スリーパー効果と継続

信頼できる人から聞いた情報と信頼できない人から聞いた情報では、情報の持つ信頼性が違います。それは体感としてわかっていただけているのではないでしょうか?今回はその信頼性がスリーパー効果によって変化することをお伝えさせて下さい。

信頼できる人から聞いた情報は、最初から信頼性のある情報と認識しますが、
その効果は時間と共に薄れてくんです。

対して信頼できない人から聞いた情報は、最初は信頼性のない情報と認識しますが、その効果は時間とともに、情報自体のもつ価値を認識し始めます。

つまり、時間がたてば情報の本来持つ価値の平均の信頼になります

わかりにくいので具体的に書きます

Aさんは信頼度75
かなり信頼できるベテランとします

Bさんは信頼度を25
新人とします

情報を販売するとして
情報Cの信頼度50があります。

AさんがCを売る場合、顧客が情報に持つ信頼度は
125になります

対してBさんはCを売る場合
75になります

しかし、ここでスリーパー効果によって、
時間が経つと、信頼度は情報の持つ本来の信頼度に戻る。
一年後には、2人ともCの信頼度は50になっています

つまり、信頼出来る人は最初は何をやっても、価値を上げることができます。
しかし、時間が経てば本来の信頼に戻ると言うことです
だから、新人は継続して信頼度を上げる必要があります
最初は売れなかったとしても、時間が経てば本来の信頼価値で販売することができるようになります

まとめ
売りたければ信頼出来る人になる必要がある。
信頼は継続して獲得する。

考えることは最も過酷な仕事だ。だからそれをやろうとする人がこんなにも少ないのだ
ヘンリー・フォード

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

記事を読んで支援したいなと思ったみなさん。この記事は人の心理学が面白くて知りたい人のために書いています。金銭的な支援よりもスキや共有、面白いねとコメントしてもらった方が筆者は喜びます。 是非、リアクションお願いします。

見た目さえ良ければ中身も良く錯覚します。ハロー効果
3
ブログ・心理学・農業を愛しています。 新卒で大手企業に就職→7年で退職→農家に転職→心理学を学習→ブログを書きまくる。心理学の使えるテクニック、農家マーケティング、心理分析など記事を書いています。犬が好き🐕
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。