遺伝子検査付きペルソナ育毛剤の効果&口コミ&アフター(解約など)情報!


画像16

育毛剤には様々な種類があって、様々な成分が採用されています。

問題は、どんな育毛剤や成分であっても誰にでも効くわけではないということ。

効く人には効くし、効かない人には効かないというのはある意味仕方がないことでした。

ペルソナ育毛剤は、そんな問題に真っ向から取り組んだ育毛剤です。

遺伝子検査の結果から効果がある成分を選択して配合するという「セミオーダー」方式は、これまでの育毛剤にはありませんでした。

ペルソナ育毛剤なら、これまで育毛剤が効かなかった人でも期待がもてそうです。

今は激アツなキャンペーン中です!この機会に是非!

画像1

※初回解約OKだから4980円で遺伝子検査ができてセミオーダーの育毛剤もサプリももらえるってことよね、ズルい!(私のときはなかったよ、、)

ペルソナ育毛剤の効果・成分は他の育毛剤とはまったく違う!

画像2

最近の育毛剤は成分数勝負のようになっています。

頭皮に対して効果が期待できる成分を大量に配合する。

そして、絨毯爆撃的に成分を与えてどれかが効くことを期待する。

これが既存の育毛剤です。

それに対して、ペルソナ育毛剤はユーザーそれぞれに合った成分を選ぶというシステムを確立しました。

■ペルソナ育毛剤は自分の遺伝子に合った成分が選ばれる

画像3

ペルソナ育毛剤に使われている成分は106種類です。

ただし、手元に届く育毛剤に106種類すべての成分が入っているわけではありません。

ペルソナ育毛剤を購入すると、まず遺伝子検査が行われます。

遺伝子検査によって薄毛を起こす遺伝子の傾向が判明。

106種類の成分の中から、それぞれのユーザーの遺伝子に合わせた成分の組み合わせが選ばれます。

106種類の成分も、薄毛に対するエビデンス(根拠)があるものが揃えられています。

そして、個々の成分だけではなく配合バランスによる効果も研究されているため、やみくもに成分を配合した育毛剤より高い効果が望まれるのです。

ペルソナに使われる育毛成分には、主に3つのリスクに対応する成分が含まれています。

■AGAになりやすい傾向が強い遺伝子タイプに対応する成分

画像4

まずAGA(男性型脱毛症)になるリスクが高い遺伝子タイプに対応する成分です。

AGAは特に遺伝の影響が強いと考えられている薄毛の原因です。

AGAは、DHTという強力な男性ホルモンが抜け毛を促進してしまうというもの。

そのため男性ホルモン対策が必要となります。

男性ホルモン対策としては

・地黄(ジオウ)
・ビワ葉エキス

という2つの成分が中心として使われます。

地黄(ジオウ)は5αリダクターゼに働きかける
漢方生薬として古代から使われてきた地黄。

最近では、DHTを作り出す5αリダクターゼという酵素の活性化へ働きかける作用が研究されています。

5αリダクターゼは、男性ホルモン・テストステロンをDHTに変換する働きを持ちます。

しかし、5αリダクターゼは活性をブロックしてしまえばDHTを作ることができません。

地黄の作用で5αリダクターゼの活性が阻害されれば、DHTが作られずAGAが防げると考えられます。

ビワの葉は古代中国で肺の働きをよくすると言われて珍重されてきました。

近年、ビワの葉に「アミグダリン」という成分が含まれていることが発見されています。

ビワ葉の作用は、主に「アミグダリン」の作用だということがわかってきたのです。

男性ホルモンDHTは、毛乳頭に「FGF-5」という抜け毛を促進する情報伝達物質を分泌させます。

DHTによってFGF-5が増やされ、髪が伸びる前に抜けてしまうのがAGAです。

ビワ葉エキスのアミグダリンは、この脱毛因子=FGF-5の働きを阻害する働きがあるといわれています。

画像5

■髪の毛が細くなりやすい遺伝子タイプに対応する成分

画像6

髪が十分に太く育たず、細毛になりやすい遺伝子タイプの人もいます。

それなりに髪が生えていても、髪それぞれが細いとスカスカの薄毛に見えてしまうのです。

そうした細毛の遺伝子タイプの人には、主に4つの成分で対応します。

・M-034
・マジョラムエキス
・リデンシル
・ツボクサエキス

髪の成長期を維持してくれるM-034
髪が細くなりがちなのは、十分な成長期を維持できないせいでもあります。

M-034はミツイシコンブのエキスから抽出された成分。

M-034によって、髪が生えている毛包の「外毛根鞘」という毛包の外壁の細胞が増殖されるといいます。

外毛根鞘の細胞が増えることにより、髪が抜けにくくなって成長期が維持されることが期待されます。

M-034はペルソナ育毛剤だけではなく、他の多数の育毛剤にも採用されている実績がある成分です。

