見出し画像

【ポケモンカード】シティーリーグ大阪 シーズン1  エクストラ優勝記事

はじめまして!ハナノミヤと申します!
この度、モクナシラフレシアでシティリーグ初参加初優勝を果たせたのでこちらのnoteに残そうと思います。
初めてのnoteでございます。暖かい目で見てもらえると幸いです。
ご不明点などあれば、Twitter(@Hananopoke)のDMまでよろしくお願いします。

1.デッキ選択の経緯

最初のデッキ候補は、三神ゲコゾロ、レシゼク、ガブギラの3つでした。青天井が好きなのと火力のあるデッキでタッグを飛ばす動きが強いと考えたのが主な理由です。
しかし、トレリやエクストラの日にでても上記のデッキでは勝ちきれませんでした。
そこで、ハリケーン川西のトレーナーズリーグでオーロット研究会の方々が握っていたモクナシラフレシアを思い出しました。
モクナシ自体、ゆべでくスタジアムという自主大会で使ったこともあり、使い慣れていたことと単純にグッズロックが環境に刺さっていると思っていたことが今回このデッキを握った理由になります。ただ、グッズロックを握るのは初めてで、思いついたのが前日の夜だったこともあり、不安が残っていて実は、当日の朝まで三神ゲコゾロで行くつもりでした。
最後のデッキ調整のことです。
三神ゲコゾロを回したのですが何故か事故率が高く、上振れたとしても山が薄過ぎてLOされたりタッグ対策の非GX(チャーレムとかラボネクとか)にサイドレースで勝てなかったりと握るメリットを感じなくなってきたのです。
そこで、普段仲の良い友人から
「自分の使いたいデッキ使えばいい」
と後押しされモクナシに愛着があったので、モクナシラフレシアを握ることを決意しました。

2.デッキの解説


今回のデッキのコンセプトはグッズロックをかけながら、回復を混ぜてモクナシで殴っていくという至ってシンプルなものになっています。
このデッキを組むにあたって、注意すべき点としては、グッズロックが自分にもかかるということです。絶対に忘れないようにしましょう。
そのため、グッズは最初に使えるだけ使って残りは放置するため、過度なグッズ採用は控えた方が良いです。

・先行、後攻、どっちをとるか?
現行レギュでしたら積極的に先行を取りに行って大丈夫です。先行を取ることによって2ターンかけてより確実な盤面展開ができるようになりますし、無人発電所による制限もかけられます。そして、何より進化デッキなど先行を取らせたくない相手が多いからです。

・このモクナシラフレシアを採用するメリット
まず、ラフレシアを立ててさえしまえばベンチからでも相手にグッズロックを仕掛けられることにあります。
このエクストラ環境下ではバトルサーチャー、バトルコンプレッサー、ハイパーボールなどグッズに頼り切りなデッキが多いです。
なので不利なデッキであったとしてもグッズ多めの手札事故が狙えるので魅力的だと感じました。
そして、フシギバナを採用することにより、盤面展開の速さが増し、トロピカルアワーGXの追加効果や逃げエネなどの問題も解決できます。
スーパーグロウによる山札圧縮も素晴らしい。

・苦手なデッキ
盤面を並べる早く展開し、高火力を押し付けるデッキに弱いです。例えば、レシゼク、レシリザ、ピカゼク、三神ゲコゾロなどなど。
ガン回りされたらそのままサレンダー案件です。
ですが、あまり展開できてない且つこちらのグッズロックが決まれば事故る可能性もゼロではないのであきらめないで踏ん張りましょう。

こちらが今回使ったデッキレシピでございます。
採用理由、改善点を書いていこうと思います。

画像1

この続きをみるには

この続き:3,207文字

【ポケモンカード】シティーリーグ大阪 シーズン1  エクストラ優勝記事

ハナノミヤ

100円

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

19
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。