三好なおみ|ヒトツブビーズ店店主

小学生の時にビーズに出会い、それからずっとビーズが大好きです。2017年にビーズとアクセサリーのお店「ヒトツブビーズ店」をオープンしました。ハンドメイド歴30年以上、大きめアクセサリーが好きです。 https://www.hitotububeads.com/

三好なおみ|ヒトツブビーズ店店主

小学生の時にビーズに出会い、それからずっとビーズが大好きです。2017年にビーズとアクセサリーのお店「ヒトツブビーズ店」をオープンしました。ハンドメイド歴30年以上、大きめアクセサリーが好きです。 https://www.hitotububeads.com/

    ストア

    • 商品の画像

      グレーパールとゴールドビーズのイヤリング

      ドイツ製ヴィンテージイヤリング。クリップ部分に「W.GERMANY 」の刻印があります。1970〜80年代頃のお品と思われます。 パールは樹脂製もしくはガラス製のイミテーションパールです。 日本のアクセサリー問屋さんに眠っていた未使用デッドストックのヴィンテ...
      4,400円(税込)
      ヴィンテージビーズ通販【ヒトツブビーズ店】公式ネットショップ
    • 商品の画像

      リバースインタリオ蝶々イヤリング

      ドイツ製ヴィンテージイヤリング。ガラスの裏面から凹むように模様が入り、そこにハンドペイントで着色されているので表から見ると蝶々がガラスに閉じ込められているよう! 日本のアクセサリー問屋さんに眠っていた未使用デッドストックのヴィンテージアクセサリーです...
      4,400円(税込)
      ヴィンテージビーズ通販【ヒトツブビーズ店】公式ネットショップ
    • 商品の画像

      リバースインタリオすみれイヤリング

      ドイツ製ヴィンテージイヤリング。ガラスの裏面から凹むように模様が入り、そこにハンドペイントで着色されているので表から見ると立体的なすみれの花束がガラスに閉じ込められているよう! 日本のアクセサリー問屋さんに眠っていた未使用デッドストックのヴィンテージ...
      4,400円(税込)
      ヴィンテージビーズ通販【ヒトツブビーズ店】公式ネットショップ
    • 商品の画像

      グレーパールとゴールドビーズのイヤリング

      ドイツ製ヴィンテージイヤリング。クリップ部分に「W.GERMANY 」の刻印があります。1970〜80年代頃のお品と思われます。 パールは樹脂製もしくはガラス製のイミテーションパールです。 日本のアクセサリー問屋さんに眠っていた未使用デッドストックのヴィンテ...
      4,400円(税込)
      ヴィンテージビーズ通販【ヒトツブビーズ店】公式ネットショップ
    • 商品の画像

      リバースインタリオ蝶々イヤリング

      ドイツ製ヴィンテージイヤリング。ガラスの裏面から凹むように模様が入り、そこにハンドペイントで着色されているので表から見ると蝶々がガラスに閉じ込められているよう! 日本のアクセサリー問屋さんに眠っていた未使用デッドストックのヴィンテージアクセサリーです...
      4,400円(税込)
      ヴィンテージビーズ通販【ヒトツブビーズ店】公式ネットショップ
    • 商品の画像

      リバースインタリオすみれイヤリング

      ドイツ製ヴィンテージイヤリング。ガラスの裏面から凹むように模様が入り、そこにハンドペイントで着色されているので表から見ると立体的なすみれの花束がガラスに閉じ込められているよう! 日本のアクセサリー問屋さんに眠っていた未使用デッドストックのヴィンテージ...
      4,400円(税込)
      ヴィンテージビーズ通販【ヒトツブビーズ店】公式ネットショップ
    • もっとみる

    最近の記事

    • 固定された記事

    店主がヒトツブビーズ店を始めた理由。

    ヒトツブビーズ店を始めて間もない2017.7/31にWEBサイトの新着記事に挙げた文章ですが、今もアクセスが多くよく読まれているのでこちらにも転載します。 『なんでお店を出そうと思ったんですか?』先日お客さまから質問いただきました。「ビーズが大好き」「楽しそう」「香川には同じような店はない」「仕入れ先も協力的」「家族も協力的」「いい物件見つけた」などなど、それぞれは些細なきっかけやチャンスがちょうどいい具合に重なって『タイミングがよかった』のがヒトツブビーズ店が実現できた理

      • すみれのリバースインタリオヴィンテージイヤリング

        とても美しいドイツ製ヴィンテージイヤリングが入荷しました。クリアなガラスの中に浮かび上がるように、すみれの花束が描かれています。 日本のアクセサリー問屋さんが仕入れ、そのまま数十年を経た未使用デッドストックです。 こちらは『リバースインタリオ』という技法で作られています。 まず『インタリオ』は『沈み彫り』という、簡単に言うと彫った部分が凹む彫刻の技法やその技法で作られたものを言います。 その中でも『リバースインタリオ』は、素材の裏面から沈み彫りする彫刻技法やその技法で