17型コラーゲンを維持してくれるマジョラムエキス
髪の毛は毛母細胞という組織が作っています。

毛母細胞は、2年~6年の成長期が終わると分解されます。

そして新しく元気な毛母細胞が再生されて髪の成長が保たれるのです。

新しい毛母細胞は「毛包幹細胞」から作られます。

毛包幹細胞が毛母細胞になるまで毛包の中で支えているのが17型コラーゲンというタンパク質の一種です。

17型コラーゲンが失われると、毛包幹細胞が毛母細胞になれずに髪を育てる機能が失われるということが日本人の学者によって解明されました。

マジョラムエキスには17型コラーゲンの合成を促進するという研究データがあります。

画像7

17型コラーゲンが維持されれば、毛母細胞の新陳代謝も維持されて健康な髪の毛が作られます。

成長期の髪の増加が期待されるリデンシル
リデンシルは茶葉のエキスであるEGCG2と、セイヨウアカマツのエキスであるDHQGなどが組み合わされた成分です。

EGCG2は、インターロイキン8という頭皮に炎症を引き起こす物質を抑制すると考えられています。

そして、DHQGは髪の育成をコントロールしている毛乳頭、毛包幹細胞を活性化するといいます。

画像8

参照:http://www.nardev.com/UploadSection/ProdCat-276-1446515551.pdf

これは、プラセボ(偽薬)とリデンシルの髪への影響を比較したものです。

anagenというのは成長期のこと。

このグラフはリデンシルがプラセボとの比較で成長期の髪の毛を増やしたという結果を表しています。

画像9

参照:http://www.nardev.com/UploadSection/ProdCat-276-1446515551.pdf

一方telogenは休止期のこと。

髪は休止期に入ると抜け落ちます。

薄毛は成長期より休止期の髪が増えて、抜け毛が増えている状態です。

このグラフから、リデンシルは休止期の髪を減らす作用もあるということが読み取れます。

頭皮の炎症に作用するツボクサエキス
ツボクサはアフリカ大陸の東に浮かぶマダガスカル島原産のハーブです。

ツボクサは、トラが傷を擦り付けて治療するという伝説を持つほど強い効果があるとされています。

ツボクサエキスに含まれる「ヘテロサイド」という物質が炎症を防ぎ、頭皮ダメージを抑えると考えられています。

■頭皮トラブルが起きやすい遺伝子タイプに対応する成分

画像10

頭皮は皮脂と皮膚常在菌によって適度な潤いが保たれ、雑菌や病原性細菌などの感染から守られています。

そうした頭皮のバリアが弱い遺伝子タイプだと、頭皮の乾燥や細菌感染などによって炎症が起こりやすくなります。

頭皮の炎症は、髪が正常に作られる機能を阻害します。

ペルソナ育毛剤には、12種類の成分を中心とした頭皮トラブルに対応する成分が使われています。

そのすべてを解説すると長くなりすぎるので、その中で中心的な役割を果たしているピディオキシジルについて解説します。

ピディオキシジル
ピディオキシジルは、現在発毛剤として用いられているミノキシジルの化学構造を改良した成分です。

ミノキシジルは血管拡張作用により発毛を促すと考えられていますが、強い副作用を持ちます。

ミノキシジルから副作用をとりのぞき、必要な効果だけは残したのがピディオキシジルです。

頭皮環境を悪化させる炎症はいわば循環障害です。

頭皮の巡りがピディオキシジルで保たれれば、循環障害も起きにくくなると考えられます。

ペルソナ育毛剤に配合されている成分に副作用の心配は不要

画像11

ペルソナ育毛剤に用いられている106種類の成分。

それらが選ばれる基準は、まず育毛に対するエビデンス=根拠があるということ。

そしてもう一つは安全であるということです。

ペルソナ育毛剤に使われているのは、目新しい新成分ではなく実績があるものです。

その実績の中には、危険な副作用を起こした実例がないというものも含まれます。

それと同時に、頭皮への刺激となる化学成分なども配合されていません。

・合成香料
・着色料
・鉱物油
・パラベン
・被膜形成剤
・シリコン
・紫外線吸収剤

この7つの成分は頭皮に悪い影響を与える心配があるため無添加。

さらに、製品の製造・品質管理の基準となるGMPを満たしています。

画像12

ペルソナ育毛剤の遺伝子検査システムにはデメリットもある

画像13

ユーザーの遺伝子を検査し、その遺伝子傾向に合った配合の育毛剤が届けられる。

これがペルソナ育毛剤最大のポイントです。

遺伝子検査までしてくれる育毛剤は現在ペルソナのみ。

ただ、遺伝子検査をするゆえのデメリットもあります。

■ペルソナのデメリット1:遺伝子検査にかかる費用が高額
遺伝子検査には、高度な検査器械と専門家が必要です。

