三浦さやか
秩序というのは愛のルールにのっとって物事が行われている、ということに尽きると思います。無秩序は愛の不在です。
見出し画像

秩序というのは愛のルールにのっとって物事が行われている、ということに尽きると思います。無秩序は愛の不在です。

三浦さやか

この記事は前半は秩序についていただいた質問への回答、後半途中からは私のコミュニケーションに関する質問で途中から有料になります。後半はご興味ある方だけどうぞ。

アシュタールさん、質問を頂きました。

さやかさん、質問させてください。

高次元から見た『秩序・無秩序』や『つまらない事』って何なのでしょう?

実は、今日私がよく行く神社の誰かから、無秩序だから壊してくれって頼まれたんです。再構築したいんですって。

で、今日の出来事について、カードリーディングしたら、『つまらなかったから(壊した)』と。
それって、神社が秩序正しくあるってことじゃないの?って思ったんですけどね(笑)

で、秩序とか無秩序って何なんだろうって思って、少し調べてみたんです。
まぁ、地球的な意味は、良いとして、スピリチュアル的な意味を調べてみると、『宇宙の秩序』って言葉が出てきて。

それはなにかって事は、調べても分からなかったんだけど。

私の推測ですが、宇宙の秩序って、アシュタールさんがよく言う『愛をもって』ってことなのかなって。愛に基づいた世界的な。

だとしたら、神社は、愛が足りない場所になっていたのか、それとも、愛で満たされた状態がつまらなかったのか。


私自身、何が疑問なのか、ようやくまとまったので、質問をまとめます。
・秩序、無秩序とは何か。
・そもそも、愛が満ちた世界で『秩序』が必要なのか。
・神社は、人の願いが作ったものだから、秩序が必要?

ということです。
長くなってごめんなさい🙇

「こんにちは。とても興味深い質問ですね。私たちは秩序というものを気にしたことがありません。しかしこの機会に考えてみるとしましょう。
 そうですね。やはり秩序というのは愛のルールにのっとって物事が行われている、ということに尽きると思います。無秩序は愛の不在です。
 愛に満ちた世界では秩序はルールとして存在しなくとも、みんなが愛とともに調和していています。調和、というのが秩序が保たれているということになるのでしょうね。そこには明文化したルールのようなものはありません。
 神社は人の願いが作ったもの、とうのは誤解があるようですね。神社は人々が願って作ったものではありません。神社を作ると都合のいい一部の人たちが願って創設されたものなんですよ。
 そこには秩序が必要だと思います。神社の求める秩序が私の設定する愛のことかどうかは私にはよくわかりません。

私はカオスもけっこう好きなんですよ。秩序ってなんかつまらない感じ。

秩序が愛のことを意味するのでなければ、そうなるでしょうね。あなたのいうカオス、混沌が、それぞれの個性を発揮する、という意味であるならばそれはとてもユニークで素晴らしいものとなるでしょう。

言葉の定義によりますね

「そうですね。」

ここから先は、私自身があまり人には見せたくないようなプライベートな質問タイムです。ご興味ある方だけどうぞ。

この続きをみるには

この続き: 2,086文字

三浦さやかとアシュタールさんとの秘密の会話記録です。ほぼほぼ自分のために書いてます。読者サービスなどは考えていません。無料記事を気に入って…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
三浦さやか

サポートありがとうございます。 皆さんのお役に立ちたいと思っています。 ご希望のある方はサポートメッセージ欄にアシュタールさんにきいてみたいことや関心があるテーマを伝えてください。 できるだけnote内で取り上げたいと思います。

三浦さやか
自分自身がアセンションしつつ、他の人のアセンションも手伝う係の人です。noteではアシュタールさんから教えてもらったことについて皆様とシェアしたく思っています。