理に気を取られないようにしましょう!

1986年以来ワクチン裁判所によって与えられた45億ドルの損害賠償にもかかわらず…最高裁は「として、ワクチンを説明していても、不可避的に 国連安全2011年に」...ほとんどのワクチンが神経学的損傷を引き起こす既知の発癌物質および化学物質を含むことを証明する添付文書にもかかわらず。ワクチンに疑問を投げかけるのは EVILです。彼らは 危険です!彼ら はワクチン接種を受けた人々の死のために非難されなければなりません 。彼らはどんな 犠牲を払っても検閲されなければなりません ! (OK、OK、十分な皮肉)

真剣に、この情報は誰かの命を救うかもしれないので、私たちはあなたと共有したいと思いました。匿名を希望する医師から提供されました。この研究の目的は、体が損傷から回復し、ヒドロゲル、ルシフェラーゼ、ナノボットなどの体からの有毒成分を無害化し、安定させ、浄化し、COVIDワクチンに含まれるメッセンジャーRNA(mRNA)を沈黙させるのを助けることです。

mRNAとは何ですか?
メッセンジャーRNA(mRNA)は、細胞核から細胞質内のリボソームへの遺伝子情報の伝達を仲介し、タンパク質合成のテンプレートとして機能します。

え?私は知っている、これは科学的な「gobbledygook」の束のように聞こえるので、あなたのために翻訳させてください。

私たちは細胞でできています。各細胞には何百万ものタンパク質が含まれています。タンパク質を作るための指示は、遺伝子の形で細胞のDNAに「書かれ」、転写 (mRNAの形でDNA配列を「書き直す」)と 翻訳 (mRNAを「解読」してタンパク質を作る)によってタンパク質を作ります。 

したがって、COVIDワクチンがmRNAを使用して遺伝子コードを変更する場合、損傷を防ぐための鍵は、論理的にはメッセージの翻訳を妨害することですよね?

出来上がり!

RNA干渉システム(RNAi)は、細胞がmRNAの翻訳を遮断することによって遺伝子発現を制御するメカニズムです。RNAiは、細胞がウイルスに感染したときにウイルスタンパク質の翻訳を停止するためにも使用できます。RNAiシステムは、治療的に利用される可能性もあり1、ウイルスRNAの複製を防ぐことができます。

以下に TOP FIVEは、 (順不同)のmRNAワクチンから緩和損傷に物質を推奨。

1 | ヨウ素
必須ミネラルであるヨウ素は、成長と発達、損傷した細胞の修復、健康な代謝のサポートなど、体内の多くの機能を制御する甲状腺ホルモンを作るために甲状腺によって使用されます。
あなたの体はヨウ素を生成しないので、それは食事療法で供給される必要があります。ヨウ素は、有毒な化合物を無害化し、mRNAの減衰率を大幅に高めるためにも使用できます,。食事中のヨウ素は、甲状腺の機能を保護するヨウ化ナトリウム/ヨウ化物(NIS)共輸送体の調節を通じて自身の吸収を制御します。 

2 | 亜鉛
亜鉛は、体がタンパク質やDNAを作ることを可能にし、創傷治癒に貢献し、子供の成長と発達に役割を果たします。また、抗酸化作用があり、細胞性免疫機能に重要な役割を果たし、サイトカインのmRNAレベルを調節します。

亜鉛は癌細胞の遺伝子転写を調節することが示されています。さらに、亜鉛はマイクロRNAの発現と、マイクロRNAの成熟と安定性に必要な主要な酵素とタンパク質をグローバルにダウンレギュレートします。 

3 | ケルセチン
ケルセチンは、人間と動物の両方に複数の健康上の利点が証明されているフラボノイドであり、多数の生物学的活性を示します。

ケルセチンで処理された好中球は、さまざまな炎症誘発性遺伝子のmRNA発現の顕著な抑制を示しました。

活力を体験する-自然から直接-腐植物質とフルボ酸の微量ミネラル複合体
ケルセチンのあまり知られていない最近発見された役割の1つは、健康と病気に重要な役割を果たすmicroRNA(miRNA)発現の調節です。