そのため、ペルソナ育毛剤の通常価格には遺伝子検査費が含まれています。

通常価格37,600円の内訳は、育毛剤12,800円に対して遺伝子検査費24,800円。

育毛剤本体より検査費のほうが倍近くかかります。

ただし、遺伝子検査費がかかるのは単品購入のときのみです。

定期コースを6ヶ月以上利用すれば、遺伝子検査費がかからず、育毛剤本体の価格も割引になります。

■ペルソナのデメリット2:育毛剤が届くまで時間がかかる
遺伝子検査費のほうは、定期コースの利用により削減できます。

しかし、絶対に削減できないのが遺伝子検査にかかる時間です。

この遺伝子検査は、専門の外部機関に依頼されるので短時間では結果が出ません。

ペルソナ育毛剤を購入すると、まず自分の細胞(口の中の粘膜)を採取して送付します。

そこから遺伝子が調べられ、そして遺伝子に合わせた成分を組み合わせた育毛剤が作られます。

手元に育毛剤が届くのは、送付した細胞が会社側に届いてから2週間から3週間。

刻々と薄毛が進行する中、一刻も早く育毛剤を使いたいときに、最大3週間はちょっと長いですよね。

■ペルソナのデメリット3:自分がほしい成分とは限らない
現在は育毛剤や育毛成分についての情報が広まっています。

そんな情報から、自分にはこの成分が入っていてほしいと希望を持つ人もいるかもしれません。

でもペルソナ育毛剤の成分構成は、自分の遺伝子しだいです。

だから、自分が期待している育毛成分が入っているとは限りません。

また、同じ成分が入っていてもその配合割合は人によっても違います。

遺伝子検査を元にしたプロの判断に委ねるという人ならそれで納得できるでしょう。

反面、自分が入れてほしい成分が絶対入っていてほしいという人には合わないかもしれません。

ペルソナ育毛剤の遺伝子検査にはこれだけのメリットがある

画像14

多少のデメリットがあるとはいっても、やはり遺伝子検査をしてくれるメリットは大きいです。

薄毛と遺伝の関係はすでに指摘されていることです。

ただ、それは「薄毛は遺伝だから何をしても無駄」という否定的な文脈で語られることが多かったのです。

これまでの育毛剤に、遺伝と向き合ってきたものはありません。

ペルソナ育毛剤は、史上初の遺伝子と真正面から向き合った育毛剤です。

薄毛対策のために遺伝子検査をするメリットは、デメリットをはるかに上回ります。

■ペルソナのメリット1:頭皮トラブルが起きやすいがわかる
頭皮に起こる炎症、乾燥などの肌トラブルは薄毛の原因となることもあります。

頭皮に肌トラブルが起こりやすいかどうかも遺伝子検査でわかります。

頭皮の肌トラブルに対する強度は「SPINK5」という遺伝子の検査でわかります。

SPINK5とは?

画像15

参照:https://www.yodosha.co.jp/jikkenigaku/keyword/4120.html

これでは呪文のようでわけがわからないので翻訳します。

・SPINK5は先天性皮膚異常を起こすネザートン症候群の原因遺伝子で、LEKTIタンパク質を作る設計図
・LEKTIは、皮膚の角質層でプロテアーゼ=タンパク質を分解する酵素の一種・カリクレインの活性を阻害する
・カリクレインが過剰に活性化すると皮膚表面のバリア機能が異常になる

要約すると、SPINK5遺伝子は皮膚のバリア機能を乱す酵素を抑制するタンパク質を作れるということです。

SPINK5遺伝子のタイプを調べると、肌が弱いかどうかがわかります。

・GG型=標準型:肌トラブルが起きにくい
・GA型=標準に近い型:GG型よりは肌トラブルが起きやすい
・AA型=肌が弱い型:肌トラブルやアトピー性皮膚炎などが起こりやすい

遺伝子検査をしてGA型やAA型だった場合は、ペルソナ育毛剤に肌トラブルに対応する成分が配合されます。

そのおかげで、画一的に有効成分などを配合している育毛剤より的確な頭皮ケアができるようになります。

■ペルソナのメリット2:細毛になりやすいかどうかがわかる
髪の毛が太くてしっかりしている人、弱くてふにゃっとしている人。

この違いも遺伝子の違いによるものです。

髪の毛が太くなりやすいか弱くなりやすいかは「EDAR」遺伝子の検査でわかります。

集団遺伝学的アプローチを用いて、進化学的解析を行った。その結果、EDAR(ectodysplasin A receptor)がアジア人の毛髪の太さに関与し、最近の自然選択によって進化した事が示唆された。
http://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/data/h19/123810/123810a.pdfhttp://gakui.dl.itc.u-tokyo.ac.jp/data/h19/123810/123810a.pdf

