見出し画像

ふしめ

うちの近所の寒ざくらが、たぶん五分咲き...くらいになりました。

梅・桜・桃

この順番で咲いてゆきます・・・と、当たり前のことを言うてますが。
なんとなくね、これには何か意味があるのかなぁって思ったりもします。

なぜかと言うとね。

梅は「産む」
桜は「裂ける」
桃は「百」

梅っていうのは「陽」のエネルギーなんです。つまり収縮。
言い方を変えると「凝り固まって」ゆくエネルギー・・・でもあるわけです。

「凝り固まって」ゆくエネルギーはいつか崩壊します。物理的に言うてもね。

その後・・・「裂ける」わけです。その裂け目から新しい何かが生まれ出て来る・・・って考えると。

さらにそれが、一年というスパンを超えて、もっと長い・・・大きい何か。何か計り知れない大きな流れが変化して・・・そしてそれが今・・・今の世界に現れているとするならば・・・。

そんな事を考えるとね、私の勝手な想像ですけどね、桃っていうのは「百」っていうのが成り立つわけです。

つまり「百」っていうのは言霊百神。

コトダマっていうのは宇宙の理りのことです。宇宙の仕組みの事です。
なるほど・・・宇宙の理りを忘れるなって事なんやなぁ・・・って思うわけです。

人間はいつの間にか「自分が神様」って思うような世界を創ってしまいました。人間こそ最高の存在なんや・・・みたいな。
それこそ、どれだけの自然を、どれだけの命を・・・壊してきたんでしょうね。
人間だけじゃ生きてもゆけないのにね。

さらに、人間同士を分断し、いがみ合い、殺し合い、差別しあい・・・。

あ〜ああ・・・て感じ。いったい何しとんねんなぁ・・・みたいな。

だからね。
いよいよ来たなぁって感じてます。ホントの自分・・・人間としての在り方が問われる時。

どんな未来を創りたいですか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
一句詠みました「ひだまりの春に冷たき手をかざし」そんなラジオであれば・・・ええなぁ。新月と満月の後にアップしてます。おさむ https://neco-shippo.hatenablog.com けいこhttps://ameblo.jp/hart-window