4 | スーパーチャージドC60
(ナノカーボン活性炭)
カーボン60(C60)は 、中空のサッカーボールのように見えるものを形成する60個の炭素原子で構成される天然に存在する分子 です。C60の学名は「バックミンスターフラーレン」であり、球状ケージを形成する単一要素の唯一の分子であり、スーパーオキシドジスムターゼ、グルタチオン、カタラーゼ、およびCOQ10の抗酸化作用を実行する、これまでに知られている中で最も強力な抗酸化剤である可能性があります。 過去13年間で、「スーパーチャージド」C60フラーレン分子は、15以上の大学と5つの連邦認定研究所によって調査、テスト、特性評価され、「600以上の評価」が得られました。

電磁界(EMF)吸収における過充電C60の潜在的な用途に関してもかなりの前向きな研究が行われています。スーパーチャージドC60分子は、健康な状態と病気の状態の両方で酸化ストレスを管理する身体の能力を増強する可能性のある、信じられないほど強力な抗酸化特性を示すナノカーボン材料です。

研究によると、カーボンナノキャリアは低分子干渉RNA(siRNA)を送達し、無数の植物バイオテクノロジーmRNAアプリケーションを可能にし12、細胞に内在化し、その後の遺伝子サイレンシング効率13を可能にし、効率的な遺伝子ノックダウンに重要です。新製品のピアレビューが公開され、健康上のメリットを否定できないことに医師は驚いた
5 | PQQ(ピロロキノリンキニン)
ピロロキノリンキノン(PQQ)は、強力な抗酸化物質および細胞エネルギーブースターであり、エネルギーを生成するミトコンドリアの健康をサポートし、酸化的損傷から保護し、新しいミトコンドリアの成長を助けます。15PQQは、実際に地球上で知られている 唯一の 栄養素です。新しいミトコンドリアを生成することができます。

PQQは果物や野菜、母乳に含まれており、植物の成長因子および細菌の補因子です。研究によると、PQQ二ナトリウム塩(BioPQQ™)は認知機能にプラスの効果があり、UVA照射によって誘発される老化に保護効果がある可能性があります16,17。

結論
COVIDマウントのワクチン接種の圧力として、特に雇用主の要件やその他の理由でワクチン接種が必要な人にとって、被害を軽減する方法を見つけることが重要になります。

要約すると、上記の5つの物質は、推奨される情報源へのリンクとともに、次のとおりです。

ヨウ素
亜鉛
ケルセチン
過給C60
PQQ

また、 水のみの絶食 (1週間)は、DNA損傷を修復し、外来mRNAを沈黙させることが示されています。そして、フルスペクトルの麻抽出物を摂取 すること は、ほぼすべての内部機能を調節する内在性カンナビノイドシステムへのプラスの効果のために、もう1つの優れた提案です。私たちはこの有機麻抽出物を毎日摂取しています!
興味深いことに、メルクは2つのCOVIDワクチンの開発を断念し、徹底的な調査の結果 、ウイルス自体を感染させて天然抗体を開発するよりも、ワクチン接種の防御力が低いと結論付けたと述べました 。1月25日、彼らはワクチンが自然感染と比較して「劣った」免疫系反応を引き起こしたと発表しました。

最近、CNAナーシングホームの内部告発者が公開され、COVID-19予防接種を服用した後、高齢者が「ハエのように死んでいる」という経験を共有しました。”

機械翻訳引用おわり

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
ReactOS
伝染病・癌等325種疾病治療効果世界12ヶ国公文書特許公報掲載中”波動治療方法及び装置”を使用し疫病災難退治すべき時。2011年311の原発破壊事件・食品核汚染化学兵器微粒子日本国国土政治経済産業一流企業国家徹底破壊事件後、2011年牛糞堆肥庭果樹施肥奇形果物10年間経過観察中。