EDAR遺伝子にも3つのタイプがあり、髪が細く弱くなりやすいかどうかがわかります。

・CC型:アジア人に多い太い直毛を作るタイプ
・CT型:CC型に近いタイプ
・TT型:欧州やアフリカに多い細く曲がった髪を作るタイプ

日本人の中にも細いくせっ毛の人はいます。

髪が細くなりやすい遺伝子を持つ人に対しては、M-034やリデンシルなど髪の育成に働きかける成分が配合されます。

■ペルソナのメリット3:AGAになるリスク度が発症前にわかる
AGA(男性型脱毛症)は、年齢を重ねるごとに発症するリスクが高くなります。

60歳以上の男性のAGA発症率は51%。

60歳を過ぎて自分がAGAになるかどうかの確率は5:5だということになります。

しかし、遺伝子検査を行えばAGAになっていなくてもAGAになりやすいかどうかがわかります。

AGAは、男性ホルモンの一種DHTが毛乳頭の受容体と結びつくことで起こります。

毛乳頭の受容体=アンドロゲンレセプターの感受性は遺伝子で決められています。

アンドロゲンレセプターの感受性に関係していると考えられているのが、PAX1遺伝子とFOXA2遺伝子です。

AGAの遺伝性はよく知られていたが,その関連遺伝子や遺伝子多型について種々報告がある。
~中略~
ゲノムワイド関連解析 Genome-wide association study(GWAS)という手法により,20番染色体のPAX1遺伝子周辺の1塩基多型(SNP:Single Nucleotide Polymorphism,rs6137444,rs1998076,rs201571,rs6113491)との相関が見られた。
https://www.jstage.jst.go.jp/article/koshohin/42/2/42_420203/_pdfhttps://www.jstage.jst.go.jp/article/koshohin/42/2/42_420203/_pdf

PAX1遺伝子とFOXA2遺伝子のタイプを調べると、アンドロゲンレセプターの感受性がわかります。

アンドロゲンレセプターの感受性が強いと、AGAになりやすいのです。

・GG型:AGAになりにくいタイプ
・GA型:AGAになる可能性があるタイプ
・AA型:高い確率でAGAになる

遺伝子検査によってAGAになりやすいかどうかがわかれば、発症するまえに対処することも可能です。

ペルソナ育毛剤は、AGAになりやすいタイプの人にはDHTができにくくすると考えられている成分が配合されます。

■ペルソナのメリット4:自分の遺伝子に最適な育毛剤が使える
育毛や薄毛対策のために遺伝子を検査するメリットがわかったと思います。

従来の育毛剤は、地図のない道を手探りで進むようなものでした。

手探りでは、目的地である薄毛解消にたどり着ける人はそんなに多くはありません。

しかし、遺伝子検査はいわば進む前に地図を手に入れるようなもの。

ペルソナ育毛剤は、遺伝子という指標を元にして成分の組み合わせが決められます。

使われる成分も、M-034、ピディオキシジル、リデンシルなど臨床試験が行われて育毛の根拠があるもののみ。

ペルソナ育毛剤が遺伝子検査をする最大のメリットは、自分の遺伝子タイプに最適化された育毛剤を使えるということです。

ペルソナ育毛剤で遺伝子検査を受けるための方法と手順は簡単

ユーザーの遺伝子情報を元に育毛剤の成分が変わるセミオーダー方式。

これがペルソナ育毛剤の特徴です。

ペルソナ育毛剤を注文すると、まず届けられるのが遺伝子検査キット。

といっても特殊なものではなく、綿棒2本と試験管っぽい容器だけです。

画像17

やることは簡単。

1.同封の検査申込書に氏名を記入して印鑑を押印
2.綿棒2本で口の中をこすって容器に入れる
3.綿棒を入れた容器を同封の封筒で返送

遺伝子は細胞を用いて調べられます。

でも痛いことは必要なし!

同封の綿棒で1本につき20回ずつ頬の内側をこするだけです。

ただし、正確な遺伝子情報を得るために口を水ですすいでからやるようにしてください。

実際やるときは、説明書がついてくるので確認しながらやるようにしましょう。

■ペルソナ育毛剤の遺伝子検査の結果に記載されている内容
口の中をこすった綿棒を送ってから2週間から3週間で、遺伝子的に最適化されたペルソナ育毛剤が送られてきます。