        • ファンタジーなアクセサリー作りにぴったり!ステンレス×レインボーメッキのパーツ

          最近ヒトツブビーズ店の実店舗でもネットショップでも好評をいただいているのが、ミステリアスなレインボーメッキのアクセサリーパーツ。少しずつ種類を増やしています。 ベースは、金属アレルギーのなりにくさや耐久性、お手頃価格を理由にここ数年急激に人気の出てきたステンレス素材です。 ステンレス素材のアクセサリーパーツは、以前は種類がとても少なかったです。と言うのも、硬く加工が難しい金属なので、技術的に繊細なデザインが作りにくかったためです。そのため手頃なアクセサリー向けのパーツには

          • ※懐中時計ではありません

            こちらは一見すると懐中時計にしか見えませんが、懐中時計ではありません。内部にちょっとしたものが入れて身に付けられるロケットペンダントです。 ロケットペンダントの由来は古く、中世ヨーロッパでは聖像(キリストや聖母マリアの肖像)などを納めるなど宗教的な意味合いが強いものだったそうですが、19世紀頃には装飾の美しいロケットが作られるようになったそう。 中に写真を入れたり、薬を入れたり、亡くなられた方やペットを偲ぶもの(髪の毛や形見の品、遺灰だったり…)を入れてお守りのように身に

            \世界に1つが1本から作れる/ビーズ×レーザー加工でノベルティボールペン作り

            ヒトツブビーズ店ではハンドメイドの素材としてビーズを販売するだけでなく、ビーズを使ったアクセサリーや雑貨を作り、販売しています。 今日ご紹介するのはビーズを使ったボールペン。『ビーズボールペン』や『カスタムボールペン』などの名前で販売されています。 ヒトツブビーズ店でも、販売しています! 本体だけ購入し、手持ちのビーズで作ることもできます。 ▼どんなものかイメージが湧かない方はこちらの当店のYouTubeショート動画もご覧ください。 今回は、このビーズボールペンに当

            Orena PARISのヴィンテージバングル

            Orena PARIS(オレナ パリ)のヴィンテージバングルが入荷しました。当時の紙タグ付きの未使用デッドストックです。 Orena PARISは1970年代に創業し、シャネルやディオールなどのコスチュームジュエリーも手掛けていたメーカーで、多くの工程を手作業で行い高品質だったため現在もコレクターが多いですが、残念ながら2000年代初頭に廃業しています。 当店では、主に日本国内のアクセサリー問屋さんがお持ちのストックからピックアップして仕入れを行っています。そのため数十年

            『20年続ける』を目標に、私たちがパティオ手づくりフリマを開催する理由

            『20年続けよう』 京都から香川県にUターンしてきた翌年2011年に、高松の商店街でハンドメイド作品を作者本人が売るイベントを開催させていただく事になりました。 小学生の頃にビーズアクセサリー作りを始めた私は、嵯峨美術短期大学在学中に雑貨店やイベントで自作のアクセサリーの販売を始めました。香川県にUターン後、自分のアクセサリーを直接売れる場所を探してみたものの、当時の香川県にはハンドメイドイベントがほとんどなく、じゃあ自分たちでやるか、というのが最初のきっかけです。 た

            ハンドメイドアクセサリーの、ビーズやパーツの組み合わせに迷った時の考え方

            例えばプラスチック系のパーツを使ったアクセサリーを作ろうとして、なんか子供っぽい、安っぽいと感じたことはありませんか? 多少の個人差はあるものの、人は素材や色などに『イメージ』を持っています。そしてそれらのバランスが『〜っぽい』と感じさせています。 この、ぼんやりしているのに無視できない『〜っぽい』を解明すると、アクセサリー作りのビーズパーツの組み合わせがグッとやりやすくなるはずです。 例えばハンドメイドによく使われる素材で思い浮かぶもののイメージをざっと書き出してみる

            \第4回/使わないけど捨てられない、ハンドメイド資材を交換しませんか?

