「ロシア」「ウクライナ」に関係する内容の可能性がある記事です。
極端な内容・真偽不明の情報でないかご注意ください。ひとつの情報だけで判断せずに、さまざまな媒体のさまざまな情報とあわせて総合的に判断することをおすすめします。 また、この危機に直面した人々をサポートするために、支援団体へのリンクを以下に設置します。 ※非常時のため、すべての関連記事に注意書きを一時的に表示しています。
見出し画像

ロシアン佐藤の由来

さとうひとみ(ロシアン佐藤)

こんにちは!おなかがすいたらモンスター!でお馴染みのロシアン佐藤です。(知らんわ!って方はこちらをどうぞ)
大食い選手として13年試合に出ておりましたが、2021年7月現役を引退しました。

今は、「愛情の物語のあるごはん」をたくさんの人に届けて、みんなが幸せな世界になったらいいな。

をモットーに日々色々なチャレンジをしています。

ただし食欲は依然、人並みからは遠く離れたところにありまして、
食べることが何より大好きなナチュラルボーン大食いモンスターです。
どうぞよろしくお願いします。

この記事は、私が今まで1番聞かれたであろう質問、
「どうしてロシアン佐藤なんですか?」
について書いていこうかと思います。

ゼッケンとロシアン帽と私

元祖!大食い王決定戦といえば、ゼッケンをした大食い選手が横並びで自分の胃ヂカラ、あごヂカラ、時には精神力をフルに活用して日本一の大食いの称号を手にするべく白熱した戦いを魅せる番組です。

2008年私はその番組で大食い選手としてデビュー致しました。
その番組の大阪予選にてロシアン帽をかぶり続けておりましたところ、
スタッフさんから「本戦でもずっと被っててね」とのご依頼があり、

その時ロシアン帽にハマってた私は、「がってんしょうち!」
とばかりに素直にずーーーーっと被り続けていました(若かったね!)。

そんな「ロシアン帽で大食いする女 」から「ロシアン佐藤」
という大食いのニックネームを頂いたわけです👏

本戦でハワイに行った時ですら、
かたくなに帽子を被ることを辞めなかったのはいい思い出です。

ということで、ロシアの血は一滴も混ざっておらず、純島根県産です。

島根の空気と水と食べ物でスクスク育ったモンスターです。
でも、ロシアは旅行で行きたいよね。
いつか行くんだ(希望)。

帽子との出会い

これは話す機会がないのであまり知る方はいらっしゃいませんが、

私のあのお帽子、実は
「ファッションセンター しまむら」で購入しました。
当時のしまむらにしては高級な、2990円(税抜)
それもセールでこの値段だったかも…しれない(記憶が曖昧)。

しかし!

かわいい!!!
ふわふわ!
なんかいいにおい!←


当時、時給650円でバイトをしていた私にとっては、大奮発なお買い物でした。

ふわふわでなんとも触り心地の良いお帽子。
以来ずーっとお気に入りです。

もう20年近く前に購入したものなのですが、
今でもとっても愛おしく、愛すべき帽子でございます。

実はウサギさんの毛で作られた帽子で、リアルファーを買ったのは、これ1度きり。
当時は素材を知らずに買いましたが、今ではウサギさんの生きた時間の何倍も大切にしよう、と心に決めているお帽子なのでした。

ひとつ出来なくなったこと

ただ、ロシアン佐藤になったことで一つだけ、
私が出来なくなったこと。

それは、

普段着でロシアン帽を被ること!!!!

いや、自意識過剰かも知れませんよ。


でも、ロシアン帽被ってると、

「私はロシアン佐藤ですよ!ほれほれ!気づいて!」

って主張してるみたいで恥ずかしくなってしまうんです(笑)

そろそろ名前先行で、帽子のことみんな忘れとるかな? 
被ってもいいかな…
と、日々葛藤しております。


今年は被ろうかな👏

ここまで読んでくださってありがとうございました!

YouTubeInstagramTwitterなどでも日々しあわせなごはんについて発信しています🙆🏻興味があれば是非🤲🏻

では、またねー!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
さとうひとみ(ロシアン佐藤)
【NATURAL-BORN HANGRY MONSTER🍚】おなかがすいたらMONSTER!|Party Kitchen|デカ盛りクリエイター|自炊系 Food YouTuber|おおぐちモンスター|EdgeneerLLC|