そのとき、遺伝子検査の結果も同梱されてきます。

画像18

遺伝子検査の結果に書かれている結果は3つ。

・アンドロゲンレセプター感受性遺伝子
・毛髪形態遺伝子
・頭皮強度遺伝子:頭皮に肌トラブルが起きやすいかどうか

アンドロゲンレセプター感受性遺伝子
これはAGAになるリスクがどれだけあるかの検査です。

アンドロゲンレセプター=男性ホルモンと結びつく受容体の感受性を調べます。

感受性が高ければ、AGAになりやすいということになります。

アンドロゲンレセプター感受性遺伝子のうち、AA型であればAGAになる確率は非常に高いです。

毛髪形態遺伝子
これは髪が細くなりやすいかどうかを調べる検査。

髪が細くなりやすい人は、抜け毛がなくても頭皮が透けて薄毛に見えます。

髪の太さに関わるEDAR遺伝子のタイプを調べ、TT型という結果になると細毛になりやすいです。

頭皮強度遺伝子
頭皮にトラブルが起こりやすいかどうかを調べる検査です。

ここで調べられるのはSPINK5遺伝子。

SPINK5遺伝子は、皮膚のタンパク質を分解する酵素の働きを阻害する物質の設計図を持ちます。

もしSPINK5のタイプがAA型だと、頭皮に乾燥や炎症などの肌トラブルが起きやすいということ。

肌トラブルは抜け毛の原因となりやすいので、頭皮が弱い人は先手先手のケアが必要になります。

ペルソナ育毛剤を遺伝子検査から育毛まで6ヶ月間の実体験記

画像19

さてここからはペルソナ育毛剤の実体験レポートです。

今現在ペルソナ育毛剤を使い始めてから半年になります。

ペルソナ育毛剤を使い始めたきっかけは、自分が薄毛になりはじめて遺伝の影響を心配したから。

父も薄毛で、母方のおじいちゃんも薄毛(というよりツルツル)。

遺伝の影響は母親の家系の影響を受けやすいと聞いたのでより心配です。

■ペルソナ育毛剤を注文してから遺伝子検査を受けるまで
ペルソナ育毛剤を公式サイトから注文しました。

もちろん、遺伝子検査の費用が免除されて安くなる定期コースを選んでいます。

最初に送られてくるのは、育毛剤ではなく「遺伝子検査キット」です。

画像20

病院で使われるようなラベルがついた試験管のような容器。

それに2本の綿棒がセットされた箱。

他に取扱説明書・遺伝子検査申込書・返信用封筒などが同梱されています。

画像21

説明書に従い、口を水ですすいでから綿棒で頬の内側をこすります。

それを2本分。

こすった綿の部分を下にして容器に入れて密封。

その日のうちに返信用封筒に入れて送り返しました。

遺伝子検査は新鮮な細胞が命。

できるだけはやく送り返すことで、正確な遺伝子情報がわかります。

■遺伝子検査の結果は「レベル3(リスクやや高い)」だった
遺伝子検査キットで採取した自分の細胞を返送して2週間と2日ほど。

3週間は待たずにペルソナ育毛剤が送られてきました。

画像22

初回分には遺伝子検査の結果も同梱されています。

画像23

気になる私の遺伝子タイプは「T-020型」。

まずAGAになりやすいかどうかの指標となるPAX1・FOXA2遺伝子は「GA型」。

AGAになるリスクはあるものの、AA型よりはリスクが低いタイプでまず一安心です。

そして髪の太さに関係するEDAR遺伝子は「CC型」。

これはアジア人に多い細毛にはなりにくいタイプです。

頭皮環境を左右するSPINK5遺伝子はというと「AA型」!?

頭皮環境が乱れやすいタイプと出てしまいました。

総合判定はレベル3(リスクやや高い)との結果。

角質剥離酵素の機能低下から、頭皮のターンオーバーが乱れ、頭皮強度が弱まるリスクが高い遺伝タイプです。加えて、アンドロゲンレセプターの感度も若干強いため、AGA発生リスクが比較的高い遺伝傾向が見られます。

薄毛の原因を、おじいちゃんや父からの遺伝と考えていたので、もっと悪い判定結果を覚悟していました。

しかし、リスクは中程度ということでまだよかったです。

■ペルソナ育毛剤使用1ヶ月:頭皮環境がよくなったのを実感
ペルソナ育毛剤は、遺伝子検査の結果によって成分の内容が変わります。

「T-020型」の私に届いたのは、ピンク色のボトルの育毛剤。

画像24

箱の裏側に成分表があります。

画像25

「ピロリジニルジアミノピリミジンオキシド」は「ピディオキシジル」のこと。

ピディオキシジルは、頭皮環境の乱れに対応する成分です。

遺伝子検査の結果に従い、遺伝子的に乱れやすい頭皮に働きかける成分がメインになっているようですね。

画像26

手に育毛剤を出して見ると、色も気になるにおいもありません。

頭に塗ってみると、メントールが入っているためか少しスーッとします。

使用感は悪くないです。

最初の1ヶ月では見た目の変化はまったくなし。

まあ公式サイトでも、効果が得られるまで最低6ヶ月はかかると書いてあるので問題ないです。

見た目以外の変化はありました。

まず、使い始めて2週間を過ぎたあたりで頭皮のかゆみが軽減しているように感じました。

そして、1ヶ月ぐらいでフケが減っていることに気が付きました。

乱れていた頭皮の環境が、ちゃんと整えられているのだなという実感があります。

■ペルソナ育毛剤使用4ヶ月:確実に抜け毛が減ったのを実感

画像27

ペルソナ育毛剤をしばらく使い続けてわかったのは、フケ症って改善されるんだなってことです。

フケが多いことに関しては、体質的なことだと思ってなかばあきらめていました。

ところが、ペルソナ育毛剤を使い続けるうちにフケが出にくくなっていったのです。

おそらく頭皮が乱れやすい遺伝子のせいだったので、体質のせいというのは間違ってなかったと思います。

でも、その体質というか遺伝子にマッチした育毛剤を使ったおかげで体質によるフケ症が克服されたのですね。

この変化のおかげで、遺伝子の影響があってもペルソナ育毛剤ならきっと薄毛にも効くと確信がもてました。

信じて使い続けて、4ヶ月を過ぎた頃のことです。

明らかに以前より抜け毛が減っていることに気づきました。

それまでは、朝起きると枕に抜け毛がたくさん落ちていてげんなりした気分になっていました。

その朝の枕の抜け毛が確実に減っていたのです。

もちろん完全になくなっていたわけではありません。

でも、見た目半減ぐらいにはなっていました。

ペルソナ育毛剤によって頭皮の環境が良好になったから、髪が抜けにくくなったのか?

