見出し画像

アイデアステーションについてのアンケートまとめ

アイデアステーション代表の大澤です。

アイデアステーションでは、サイトをより良いものにすべく現在リニューアル作業を行っています。

リニューアルの内容につきましては追ってご紹介させていただく予定ですが、今回はリニューアルに先駆けまして2020年7月に実施した「アイデアステーションについてのアンケート」の結果についてご報告させていただきます。

今回のアンケートはサイトのリニューアルの方向性を決めるという目的で、アイデアステーション参加者のみなさまに協力をお願いさせていただきまして、のべ106人のかたから回答をいただくことができました。

アンケートにご協力いただいたみなさま、ほんとうにありがとうございます!

みなさまのアイデアステーションに対する厳しくも前向きな意見を拝見しまして、メンバー一同改めて気持ちが引き締まる思いです。

ではさっそく、アンケートの結果まとめをご報告させていただきます!

図1

性別につきましては男性の参加者が大半ではありますが、予想以上に女性のかたにもご参加いただいていることがわかりました。

女性目線のアイデアも引き続きお待ちしております!

図2

年齢に関しましては、かなり幅広い層からの投稿をいただいていることがわかりました。

もっとも多いのは40代で、ついで50代・60代の順で参加者が多いという結果になっています。

実社会で多くの経験をつんでいるみなさまからたくさんのアイデアをいただいておりまして、たいへんありがたく思っております。

また今後は、相対的に少ない10代~20代の参加者をより増やすべく活動していきたいところです。

図3

続きまして、アイデアステーションに登録いただいた理由につきましてアンケートをとってみました。

結果としては自分の考えたアイデアを商品化にすることで収入を得たいからがトップとなりました。

アイデアステーションではアイデアが採用され商品化した際には売上応じて利益配分を行うルールになっておりますので、その部分を期待されて登録されたかたが多いという結果になりました。

また収入だけではなく世の中の役に立ちたいからという回答が多かったこともアイデステーションの特徴ではないかと思います。

ただモノを作って販売するだけではなく、アイデアで世の中を良くしていくための商品を生み出していきたいですね!

図4

今のアイデアステーションについてのご意見は、こちらのような結果になりました。

全体的には「ふつう」の評価を中心に、やや「悪い」よりの回答が多いというのが傾向となっております。

その中でも際立ってサイトの活性度の項目の結果が良くないという結果が出ておりまして、参加者のみなさまもこの点についてご不満に思っていらっしゃるということがわかりました。

提出いただいたアイデアに関して活発に意見交換される状況を作り出したいと思いますので、私どものほうからも積極的に意見を出していきたいと思います。

また、新規ユーザーや回帰のユーザーを増やすべく活動を継続していきます。

図5

アイデアステーションへの参加状況つきましては、登録はしたもののアイデアを投稿したことがないというという回答が最多という意外な結果がでました。

原因の一つにアイデア投稿のしにくさがあるのではなないかと思いますので、投稿しやすいフォームへの改良を実行中です。

またアイデアを投稿していないかたは、サイトリニューアルをきっかけにぜひ投稿にチャレンジいただければと思います!

図6

最近アイデアを投稿していない方向けのアンケートでは、投稿したが商品化になりそうもないから最近投稿をしていないという意見を多くいただきました。

この点に関しましては私どもも課題として受け止めてておりまして、今後は積極的に商品化を推進していく方針をとりたいと思っています。

アイデステーションではすでに複数の企画を商品化に向けて検討しておりますので、今後は企画の進捗状況をみなさまにどんどんお伝えしていこうと思っておりますのでご期待いただければと思います。

図7

アイデアステーションでは過去に何度かテーマを設定しての企画募集を行っておりました。

テーマが設定されることのよしあしについてアンケートを取りましたところ、設定されたテーマと自由テーマの両方があったほうがよいという回答が最多となりました。

いただいたご意見をもとに、サイトのリニューアル後には自由な投稿とテーマでの投稿のどちらもできるようにしたいと思います。

募集してほしいテーマは参加者のみなさまからも募集したいと考えておりますので、ご協力のほどよろしくお願いいたします。

図8

最後に、みなさまがアイデアステーションに望むものにつきましてアンケートをとりましたところ、やはりもっと商品化を積極的に進めてほしいが最多となりました。

今後は商品化の推進検討状況の見える化をテーマに運営をしていきたいと思いますので、これからのアイデアステーションにご期待いただけますようよろしくお願いいたします。


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
4
共創によって「世の中にないモノ」を生み出します。 https://ideastation.jp/