熱輸送デバイス

025 熱の「超伝導」を目指して(熱輸送デバイスに関する研究)

025 熱の「超伝導」を目指して(熱輸送デバイスに関する研究)

【私の研究はこんな感じ】  熱の「超伝導」を目指して研究をおこなっています。電気の超伝導は有名ですが、熱の伝わりやすさ(熱伝導率)は電気のそれと比較すると物質により大きな違いがありません。そこで、作動流体の相変化や振動流の熱輸送促進を利用して熱伝導率を疑似的に大きくする熱輸送デバイス(特に、自励振動ヒートパイプ)について研究しています。自励振動ヒートパイプは構造が単純ですが、生じる熱流動現象は複雑です。実用化を目指すべく、熱輸送機構解明を目的とした基礎研究(細管に形成され

スキ
2