それともAGAの原因であるDHT対策成分が効いているのか?

おそらくはそのどちらも効いているおかげで、抜け毛が減ったのだと思います。

やっぱり自分の遺伝子タイプに合った育毛剤だからこそ、ちゃんと結果が出だしたのでしょうね。

■ペルソナ育毛剤使用6ヶ月:髪が元気に育ってきている実感
ペルソナ育毛剤の公式サイトでは、乱れたヘアサイクルをリセットして正常化させるのに6ヶ月必要だとしています。

そのため、定期コースを6ヶ月以上継続すると遺伝子検査費用が免除されるようになっています。

実際、ペルソナ育毛剤を6ヶ月間使い続けてみて、6ヶ月必要だという意味がわかりました。

まず、4ヶ月時点と比べてさらに抜け毛が減っています。

そして、薄くなっていた部分の髪が太く強くなってきているように思います。

遺伝子的には細くなりにくい髪だとはいっても、やはり薄毛になっていた部分の髪は細くなっていたようです。

それがしっかり太く育つようになっているのは、ピディオキシジルのおかげでしょうか?

さらに!

新しい髪が育ち始めています。

まだ生え揃ってはいないけれど、これまで抜けていた部分を埋めるように、髪が生えだしています。

この半年間、ペルソナ育毛剤を使うだけではなく生活改善にも努めてきました。

頭皮が乱れやすい遺伝子の影響を受けにくくするためです。

バランスのよい食事をとり、酒は控えめに。

睡眠も十分にとるようにしてきました。

自分の遺伝子に合ったペルソナ育毛剤の効果に加えて、こうした生活改善加わって相乗効果が生まれたのだと思います。

今生えてきている新しい髪がちゃんと育ってくれれば、薄毛も解消されるはず!

そうなるまで、ペルソナ育毛剤を継続して使っていこうと思います。

ペルソナ育毛剤のネットでの評判調査!2chや5chの口コミは?

画像28

私自身はペルソナ育毛剤で効果を実感することができました。

でも、それはたまたまかもしれない。

本当にペルソナ育毛剤は、それぞれの遺伝子に合わせた効果が出ているのか?

それを知るために、ネットでの口コミ・評判を調べてみました。

■2ちゃんねるや5ちゃんねるにペルソナ育毛剤の口コミなし
育毛剤の効果について遠慮がない評価が投稿されているのが匿名掲示板です。

ステマではない実際に使用した育毛剤の評判を知ることができます。

しかし、調べてみても2ちゃんねるや5ちゃんねるにペルソナ育毛剤についての話題は見つけられませんでした。

他の有名育毛剤と比べてまだマイナーだからなのか?

最低6ヶ月は継続使用しないと遺伝子検査の料金がかかるというハードルの高さからなのか?

とにかくまだ話題にのぼるほどの知名度ではないということなのでしょう。

しかし、遺伝子検査をしてその結果に合わせた成分が配合されるペルソナ育毛剤は、これからもっと知名度が高くなるはずです。

■ペルソナ育毛剤を長期間実際に使った人の口コミ評価
口コミ評価として匿名掲示板の次に参考になるのが、ペルソナ育毛剤を実際に使った人の実体験ブログです。

いくつかのブログの中から、ペルソナ育毛剤で効果が実感できたという口コミを集めてみます。

6ヶ月目に突入する頃には、シャンプーの時に手に絡み付いてぬけていた髪が気にならなくなりました。

手櫛で髪をとかした時の感覚も以前とは変わってきて、髪にハリがある感じがします。

おそらく髪が太くなったことによって、ペタンとしていた私の髪の毛がふんわりと立ち上がり、ボリュームがあるように見えるようになりました。
参照:https://ch.nicovideo.jp/ris/blomaga/ar1903747
抜け毛の減少は4ヶ月目から感じていたのですが、6ヶ月目になるとその効果は大きなものに。

全く気にならないレベルまで改善したんです。今までどれだけ抜け毛に悩まされたか…。

これほどにも改善するなんて、ペルソナ育毛剤に感謝ですね。
参照:https://www.ryehousepress.com/
今まで育毛剤で失敗続きだった私としては、ペルソナ育毛剤を使い始めて抜け毛が収まっただけでも嬉しかったのですが、今月(6ヶ月目)に入ってからは、ついに発毛も実感できるように!