            大好評のイベント『ヒトツブ資材交換会』の第4回を開催します! 《日時》 2023.6/11(日)〜14(水) 11:00〜17:00 予約や申し込み、参加費は不要です。持ち込んだ資材の重さを計り、同じ重さの資材を持ち帰ることができます。 手ぶらでも大丈夫!その場合は、店内でのお買い物(カフェ利用もOK)税込1100円ごとに約100gまで持ち帰れます。 1日の上限は持ち込み、持ち帰りそれぞれ約1000g(1kg)です。 《場所》 ヒトツブビーズ店 香川県琴平町上櫛梨1

            3秒で完成!ボタンがそのままイヤリングになる金具が入荷しました。

            お気に入りすぎて使えない、とっておきのボタンはありませんか?そんなボタンを簡単にイヤリングにできる金具が入荷しました。 接着剤もやっとこも、道具は何も必要ありません。時計の針みたいな部分を左右どちらかへ少しずらし、ボタンの裏の穴に通して元に戻すだけ。 色々試してみたのですが、ボタンの裏側が山形に少し盛り上がってそこに穴が開いている『トンネル足』と呼ばれるボタンが1番ぴったりと固定できました。その他のボタンは残念ですが穴に通せてもぐらついて不安定だったり、穴に通せなくて使え

            DIYで作るポリカーボネート製『のりば』の作り方

            当店のある香川県琴平町には、琴平mobi (モビ)という交通機関があります。 月額5000円もしくは1日1000円で、町内を常に走っている車両をスマホのアプリで呼んで、何度でも、町内250ヶ所以上の乗降スポットで乗り降りができるためとても便利です(お世話になっています) ヒトツブビーズ店も乗降スポットで、毎日当店の前からご利用のご近所さんもいらっしゃいますし、観光の方が駅からmobiで、当店に来てくださることも。 そんなmobiの乗り場の目印みたいなものを作りたいと思い

            素材を知るともっと面白い!土に還りやすいプラスチック「セルロースアセテート樹脂」

            最近当店の実店舗とネットショップで好評なのがこのパーツ。 好評すぎて、今日の時点で完売してしまっているくらい。追加で発注しているので1週間ほどで再入荷しますが、予想以上の売れ行きで少し驚いています。 とても綺麗な色合いのこちらのパーツの素材は、セルロースアセテートというプラスチックです。ちなみに、アセチルセルロース、酢酸セルロース、アセチ樹脂、アセテート樹脂、などなどと表記されることもあります。 植物繊維を原料に作られ、透明度が高く綺麗な色が表現でき、しなやかで割れにく

            意外とはっきり知らない、すみれ、パンジー、ビオラの違い

            全く違うものを探していたのに、たまたま出会って一目惚れしてしまったパンジーのヴィンテージリング。何度も自分の手元を見てにやけてしまう可愛さ! リングは着けているところを自分でもいつでも見られるところが好きです(例えばイヤリングやピアスは、鏡がないと自分では見られないでしょう?) そう言えば、当店の花壇にはパンジーとビオラ、あと駐車場の隅にいつの間にか野生のすみれが生えていて、いつも何となく見分けていたのですが、パンジーのリングを見ていてふと「明確な違いってあるのかな?」と

            身につけたい!ハワイのラッキーモチーフ「くじらの尻尾(ホエールテール)」の魅力とは?

            「くじらモチーフのビーズやパーツってありませんか?」 お客さまからご質問いただいたものの、当店にはちょうどぴったりの商品はなく、気になって探していたら…ぴったりのを見つけました! くじらの尻尾(ホエールテール)モチーフのプラスチック製パーツで、すらっとしたシルエットと、なんとも言えない綺麗な色合いが一目で気に入りました! このパーツに使われているプラスチックは「セルロースアセテート樹脂」で、近年バイオマスプラスチックとしても注目され、綺麗な色合いの見た目だけでなく天然由

            SNSに簡単アクセス!QRコード付きキーホルダーはいかが?

            ヒトツブビーズ店では、去年レーザー加工機を導入しました。 ビーズは組み合わせ次第で無限にアクセサリーや雑貨を作ることができますが、もっと特別感のあるものにできないかなあと以前から考えていて、レーザー加工機があれば、例えば名前などを書き込んだり、独自の模様を付けたりできると思ったのです。 ちなみにレーザー加工機は、簡単に言うとレーザーの熱で焼いて、削るような加工ができる機械です。 レーザーにも種類があって、当店の導入した加工機は、金属や、光線が通過するクリアな素材は加工で

            キラキラのビーズでよく見かける「AB加工」ってどんな加工?

            角度によって色んな色合いに見えるAB加工のガラス製の三日月パーツが入荷しました。これ、とっても可愛くて! こういう角度によって色が変わるオーロラみたいな、シャボン玉みたいな色の表面加工を『AB加工(エービーかこう)』と言います。 AB加工とは1955年にスワロフスキー社とクリスチャン・ディオール社により共同開発されたものだそうで、 『北極光(オーロラ)=aurora borealis(オーロラ ボーリエイラス)』の略で、見る角度によって色合いが変化する美しい加工です。