マロンパフェと人生

この記事は「ぱへ Advent Calendar 2018」の14日目の記事です。ちなみに昨年のアドベントカレンダーでも14日目に書きました

さて、今年は何のパフェについて語ろうかな…と考えて、この前食べたGLACIELのパフェはおいしかったなあ…と思ったりもしたのですが、昨年食べたマロンのパフェはおいしかったなあ、と思い出しまして。

昨年食べたのも冬になる前で、栗とかおいしい季節で。ジェラテリア テオブロマ、実はチョコレートとアイスのお店なのですが、中に入っているメレンゲの生地もパリパリとおいしいのです。カスタードクリームも絶品。自分の事務所が飯田橋にあって、お店は神楽坂なので、お仕事の途中でふらっと寄れるのがとてもよくて。また行こう(今度は一年も空けずに)。

パフェをいただきに行ったとき、隣の席でおば(あ)さま四人組が実に楽しそうに談笑していらっしゃって。多分常連さんで、お店の人とも仲よく話しつつ、健康の話とかお孫さんの話とか、パフェとか甘いものをつつきながら。こういう歳の重ね方をしたいものだなあ、と思ったりもしました。

パフェは人生。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
2
「おもしろいことを歩きながら考えてるうちにどこかしらないとこへ行っちゃって、そのまま何もなかったような顔して玄関のトビラをたたくタイプね」合同会社テンマド(10mado, LLC)という会社をやっています。
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。