”発毛”と大げさに言っても、まだおでこからちょろっと産毛が生えてきたくらいですが…。(笑)

しかし、今まで抜ける一方だった髪が生えてきたと思うと、産毛でも本当に嬉しく思います!こうして、私はペルソナ育毛剤を半年間使うことで、抜け毛の減少や発毛効果を実感しました。
参照:https://sutekini.ikiru.info/persona/#6
育毛剤の効果が出るのには時間がかかります。私も、最初は使ってもほとんど効果を感じられませんでした。時間がかかると分かっていても、なかなか変化が現れないと本当に効いているのか不安になります。しかし、5カ月ほど経った頃になんとなく毛が濃くなったように感じ始めました。

半年ほど経つと、髪が太くなって、抜け毛がほとんどなくなっていることに気づきます。さらに、髪にハリが出てきたように見えました。途中で嫌になったこともありましたが、使い続けて良かったです。鏡をみても生え際が気にならなくなり、大変満足しています。
参照:https://kamikoto.media/体験者の評判の高い育毛剤ペルソナの育毛効果と/
ペルソナ育毛剤を使い始めてから3ヶ月が経過しました。

使い始める前はクセもあるせいかちょっと髪の毛のセットが大変だったんですけど、今では髪の毛がしっかりと根元から立ち上がるようになりました。

実際に手で触ってみても以前よりも髪の毛にハリやコシが出てきているような気がします!

美容室に行った時も髪質が前より良くなったと指摘もしてもらえたのでペルソナ育毛剤の効果はしっかりと出ています!
参照:https://best110.sakura.ne.jp/danseiikumo-ranking/ikumouzai/persona/#i-9

最後の人は3ヶ月でも効果がでてきていますが、他の人はだいたい6ヶ月で効果が出ているようです。

この点はやはり私と同じ。

遺伝子の影響という強力な要因に対処するには、遺伝子にマッチした育毛剤を6ヶ月使い続ける必要があるということです。

ペルソナ育毛剤の遺伝子検査費用が、6ヶ月継続使用で免除になるのも、6ヶ月しっかり使うことで効果を実感してほしいからだと思います。

ペルソナ育毛剤を最安値で購入できるのは公式サイトだけ!

画像29

ペルソナ育毛剤は、そもそも公式サイトでしか購入できない育毛剤です。

ペルソナ育毛剤は、まず遺伝子検査をして、そこから遺伝子に合わせた成分を配合するセミオーダー育毛剤。

だから他の育毛剤のようにまとめ買いをして転売するのが不可能なのですね。

■ペルソナ育毛剤を一番安く買えるのは「6ヶ月定期セット」
私自身や他の体験者の口コミなどからもわかるように、ペルソナ育毛剤は最低でも6ヶ月継続することで効果が実感できる育毛剤です。

となれば気になるのがお値段のほうですよね。

ペルソナ育毛剤の購入方法には3つの選択肢があるので、それぞれ価格を比べてみましょう。

単品購入 定期コース 6ヶ月定期セット
育毛剤 12,800円 9,800円 55,800円(1本あたり9,300円)
遺伝子検査費用 24,800円 0円(ただし6ヶ月以上継続が必要) 0円
送料 600円 0円 0円
1回分の合計金額 37,600円 9,800円 9,300円

定期コースは、毎月1本ずつペルソナ育毛剤が送られてきます。

定期コースの場合、6ヶ月継続すれば遺伝子検査の費用は免除になりますが、6ヶ月未満で打ち切ってしまうと遺伝子検査費用24,800円を支払わなければなりません。

6ヶ月定期セットは、6ヶ月分のペルソナ育毛剤が6ヶ月ごとに送られてくるシステム。

初回に55,800円を支払うのは痛い出費になるかもしれませんが、1回分は9,300円と最も安く購入できるコースです。

定期コースを6ヶ月継続すると、総額で58,800円。

同じ6ヶ月分でも、6ヶ月定期セットのほうが3,000円安く利用できます。

■クレジットカードかamazon pay利用でペルソナサプリが付く

画像30

ペルソナ育毛剤定期コース・6ヶ月定期セットの支払いにクレジットカードかamazon payを使うと、初回分にのみペルソナサプリメントがついてきます。

ペルソナサプリメントは、ペルソナ育毛剤と同様遺伝子のタイプに合わせたセミオーダーです。

無料になるのは初回分のみですが、もし継続して使いたいなら、それ以降購入することもできます。

ペルソナ育毛剤の定期コースの解約はタイミングで価格が違う

ペルソナ育毛剤で満足できる効果が得られた。

逆に、長く使っても効果が出なかったり、肌に合わなかった。

金銭的にきつい。

等々の理由で定期コースを解約したい場合もあると思います。

ペルソナ育毛剤の定期コースは、初月分を受け取った時点で即解約することもできます。

解約は、ペルソナ育毛剤 お客様相談センターへの電話連絡でのみ受け付けられます。

【連絡先】
ペルソナ育毛剤 お客様相談センター
TEL:0120-229-962(受付時間:平日10:00~17:00)

ただし、解約のタイミングで金額が大きく異なってくるので注意が必要です。

■遺伝子検査キットが到着した時点で解約するときの違い
まず、遺伝子検査キットが到着した時点で、やっぱり解約するというパターン。

遺伝子検査キット到着から7日以内で未開封 0円
遺伝子検査キット到着から8日以降で未開封 12,800円(キャンセル料・事務手数料)
遺伝子検査キットを開封済み 24,800円(遺伝子検査費用)

