見出し画像

ネガティブが根付き身動きが取れない過去の私へ【POSIWILL CAREER体験記】


私って何のために生まれてきたんだろう?

思い返せば、私の根底にはずっとこの疑問が張り付いていた気がする。
良い成績をとっても、友達が周りにいてくれても、今までの人生のふとした時に、何度もこの疑問が浮かんだ。
そして、頭の中で折り合いを付けて出していた答えは、自分の人生から逃げたものであった。

『親が子供欲しくて生まれてきたのだから、
意味なんて考えても仕方ないか』ー。

こんな根底からネガティブだった私が、POSIWILL CAREERで1か月半自分の人生に向き合った結果、ネガティブな根が完全に絶え、日常の鮮明度が格段に上がった。

諦めたように見せながら、心の内では今の人生をどうにか変えたいと思っている、過去の自分と似た方にこの記事が届くことを願って。


そんな私はどんな人?

医療専門職に就く20代後半の会社員。
仕事に就いて1~2年目の頃は、技量以上の仕事を課されていたプレッシャーから体調を崩していたが、周りのフォローもあり立て直し、今年度で6年目に突入した。
ある程度仕事はこなせるようになってきたものの、独裁的な上司に年々耐えられなくなってきていると感じており、周りは上手く合わせている現状環境を見て『私がおかしいのだろうか?』と悶々と悩んでいた。

このままの職場にいる5年後の未来を考えるとワクワクしないな…というのが本音である。

私の周りは仕事をバリバリとこなす学生時代の友達か、結婚・出産を控えた同僚が目立ってきており、30代を前にして私自身は一体どうしたいのだろう?という思考のループを頭の中で続けていた。


ポジウィルとの出会い

Twitterで「仕事のモチベーションを上げる」ための投稿を検索していた時だったと思う。ポジウィルの無料のオンラインイベントが目に入った。

正しく私の悩みにぴったりな言葉たちの羅列に惹かれ、拝聴を決意。
このイベントでの岡さん(https://twitter.com/bln49980?s=20)と瀬川さん(https://twitter.com/sasasakei1?s=20)のはつらつとした活気と、他の参加者からの盛り上がるチャット欄を見て、私と同じように悩んでいる人がこんなにいるんだと安心したと同時に、この方たちに相談してみたら何か変わるのでは?と興味が湧き、無料カウンセリングに申し込んだ。


順調かと思われたstep毎の面談

結果的に、無料カウンセリング中に利用を決意。佐伯さん(https://twitter.com/A1_coM?s=20)に、「この問題は当社のプログラムで解決出来ますよ!」と力強く言われたことと、自信の無さを30分程度で見透かされたことが決定打だった。

トレーニングは瀬川さんに担当して頂いた。
私が申し込んだのは自己分析プラン。
4回の面談に分けて、
①過去の整理
②仕事の整理
③未来の整理
をしていくのだが、①②は順調にいった…と思われた。

既成事実を文章に起こすのに時間は掛からなかったし、面談での新たな気づきも沢山あった。

例えば、過去の成功体験から導きだした自分の特性はとっても腑に落ちた。

▶「自分の身を置く環境が大切なタイプで、人との関わりの中で自分の能力以上のものが生み出された時に最も満足感が得られる」

また、過去の失敗体験の列挙から、自分の高校時代に強く負い目を感じていることにも気づいた。

▶「第一志望の高校に入れたは良いが、周りのレベルの高さに圧倒されて勉強から逃げて部活に力を入れたこと」
 「有名大学へ進学する同級生の中で、需要が無くならない分野という理由で医療専門職の資格を取る大学を選んだこと」

それに、②の仕事の整理から、プロ意識を持って現職を遂行出来ているところを瀬川さんに指摘して頂き、やりがいがあり自分の素質にも合っている職業であるのだと、客観的に認識することも出来た。

でも、どうしても③に取り掛かろうとすると、明るく未来を描くことが出来ず、書いても書いても条件を列挙しているだけの感覚に近くて、『こういう状態にならないと自分は幸せと感じないのか…』という絶望感と不安感に悩まされた。


過去を全肯定し根が燃えた

素直な気持ちを相談したところ、自分を認めきれていないところが問題点に上がり、「自分の好きなところ、頑張ったところを100個」書くワークを追加で行うことになった。
当時の自分には正直100個は難しいと思っていたが、終わらせる時のゴールを「自分の良さを受け入れ、見返した時に元気が出るもの」と決めて取り組んだ。

具体的には、
・自分の中で腑に落ちたことしか書かない
・後悔していた過去の出来事をプラスの表現に変えて捉え方を見直し、すべてリストに加える
・理解者である母に意見を聞く
を徹底し、言い回しや項目に入れる候補をブラッシュアップしていった。




そして、完成したものを見た時に、やっと自分の背負ってきた後悔と決別出来たと感じ、すっと体が軽くなった。

何より、大学の進路決定時に自分の特性に合わせた選択が出来、周りの意見に流されずに学歴社会論から降りたところに誇りを持てた。

私のネガティブさは、自分の選んだ道を正解にしていく覚悟が足らないところから生じていたのだ。

ーこの視点に気づいた時、私の過去は完全に昇華した。

再び③の未来の整理を行うと、明らかに自分の未来へのモチベーションが変わったことを感じて、物凄くワクワクした。


これからの私の生き方

POSIWILL CAREERを利用し初めて真剣に自分の人生に向き合ったことで、私は心の底から自分に愛着が湧いた状態に変わった。
その土台が出来た上で、どうせ生きていくのなら未来を理想通りにしていきたいという欲と覚悟まで生まれた。


ー私って何のために生まれてきたんだろう?

ワークを終えた今の私なりの答えは、

『健康的に生きる人を増やす』ため。
自分を含め、周りの人も健康的に笑顔で長く生きて欲しい。

そのために、周りにいてくれる人を大切に感謝を伝えつつ、自分に合ったこの仕事を通して役割を全うしていけたらと思っている。

そして、理想通りの”自分の未来”に進むために、職場変更(「予防医療」の観点に沿った転職も視野に含める)に向けた情報収集を始めることにした。
今年の目標は、納得のいく勤め先を見つけて、瀬川さんにお礼の報告に伺うこと!


過去の私には本当に感謝している。
あの時、勇気を持って無料カウンセリングを受けてくれたおかげで、これからは自分を大切にして楽しくご機嫌に生きていけそうです。


これを読んでいるあなたも、POSIWILL  CAREERを体験してみませんか?


この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
18