遺伝子検査キットが到着した7日以内に、未開封でキャンセルして返送すれば料金はかかりません(ただし返送の送料は自己負担)。

しかし、遺伝子検査キットが到着してから8日経った後のキャンセルは、キャンセル料12,800円+返送の送料がかかります。

そして、遺伝子検査キットを開封してしまうと、到着7日以内でも24,800円の検査費用がかかります。

■ペルソナ育毛剤を使いはじめた後に解約するときの違い
次に、遺伝子検査を受けてペルソナ育毛剤が届けられてから、または使い始めてからの解約について。

定期コース継続6ヶ月未満 遺伝子検査費用24,800円
定期コース継続6ヶ月以上 遺伝子検査費用0円

遺伝子検査というのは高額な費用がかかります。

本来なら、何ヶ月使おうが検査費用をとられるのが当然のこと。

6ヶ月以上使用するとこれが無料になるというのは、かなり大盤振る舞いの特典だということは理解しておいたほうがいいです。

■ペルソナ育毛剤には返金保証制度はないので注意が必要
通販限定の育毛剤の多くに設定されているのが「返金保証」です。

育毛剤を使ってみて肌に合わなかったときなどに、一定の条件を満たせば料金が返金されるという制度。

中には全額返金されるものもあります。

しかし、ペルソナ育毛剤には返金保証制度はありません。

遺伝子検査を経てからのセミオーダーというシステム上、返金には応じられないというのは理解できます。

ペルソナ育毛剤を使うなら、この点に納得した上で申し込んでください。

ペルソナ育毛剤の効果を引き出すためには正しい使い方を守る

画像31

いくらペルソナ育毛剤が自分の遺伝子に合わせた成分が配合されているとはいっても、正しい使い方をしなければ効果は半減してしまいます。

といっても、守るべきことはたったの3つです。

・ペルソナ育毛剤使用前にはシャンプー
・毎日必ず朝晩の2回使用
・4つの正しいステップで使う

■ペルソナ育毛剤を使う前にはシャンプーで頭皮を清潔に
頭皮に余分な皮脂や汚れがついたままだと、ペルソナ育毛剤の成分がうまく浸透してくれません。

ペルソナ育毛剤を夜に使う場合は、まずシャンプーで1日の汚れを落としてからにしてください。

シャンプーは、髪ではなく頭皮を意識して、指の腹で優しく行います。

シャンプーの後は、水気をしっかりとってよく乾かしましょう。

頭皮が濡れたままペルソナ育毛剤を使うと、成分が浸透しにくいし残った水とともに蒸発してしまう恐れがあります。

ただし前の晩にシャンプーをしたなら、朝のシャンプーは不要です。

■ペルソナ育毛剤は必ず毎日の朝と晩2回使うようにする
育毛剤の成分は、頭皮に塗ったらずっと作用し続けるわけではないです。

ペルソナ育毛剤は、毎日欠かさず朝と夜の2回使います。

こうすれば、ペルソナ育毛剤に配合された自分の遺伝子に合った成分の作用を維持させることができます。

どれだけ遺伝子に合っていても、毎日継続して使わなければ意味がないですよ。

■ペルソナ育毛剤は四つの正しいステップにしたがい使う

画像32

ペルソナ育毛剤が届けられるときに、正しい使い方が記された冊子も同梱されてきます。

慣れないうちは、この冊子に書いてある「Persona育毛剤の使い方」を確認しながら使いましょう。

1.側頭部・前頭部から頭頂部にかけて5ヶ所V字にペルソナ育毛剤を塗布
2.おでこや耳の横から頭頂部へ指の腹でマッサージしながら育毛剤をなじませる
3.後頭部からうなじにかけて5ヶ所ペルソナ育毛剤を塗布
4.うなじから頭頂部へ指の腹でマッサージしながら育毛剤をなじませる

要するに、頭の前半分と後ろ半分に分けてペルソナ育毛剤を塗り拡げていくということです。

このとき、ただ塗るだけではなく頭全体をマッサージしていくとより効果的。

特にツボとかは気にせず、頭皮をまんべんなく指の腹で優しくマッサージしてあげるのがいいです。

ペルソナ育毛剤なら自分の遺伝子に合わせた育毛ケアができる!

画像33

<<ペルソナのおすすめポイント>>
・遺伝子検査でAGAリスク度がわかる
・遺伝子検査で髪の強度がわかる
・遺伝子検査で頭皮環境の強さがわかる
・遺伝子検査の結果に合わせた育毛剤が使える
・エビデンス(根拠)がしっかりした成分が配合される

遺伝子検査から得られた遺伝子のタイプそれぞれに合わせた育毛剤。

ペルソナ育毛剤は、ただ大量の成分を詰め込んだだけの従来の育毛剤とはまったく違います。

遺伝子検査で自分の遺伝子の傾向がわかると、自分自身も何に気をつければいいのか理解できます。

遺伝子という情報をもとに、自分に最適な育毛ケアができるというのがペルソナ育毛剤の最大のメリットです。

これから育毛・薄毛ケアを始めたい人、従来の育毛剤で効果が出なかった人にペルソナ育毛剤を強力に推薦します!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。